MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「乳酸タマネギ」で白髪が消えてツヤ髪に!自然にやせてリバウンドなし

「乳酸タマネギ」で白髪が消えてツヤ髪に!自然にやせてリバウンドなし

当初、健康にいいくらいの軽い気持ちで食べていたのですが、まずは髪の毛の変化がありました。なんと、白髪が目立たなくなったのです。白髪隠しのトリートメントをしようと思っても白髪が見当たらないのです。髪のくし通りがなめらかで、まとまりがよく、鏡に映る髪の毛を見ても、前より光沢があります。【体験談】石田裕子(主婦・56歳)

白髪が見当たらない!

私は年齢の割には白髪が少なく、白髪染めをしたことがありません。ただ、昨年末に数本程度の白髪があるのに気づき、少し気になり始めました。

私は12年ほど前からクラシックバレエをしており、年に1回、7月にその発表会があります。そのとき、長い髪を束ねたヘアスタイルにしなければならないので、発表会までは髪を切れません。長い髪だと数本でも白髪が交じるとかなり目立ちます。ですので、白髪が目立たなくなるトリートメントを、週1回くらい使っていました。

そんな私が、体によいと聞いて乳酸タマネギを試し始めたのは、今年の7月中旬からでした。乳酸タマネギは、酸味があっておいしいので、無理なく食べられます。それで、毎日1回、そのまま小鉢に1杯くらい(約40g)、またはみそ汁の具にして食べました。 

当初、健康にいいくらいの軽い気持ちで食べていたのですが、まずは髪の毛の変化がありました。なんと、白髪が目立たなくなったのです。白髪隠しのトリートメントをしようと思っても白髪が見当たらないのです。しかも、髪のくし通りがなめらかで、まとまりがよく、鏡に映る髪の毛を見ても、前より光沢があります。

酷暑を乗り切れたのも乳酸タマネギのおかげ

乳酸タマネギを食べてよかったことは、ほかにもあります。バレエの発表会の直前2ヵ月ほどは、週20時間ほどレッスンをするので、否応なしに体重が落ちます。今年は、特に減り幅が多く、普段47㎏の体重が42.6㎏まで落ちました(身長は146㎝)。

例年だと、発表会の後は、一気に元の体重に戻ります。今年も戻りかけて43㎏になろうとしたところで、発表会の10日後から乳酸タマネギを始めました。すると、戻るどころか、じわっと減って発表会後の42.6㎏になり、それが8月末の現在まで維持できているのです。バレエを始めて以来、こんなことは初めてです。

また今年の夏は猛暑の中、我が家のリビングのクーラーは壊れていました。それでも夏バテをしなかったのも、乳酸タマネギのおかげだと感じています。

白髪がなくなり髪の毛にツヤが出た!

頭皮の血流がよくなり髪質が改善された(広島大学病院未来医療センター長 東幸仁)

タマネギに含まれるケルセチンは、血流を改善します。髪の状態がよくなったのは、頭皮の血流がよくなったことと関係があるのでしょう。
体重のキープは、乳酸タマネギの植物性乳酸菌によって、腸内環境が整ったことと関係があると思われます。近年の研究では、腸内の細菌叢(微生物の集団)と体重の増加には関連があることがわかっています。
タマネギに含まれるビタミンB群は疲労回復に役立ちます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2019-05-08 18:00:00
頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからこそ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2019-05-09 10:04:07
近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)
更新: 2018-08-13 12:32:36
脱毛や薄毛には、さまざまな原因がありますが、自分の血液から抽出した成分を用いることで、脱毛症の種類や性別を問わずに効果が得られる可能性があるという「毛髪再生治療」が注目を集めています。従来の治療で改善の見られなかった女性の脱毛症にも有効なケースが多いのです。【解説】瀧川恵美(新東京病院 形成外科・美容外科部長)
更新: 2018-09-11 16:41:56
女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2018-09-11 13:44:20
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt