【即効】脊柱管狭窄症、座骨神経痛の痛みやしびれが緩和「骨盤カイロ」

【即効】脊柱管狭窄症、座骨神経痛の痛みやしびれが緩和「骨盤カイロ」

セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


骨盤の関節を温めると筋肉が緩み痛みが改善

 寒さが厳しくなるこれからの季節、使い捨てカイロを利用する人が増えてきます。最近では、大きさや形のバリエーションが豊富になり、体の各部位をカイロで温めることが可能になってきました。

 皆さんは、カイロをどのように使っているでしょうか。
 おそらく、ひざが痛ければひざに貼り、手がこわばれば手に握り、おなかが冷えればおなかに貼る、というように、症状のある場所を温めている人が多いと思います。

 しかし、カイロを使う場所として私がお勧めするのは、「痛いところ」ではありません。痛みを感じる場所と、痛みを引き起こしている場所は、必ずしも一致しないからです。
 お尻の割れめの上端と、ウエストの間あたりに、カイロを貼ってください。ここには、骨盤を構成する仙骨と腸骨の連結部、仙腸関節があります。この仙腸関節こそが、全身の痛みや不調をつかさどる重要ポイントなのです。

 ここで、骨盤について簡単に説明しましょう。
 骨盤は、背骨と下半身の骨をつなぐ、体の土台となる骨です。前述したように、中心にある仙骨と、両側に張り出した腸骨は、仙腸関節でつながっています。実をいうと、この仙腸関節の動きは、全身の動きと深いかかわりがあるのです。
 仙腸関節の動きが悪いと、その影響は全身に及びます。ほかの関節の動きも悪化し、筋肉が緊張して血流も悪くなって、痛みやしびれが発生します。

私は、仙腸関節を整える手技を治療に取り入れています。患者さんの仙腸関節の動きがよくなるにつれ、痛みやしびれが軽減していくのを、日々、目の当たりにしています。仙腸関節の動きがスムーズになると、全身の関節の動きがよくなります。筋肉の緊張が取れ、血流もよくなって痛みが改善するのです。

冷えが原因の痛みはすぐに軽減する!

 治療の補助となるセルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上にカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。

 患者さんのなかには、「腰が痛いのでカイロを貼っているが、改善しない」というケースが見られます。これは、貼る位置を間違えている可能性があります。腰の上のほうが痛い場合でも、カイロは必ず骨盤に貼りましょう。仙腸関節を温めて、機能を回復させることが、この療法のポイントです。

骨盤にカイロを貼ったうえで、痛みのある腰や足にカイロを追加して貼るのは、問題ありません。各自で、症状がより楽になる方法を工夫してください。
「楽になった」「つらくなった」という感覚を大事にして、セルフケアの方法を少しずつ調整していきましょう。基本は守りつつ、自分なりにアレンジすることも大事です。

 骨盤カイロは、非常に即効性があります。冷えが原因の痛みなら、カイロを貼ってすぐに症状が軽減することも少なくありません。
 もちろん、その場で効果を実感できなくても、長期間続けることで仙腸関節の動きがよくなり、症状が改善に向かうでしょう。少なくとも、1ヵ月は続けてみてください。

 筋肉が緩み、血行がよくなることで、内臓の働きや心身の安定をつかさどる自律神経のバランスも整います。
 現代人は、多忙でストレスがたまりやすく、自律神経のバランスが乱れがちです。骨盤カイロを行うことで、自律神経のバランスが整い、免疫力も高まります。カゼやインフルエンザが流行する季節には、骨盤カイロを予防対策の一つとして取り入れてください。

 また、骨盤を温めると、全身の血流がよくなるので、代謝が高まります。いわゆる「やせ体質」になって、ダイエット効果が現れる人も少なくありません。
 カイロを使うときに注意していただきたいのは、低温ヤケドです。直接肌に貼ることは、絶対に避けてください。必ず衣服の上から貼り、肌着の場合は、2枚以上重ねた上から貼りま
しょう。また、カイロは朝起きたときに貼り、夜寝る前にはがしてください。
 熱は皮膚を乾燥させるので、カイロが当たる部分には、保湿効果のあるクリームなどを塗って保護するといいでしょう。

田村 周
 1976年山口県生まれ。聖マリアンナ医科大学卒。山口大学医学部総合診療部、長崎医療センター総合診療部、仁徳会周南病院、樹一会山口病院などを経て、山口嘉川クリニック開業。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )