MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)

空気にさらして少し加熱して作るとツンとしない

ある日突然、キーンという甲高い金属音が、耳の奥で鳴り響き、止まらなくなってしまいました。
不快でたまらず、慌てて耳鼻科に駆け込みましたが、医師からは「特に異常はありません。老化によるもので、特効薬もありません」と言われました。
気休めのように薬を処方されたので飲んでみましたが、耳鳴りの状態はほとんど変わらず、がっかりしました。

特に、耳鳴りが気に障ってたまらなかったのが、夜間でした。昼間は周囲もガヤガヤしているので、金属音がしていても多少気がまぎれるのですが、静かな夜間は、耳鳴りだけがやけに大きく目立って聞こえてしまうのです。
夜中にトイレに起きてしまうと、耳の奥で響き渡る不快な金属音のせいで、また寝付くことが困難なほどでした。

そんなとき新聞を読んでいたら、「酢タマネギ」の本の広告を見つけました。
酢タマネギで耳鳴りがよくなった人がいる、と書いてあるのを見て、「これだ!」と思いました。
我が家は農家で、毎年タマネギも500個ぐらい収穫しています。タマネギは売るほどあるのですから、早速、妻に頼んで酢タマネギを作ってもらいました。

タマネギは小さく刻んで空気に触れさせておくと、健康効果が高まるそうです。
そのため、我が家ではみじん切りにしたタマネギを水にさらすのではなく、皿に広げて室温に30分から1時間ほど置いておきます。それから鍋に酢とハチミツを入れ、ハチミツが溶けたらタマネギも加えて、2~3分加熱します。
こうして作ると、鼻にツンとくることもなく、おいしい酢タマネギができるのです。

フワフワの食感でおいしい酢タマネギ納豆

このように作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。
納豆に酢タマネギを加えると、納豆がネバネバというよりもフワフワした食感になり、独特のにおいが抑えられて、想像していた以上においしく、夫婦ともとても気に入っています。

こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。
3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。静かな晩にはかすかに聞こえることはありますが、耳鳴りのせいで眠れないという苦痛からは解放されたのです。
酢タマネギのほうが、薬よりもよっぽど耳鳴りには効果的だった、酢タマネギを選んでよかった、と心底感謝しています。

一方、毎朝いっしょに酢タマネギを食べていた妻は、高血圧と便秘が改善したそうです。
妻は長年、降圧剤を飲んでいましたが、最近は120~130㎜Hgの正常値(最大血圧の正常値は140㎜Hg未満)で安定していると喜んでいます。
これからも、夫婦で毎朝酢タマネギを食べていきたいと思います。

耳鳴りに邪魔されずにぐっすり眠れる!

加熱するとケルセチンの量が増加する(広島大学病院未来医療センター長 東幸仁)

タマネギのケルセチンは、強い抗酸化作用によって血管の状態を改善し、血流をよくする効果があります。
難聴や耳鳴りには、耳の内部の血流の悪化が関係していることがあります。酢タマネギによって、耳の血流が改善したことで、鈴木さんの耳鳴りが軽減されたのではないでしょうか。

また、ケルセチンは火を通すと、含有量が増えることが判明しています。そのさい、ケルセチンは煮汁にも溶け出します。
そのため、漬け酢ごとタマネギに軽く火を通す鈴木さんの酢タマネギは、酢にケルセチンが流れてしまいやすいので、漬け酢もいっしょに食べるようにするのがお勧めです。

この記事は『安心』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
私の耳鳴りは、セミの鳴き声のようにジージーとした音です。100匹くらいが一斉に鳴くように、耳の奥で反響します。そんな大音響の耳鳴りが、耳の穴もみを始めて10日めくらいから、音が少し小さくなってきたのです。耳鳴りが軽減したと同時に、聴力も向上してきました。【体験談】市川兼二朗(会社員・59歳)
更新: 2018-11-21 07:00:00
最新記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
更新: 2019-04-18 18:00:00
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)
更新: 2019-04-16 18:00:00
手足の爪の生え際を手の指でもむだけの簡単な療法ですが、自律神経のバランスを整えるのに優れた効果があります。耳鳴り、メニエール病のめまい、頻尿の改善など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)
更新: 2019-04-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt