MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【橋本病とは】40代以降の女性に多く・足のむくみを起こす病気

【橋本病とは】40代以降の女性に多く・足のむくみを起こす病気

むくみを起こす病気といえば、最初に疑う必要があるのが、心臓、腎臓、肝臓などの病気です。そしてもう一つ、ぜひ知っておいていただきたいのが「甲状腺」の病気です。甲状腺ホルモンは、多すぎても少なすぎても調子が悪くなります。多すぎる病気の代表がバセドウ病で、少なすぎる病気の代表が橋本病です。【解説】伊藤公一(伊藤病院院長)

解説者のプロフィール

伊藤公一(いとう・こういち)
●伊藤病院
東京都渋谷区神宮前4-3-6
03-3402-7411
http://www.ito-hospital.jp/

伊藤病院院長。
北里大学医学部卒業。3代続く甲状腺疾患の専門病院・伊藤病院の院長。甲状腺疾患における内科と外科、双方に精通し、100名近い専門医を指揮している。東京(渋谷区)の本院のほか、重症のバセドウ病や甲状腺がんの治療には欠かせないアイソトープ(放射線の内照射療法)設備を備えた名古屋甲状腺診療所、2017年には札幌にさっぽろ甲状腺診療所も開院し、診療に当たる。アフターフォローにも心を砕いており、治しっ放しにはせず、がん治療においては、一般的な5年生存率ではなく、25年生存率を見ている。

分泌量が多くても少なくても病気になる

むくみを起こす病気といえば、最初に疑う必要があるのが、心臓、腎臓、肝臓などの病気です。そしてもう一つ、ぜひ知っておいていただきたいのが「甲状腺」の病気です。

甲状腺は、首ののど仏の下に、チョウチョが羽を広げたような形で存在している12gくらいの臓器です。
ホルモンを分泌する臓器を内分泌器官と呼び、腎臓の上の副腎や脳の下垂体などがありますが、甲状腺もその一つです。

甲状腺は小さな臓器ですが、内分泌器官の中では最大です。
甲状腺からは、甲状腺ホルモンが分泌されています。このホルモンは、一言でいうと「元気の源」です。

例えば、脳や神経系の働きを高める、心拍数を上昇させる、骨や筋肉を強くするなど、体のさまざまな機能を活性化させるホルモンです。つまり、甲状腺ホルモンがないと、私たちは生きていけません。

甲状腺ホルモンは、多すぎても少なすぎても調子が悪くなります。多すぎる病気の代表がバセドウ病で、少なすぎる病気の代表が「橋本病」です。

橋本病では、症状の一つとして「むくみ」が起こることが多いのです。顔のむくみも起こりますが、特にひどくなりやすいのが足です。むくみによる体重増加もよくみられます。

40代の20人に1人は橋本病!

橋本病では、ほかに、元気がなくなる、寒がりになる、皮膚がカサカサする、物忘れが激しくなる、気分が抑うつ気味になる、便秘、血中コレステロール増加などの症状がみられます。

これらを見ておわかりのように、加齢や疲れなどで起こりうる症状ばかりです。
ですから、「年のせいだろう」「疲れのせいだろう」と思いこんで、治療の機会を逃している患者さんが多いのです。

また、心臓の病気や精神科の病気、更年期障害など婦人科系の病気だと思いこんで、治療の遠回りをする患者さんも少なくありません。

橋本病は、男性より圧倒的に女性に多く、男性の20倍程度みられます。特に、40歳以降の女性では、患者さんの割合が20人に1人に及びます。60歳、70歳になって橋本病が見つかることもよくあります。

むくみをはじめ、前述のような症状があって改善しにくい場合、橋本病を疑ってみることが大切です。

橋本病は、このように発見しにくい部分があるのですが、専門医療施設で診察を受ければ、現在は検査法が発達しているので、当日のうちに診断が下されます。
わずかな量の採血をするだけで、甲状腺ホルモンの量と、甲状腺に指令を出している脳の下垂体のホルモン量がわかるのです。

さらに、橋本病やバセドウ病は、自分の免疫が体内の組織を攻撃して起こる自己免疫疾患の一種ですが、そうした免疫の異常を示す数値も、この血液検査で同時にわかります。

「悪夢から覚めたように元気になった」

橋本病だとわかっても、すぐ専門治療が必要になる人はむしろ少なく、生活改善で軽快する人もみられます。

甲状腺ホルモンの材料としては、ミネラルの一種であるヨウ素(ヨード)が重要です。
橋本病の生活改善のポイントは、そのヨウ素を多く含むコンブを食べすぎたり、サプリメントでとりすぎたりしないということです。

なぜなら、橋本病の人がヨウ素を過剰摂取すると、体の反応として、甲状腺ホルモンが作られにくくなるからです(健康な人がコンブを多くとっても甲状腺の病気になることはありません)。

それでも改善しない場合は、適量の甲状腺ホルモン薬を投与する治療を行います。甲状腺疾患の専門医療機関なら、微妙な調整をしながら、その人に最適な量の甲状腺ホルモン薬を投与しますので、快適な体の状態が取り戻せます。

この治療を受けると、患者さんは「悪夢から覚めたように元気になれた」と喜ばれます。以後は、半年に一度、検査と薬の投与を受けることになります。

40〜50歳以降に血中コレステロール値が高くなり、何をしてもよくならなかった女性が、実は橋本病で、治療でたちまち改善できたというケースもみられます。

むくみとともに、前述の症状があるときは、「年のせい」などと思いこまずに、一度は検査を受けてみましょう。
甲状腺専門のクリニックや病院、総合病院の内分泌科で甲状腺の専門医がいるところを受診するとよいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt