MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【見た目が-20歳】最も続けやすい運動「ゴキブリ体操」のススメ

【見た目が-20歳】最も続けやすい運動「ゴキブリ体操」のススメ

むくみやすい年代であっても、運動で代謝をよくしておけば、健康で過ごせます。とはいえ、まとまった時間を割いてまで、運動する必要はありません。日常の合間に取り組める運動で充分です。私が太鼓判を押しているのが「ゴキブリ体操」です。【解説】石崎光子(ボディメイクアッププロデューサー・石崎光子フレッシュ体操アカデミー主宰)

解説者のプロフィール

石崎光子(いしざき・みつこ)
●石崎光子フレッシュ体操アカデミー
東京都杉並区阿佐谷北4-27-17 村主ビル
03-3223-1912
http://www.fresh-mi.net/

ボディメイクアッププロデューサー。石崎光子フレッシュ体操アカデミー主宰。
中学のときに肺結核になり、健康のありがたさを痛感。72年、当時数少ない女性ボディビル指導者としてマスコミに注目される。テレビ番組に1年間レギュラー出演。73年フレッシュ体操アカデミー設立。東京ボデイビル・フイットネス連盟理事長補佐としても活躍。

まとまった時間を作って運動する必要はない!

私の体操教室には、30代半ばから88歳まで、幅広い年代の生徒さんが参加されています。
むくみに悩む人もたくさんいますが、運動すると代謝がよくなるので、年齢にかかわらず、誰もがむくまなくなります。

特に50代以降の女性は、むくみに悩む人が多いようです。更年期やその前後はホルモンバランスのくずれによる不調が出やすい時期です。

子育てや介護、仕事などの負担も重く、ストレスで自律神経のバランスがくずれやすくなります。その結果、代謝が悪くなり、水分の排泄が滞るのでしょう。

そんなむくみやすい年代であっても、運動で代謝をよくしておけば、健康で過ごせます。
とはいえ、まとまった時間を割いてまで、運動する必要はありません。日常の合間に取り組める運動で充分です。

そんな運動のなかで、最も続けやすく効果が高いと、私が太鼓判を押しているのが「ゴキブリ体操」です。

これは寝た姿勢で、両手両足を上げてブルブルと振る体操です。ゴキブリがひっくり返って足をモゾモゾ動かしている様子と似ていることから、こう呼ばれています。

名前こそ変わっていますが、むくみを撃退するだけでなく、肩こりや腰痛などを解消し、若返りや、やせる効果まで得られる体操なのです。

手足の末端から一気に血液やリンパを流す

ゴキブリ体操の最大の長所は、手足など末端から体の中心部へと、一気に血液やリンパを流してくれる点です。

手足は日常では心臓より低い位置にあるため、血液やリンパの流れが滞りがちになります。
ゴキブリ体操で手足を高く上げる動きは、末端で滞っていた血液を、体の中心部へと戻していきます。さらに、手足をブルブルと振ることで、末梢の血液循環が促され、筋肉の緊張もほぐれます。

手足を上げる姿勢は、おなか周りの筋肉を使いますから、下半身も引き締まってきます。おなかを刺激するので、便秘の解消にも役立つのです。

ゴキブリ体操は生徒さんたちにも大好評です。行った直後、「だるさが取れた」「手足がポカポカになった」「寝つきがよくなった」などの効果を、皆さん感じていらっしゃいます。

一方、続けた人からは「長年の顔のむくみが取れた」「小顔になった」「おなかとお尻が引き締まった」という声が寄せられています。
慢性的なむくみも2~3ヵ月続ければ解消するようです。

続けている人は見た目がマイナス20歳!

73歳でこの柔らかさ!

私自身も起床時に、ゴキブリ体操を行うのが30年来の日課です。目覚めてすぐに、まず足だけを100回、続けて手も加えて100回振ります。これで体がシャキッと目覚めます。

そのおかげでしょう。私は今73歳ですが、現役で仕事を続けることができています。
身長162㎝、体重50㎏と、体形も20代の頃から変わりません。人生においてむくみを経験したことも一度もありません。

ちなみに、88歳の生徒さんも20年以上、ゴキブリ体操を続けていらっしゃいます。やはり病気知らずで、外見は60代にしか見えないほどです。

ゴキブリ体操を長年、続けている生徒さんはたくさんいますが、この続けやすさ自体が、ゴキブリ体操のすぐれた点だと思っています。

布団の上で寝た状態でできるので、起床時や就寝前の習慣にしやすいのです。布団に入るときはパジャマなど動きやすい服装ですから、その点でも取り組みやすいはずです。

ゴキブリ体操は、お尻をしっかり床につけて、リラックスして手足を上方向に上げるのがコツです。まっすぐ手足を上げるのが難しいなら、ひじやひざを軽く曲げてもかまいません。

ただし、90度近く曲げると、血液の流れがそこで滞り、足が重くなることがあるので、回数があまりできません。
ひざとひじは軽く曲げると、ブラブラ振りやすく効果が出やすいです。100回行って、疲れない角度を探しましょう。

時間や回数にはこだわらず、30秒程度でもいいのでとにかく日々続けてみてください。3ヵ月後、半年後、1年後、体がいい方向に変化しているのを必ず実感できることでしょう。

この記事は『安心』2018年11月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt