MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)

一時は600mgを超えた血糖値が100mgで安定

私の主人は30年前から重度の糖尿病を患っていました。当時は牛肉専門のレストランを営んでいたこともあり、食生活が偏りがちだったのです。

22年前には壊疽を起こし、左足の太ももから下を切断しました。主人の血糖値は、一時は600㎎/㎗を超えていました(正常値は110㎎/㎗未満)。
血糖値を下げる薬を飲み続けても、長年200㎎/㎗を超える状態が続いていたのです。その主人の血糖値が、今は100㎎/㎗前後で安定しています。

きっかけは、3年ほど前に『安心』の記事で知った酢タマネギでした。
ちょうどその頃、私は家庭菜園でたくさんタマネギを作っていました。現在の住まいのある千葉県は、海風のおかげで甘いタマネギが育つのです。

自分の体重も気になっていたため、すぐに酢タマネギを作って食卓に出してみました。
私は、スライサーで薄くカットしたタマネギ大1個分に対して、大さじ1杯強の市販の寿司酢と、大さじ3杯の市販の甘酢、小さじ1杯の砂糖で酢タマネギを作っています。寿司酢は少し塩気があったほうがおいしいと思い、加えました。
これを、ジッパー付きの保存袋に入れて、冷蔵庫で保存します。朝に作っておけば、夕食には食べられます。

初めて食べた酢タマネギは、とてもさわやかな味でした。生タマネギを使いますが、においや辛味は気になりません。
私たち夫婦はこの酢タマネギを、1人当たり、1日に菜ばしで1~2つかみ程度の量を、さまざまな料理に加えて食べました。
朝はサラダに必ずのせていただきます。そのほかにも、昼食時のサンドイッチの具に加えたり、夕食時にもずくやワカメ、キュウリ、ツナなどと合わせて酢の物のようにしていただいたりします。
タマネギを漬けていた酢は、私が料理をしながらときどき飲んでしまいます。

実は私たち夫婦は、元々あまり酢が好きではありませんでした。口にするのはサラダのドレッシング程度だったのです。
生のタマネギも、水にさらしてカツオ節としょうゆをかけて、たまに食べる程度でした。
しかし、毎日酢タマネギを食べるようになると、だんだんおいしく感じられるようになったのです。
主人も、当初は食卓に上るから仕方がなく食べるといった様子だったのに、最近は「おいしい」と言ってくれます。たまに切らすと「どうした?」と自分から尋ねてくるくらい、気に入っているようなのです。

ペタンコにつぶれていた前髪がふんわりしてきた

肝心の主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100㎎/㎗まで下がりました。
長年、服薬を続けてきても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。良好な状態を今も維持できています。

さらに、主人の血圧も下がりました。以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200㎜Hgだったのが、今は130㎜Hg程度(正常値は140㎜Hg未満)です。おかげで薬を弱いものに変えることができたらしく、医師にほめられたそうです。

主人は現在84歳です。運転免許証は昨年返上しましたが、それ以前は自分で運転をして外出をしていました。今も「免許証の返上が早すぎた」と文句を言うくらい、元気です。

ちなみに、私も、酢タマネギのおかげでやせました。61~62㎏だった体重が、酢タマネギを食べ始めて半年で5~6㎏減。いまも55~56㎏の体重を維持しています(身長は149㎝)。
料理教室のボランティアをしていますが、酢タマネギを食べ始めてからは疲れを感じにくくなりました。

髪の毛も、この3年でコシが出ました。白髪が減り、白髪染めをしなくなったこともよかったのか、ペタンコにつぶれていた前髪にふんわりとボリュームが出ています。

最近は、普通のタマネギに加えて、赤タマネギやニンジン、キュウリ、ダイコンなど、5種類くらいの野菜をまとめて酢に漬けています。これは彩りも食感も楽しめるので、気に入っています。
この先も夫婦で元気に過ごせるよう、酢タマネギを食べ続けるつもりです。

毎朝必ず、サラダにのせて酢タマネギを食べた

インスリン作用を弱める酸化ストレスを除去(広島大学病院未来医療センター長 東幸仁)

タマネギに含まれるケルセチンは、活性酸素を除去する優れた抗酸化作用を持ちます。
糖尿病は、活性酸素によって引き起こされる酸化ストレスとの関係が深いことが判明しています。脳に酸化ストレスがかかると、代謝をつかさどる視床下部が弱り、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌や作用を弱めてしまうのです。

また、ケルセチンは、血流をよくする働きも知られています。血圧低下や体重の減少、髪のコシの改善は、血流がよくなったことで、栄養が末端まで行き渡り、代謝が改善したためだと考えられるでしょう。
ほかの野菜には、また別のポリフェノールや抗酸化物質が含まれています。合わせてとるのは、とてもよい工夫です。

この記事は『安心』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)