MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腎臓の専門医も実践!人工透析による四肢の痛みやかゆみに「手のひら押し」は有効

腎臓の専門医も実践!人工透析による四肢の痛みやかゆみに「手のひら押し」は有効

症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)

解説者のプロフィール

佐藤孝彦(さとう・たかひこ)
●浦安駅前クリニック
千葉県浦安市北栄1-13-13
047-380-2222
http://www.urayasu.or.jp/

浦安駅前クリニック院長。
順天堂大学浦安病院内科の勤務を経て、現在の医院を開院。アロマを用いた診療など、代替医療も行う。

人工透析の患者が抱えるかゆみと痛み

当院は腎臓の専門病院ですが、人工透析(腎臓の代わりに機械が血液をろ過する治療方法)をしている患者さんに、手のひら押しを勧めることが多いです。

私は医師ではありますが、代替療法、つまり西洋医学以外の療法も重要だと考えています。医学生時代から、すぐれた代替療法を求めて海外を旅していたほどです。

普段、病院でもっともポピュラーな医療方法となっている西洋医学。その進歩はめざましく、多くの病気・症状が治せるようになりました。しかし、その一方で、西洋医学だけでは、どうしても治しきれない病気や症状があります。それを補うものが代替療法だと私は考えています。代替療法とは、鍼灸治療や漢方、手足の反射区を刺激するようなものを言います。

西洋医学ではカバーできないような一例を、私が専門とする人工透析の患者さんを例に紹介します。
たしかに、人工透析が確立されたことで、多くの人が命をつなげるようになりました。それはたいへん喜ばしいのですが、一方では、それをくり返すことで、体に原因不明のかゆみや四肢や皮膚の痛みなどが生じることもあります。

この症状の原因ははっきりとはわかりませんが、人工透析を行う人には老若男女問わず、よく現れるものです。

これに薬で対応しようとすると、腎臓病の患者さんは複数の症状を抱えているだけに、多くの薬が必要になります。薬は肝臓と腎臓で代謝されるため、人工透析を余儀なくされている体に、もっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。

そんなとき、少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。

二日酔いがすぐに消えた

私が、手のひら押しを知るきっかけになったのは、10年以上前に、ある代替療法の会合に出たことでした。恥ずかしながら、そのとき私は二日酔いぎみでした。私が雑談まじりにそのことを話すと、一緒に参加していた足利仁先生が、私の手にある肝臓の反射区を押してくれました。

「いてて!」と痛みに驚きましたが、足利先生が手を離した瞬間に、二日酔いによる頭痛や気だるさが消えてスッキリしたのです。「手のひらには、何かあるな」と、私はその体験で効果を確信しました。

それに、手のひらを押すことは、患者さんにも勧めやすいと思い、勉強を始めたのです。以来、自分の疲れ目や腰痛のケアに役立てるとともに、患者さんがさきほど挙げたような不快症状を訴えたときには、手のひら押しを紹介しています。患者さんからは、「簡単で効果がすぐ出てくる」と好評です。

私が直接的に勧めるのは腎臓病などで受診される患者さんになりますが、もちろんそれ以外の皆さんにも、手のひら押しを、ぜひ広く活用していただきたいと思っています。

手のひら押しの効果に佐藤先生も驚いた

「手のひら押し」は病気予防に有効

体調が悪いとき、それに対応する手の反射区を押せば、緩和するのに役立ちます。
さらによいのが、手のひら押しは「予防」にも役立つということです。あらかじめ、自分のウイークポイントや、過去にくり返している症状に対応する反射区を押しておけば、症状を起こりにくくしたり、起こっても軽く抑えたりできるのです。

このことは、病気の「一次予防」に役立ちます。
一次予防とは、たとえばカゼをひかないように、手洗いを励行したり、十分な睡眠を取ったりすることです。手洗いと同じように、手のひらを押すことを習慣にすれば、さまざまな病気の一次予防として役立つでしょう。

もちろん、重い病気や症状の場合は、医療機関にかかりながら、手のひらを押しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル