MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足がつる激痛【こむら返り】は ふくらはぎの3点指圧で対処 予防せよ

足がつる激痛【こむら返り】は ふくらはぎの3点指圧で対処 予防せよ

血流を促し、冷えを緩和する効果のある「築賓」と「飛揚」のツボで、こむら返りを予防する方法をご紹介します。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所/漢方鍼灸治療センター副センター長)

運動不足で筋肉がかたくなって起こる

 だれでも経験があると思いますが、こむら返りが起こったときの痛さやつらさといったらたまりません。

 こむら返りが起こる原因は、一般的に、① 筋肉の疲労、② 冷え、③ 脱水の三つです。
 ほとんどの場合、これらの要素が重なって、こむら返りが生じることが多いようです。

 例えば、ふだんより多く運動し、足が疲れたとします。その筋肉疲労が残ったままで、夜、眠りについたとしましょう。寒い部屋で、布団から足を出して寝ていたら、足が冷えて血行が悪くなり、筋肉のこわばりがさらに進みます。また、運動後に水分や、塩分やナトリウムなどの電解質の補給がじゅうぶんでないと、血液の循環が悪くなり、神経や筋肉にも異常が現れやすくなります。

 こうした条件が重なった状態で筋肉を動かすと、こむら返りを起こしやすいのです。
 逆に、筋肉が柔軟で、温かく、血行がよければ、こむら返りになりにくいといえます。年を取るとこむら返りになりやすいのは、運動量がへり、筋肉がかたくなるうえ、動脈硬化なども加わって血行が悪くなり、足が冷えるからといえるでしょう。

3点ツボ指圧のやり方

血流を促す効果のあるツボの位置

 そんなこむら返りの予防としてお勧めなのが、ふくらはぎの「3点ツボ指圧」です。

 まず、覚えていただきたいのが、血流を促し、冷えを緩和する効果のある築賓と飛揚のツボです。
 築賓は、ふくらはぎの内側、飛揚は外側にあります。これらのツボを効率よく指圧するには、親指と残りの4本の指で、ふくらはぎを両側からつかむようにして押すといいでしょう。

 ふくらはぎの下のアキレス腱の辺りをつかみ、指圧しながら徐々に上へずらしていくと、ふくらはぎの内側に、押すと痛みのある場所が見つかります。そこが築賓のツボです。ひざ裏のシワと内くるぶしを結んだ線の、下から3分の1のところになります。
 続けて、もう少し上につかむ部分をずらしていくと、ふくらはぎの外側に痛みを感じるポイントがあるはずです。そこが飛揚のツボになります。ふくらはぎの外側で、ヒラメ筋という筋肉の下端になります。

ツボを押す際の力加減について

 ツボの位置がわかったら、そこを強めの力でしっかりと押してください。指が、やや押し戻される程度の強さがベストです。
 5秒間押したら力を抜きます。これを、1ヵ所につき5回くり返します。
 築賓と飛揚のほかに、もう一つ、ぜひとも覚えておいてほしいツボがあります。それが、承山のツボです。

 承山は、ふくらはぎの後ろ側をアキレス腱から上にたどっていったときに、アキレス腱が筋肉に変わる凹みの中にあります。ひざ裏の左右中央と、アキレス腱のくるぶしの高さを結んだ線の中間です。足のむくみや筋肉疲労の改善に効果があり、こむら返りに効くツボとしても知られています。

 こむら返りの予防には、今回ご紹介した三つのツボを、それぞれ5秒×5回押します。これを1日1度行いましょう。
 ちなみに、実際にこむら返りが起こってしまったときには、どう対処すればいいでしょう。
 足がつっているときは、ふくらはぎの筋肉が収縮し、足首の前から足の甲にかけての部分が突っ張っているはずです。これをほぐすには、無理やりにでも、つま先を手前に曲げて、ふくらはぎの筋肉をグッと伸ばすべきです。

 簡単にできる方法としては、壁に向かって足を投げ出して座り、足裏全体を壁につけ、ひざをゆっくりと上から押すことです。つまり、ひざを伸ばすようにするのです。
 また、つっている足の親指をつかんだまま、ひざをゆっくりと伸ばしていくのもいいでしょう。
 こむら返りを何度もくり返す人は、ほかに病気が潜んでいる場合もあるので、一度、医療機関を受診してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt