MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)

解説者のプロフィール

宮本啓稔(みやもと・けいじ)
●新宿西口治療院
東京都新宿区西新宿7丁目9-15 ダイカンプラザビズネス清田ビル505
0120-070-600
https://www.sn-chiryo.com/

新宿西口治療院院長。鍼灸・マッサージ師。整体師。
幼少の頃から武道や整体に親しむ。こりの真の原因である「筋肉・骨膜の癒着」に対するアプローチを考案。あらゆる病や不定愁訴に対応できる独自の理論と手法を日夜研究し治療に生かしている。     

寒い季節はむくみが悪化しやすい

夕方は足が張って痛い、靴がきつくなる。そんな「むくみ」に悩む人は少なくありません。

むくみは、血液やリンパ液(体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出す体液)の循環が悪くなることによって起こります。
血液やリンパの循環が悪くなると、細胞の隙間に余分な水分が滞ります。これが、むくみの正体です。

血液は心臓の力で押し出されて全身を巡りますが、心臓の力が届きづらい体の末端では、筋肉の力も使われています。血管周辺の筋肉がポンプのように収縮して、血液を心臓へ送り戻すのです。リンパも、この筋肉のポンプ作用によって流れています。

寒い季節や冷房の効いた部屋でむくみが悪化するのは、寒さで筋肉がこわばってポンプ作用が低下し、血液・リンパの循環が悪くなるためです。

東洋医学では、この血液・リンパの循環不良を起こしやすい体質を「虚証」と呼びます。
虚証の人は、やせた体格、青白い顔色、乾いてたるんでいる皮膚、体力がなく疲れやすい、食べるのが遅く量が少ない、胃腸が弱い、といった特徴があります。

また、虚証の人は、加齢とともにむくみが悪化しがちです。そのほか、デスクワークなどの偏った姿勢や運動不足の状態が続くと、筋肉のポンプ作用がうまく働かず、むくみが起こりやすくなります。

尾骨のこりやゆがみを温めて解消する

そこで今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。

塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。
塩灸は、へその上に和紙を敷いて塩を載せ、塩の上にお灸を据えて温める健康法です。体を深部までじっくり温めるのに、非常に効果的です。

塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます(下の写真参照)。
尾骨は退化したしっぽの名残りの骨で、整体の世界では昔から「感情の発露」といわれてきました。
犬はうれしいときはしっぽを振り、おびえたときはしっぽをおなかの下へ丸めます。これと同じように、人間も内面の状態が尾骨周辺に現れると考えられたのです。

実際に、うつ状態の人やストレスがたまっている人は、尾骨周辺がこったりゆがんだりしている場合が少なくありません。中には尾骨そのものがねじれている人もいます。

尾骨周辺のこりやゆがみは、デスクワークなどを長時間続けたときにも起こります。
そもそも尾骨周辺は、おわんのような形をした骨盤の底にあるため、濁った血液がたまりやすい部分です(汚れた血液は底の部分に沈殿します)。

また自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)の末端でもあるため、ここの循環が滞ると自律神経の失調が起こり、体の調子が悪くなったり、むくみが生じやすくなります。

尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。

冷え症や座骨神経痛、腰痛やひざ痛も改善

塩カイロでは、フライパンで10~15分間、じっくりと熱した塩を使います。この塩による熱は、遠赤外線を発し、電気による温熱器などの熱よりも、体になじみやすいのです。

これをキッチンペーパーに包み、封筒に入れたら、塩カイロの出来上がりです(基本的な作り方や、はり方は下記参照)。

塩カイロは、夜寝るときに尾骨へ当ててください。肌着の上から、もしくは肌に直接、医療用テープで留めます。
冷めてからも効果は持続していますので、日中もそのまま当て続けてかまいません。

塩も、毎回捨てずに何度も炒り直して使い回して大丈夫です。むしろ、何度も熱を加え続けることによって、より効果が高まります。

忙しい朝に塩カイロを使いたいときは、封筒に入れたままの塩をレンジで温めてもかまいません。ただこの場合、少し効果は落ちます。

毎晩、塩カイロを尾骨に当てて眠れば、1ヵ月半~2ヵ月ほどでむくみは改善するはずです。
むくみの改善よりも先に、気持ちよく眠れるようになったという人も少なくありません。

そのほか、冷え症や生理痛、座骨神経痛、頭痛、肩こり、腰痛、ひざ痛、便秘などの症状から、自律神経失調症やうつなどにも、塩カイロは効果が期待できます。

寒さでむくみが悪化しやすいこの季節、ぜひ塩カイロで体を温め、老廃物をスッキリ出して、気持ちよく快適な体でお過ごしください。

「塩カイロ」の作り方と使い方」

【材料】(1個分)
・天然塩…50~60g
・キッチンペーパー…1枚
・紙の封筒(使い捨てカイロの大きさ程度のもの)…1枚

【作り方】
❶塩をフライパンに入れ、中火で5~10分から炒りする。

❷①の塩を、霧吹きで軽く湿らせたキッチンペーパーで包む。

❸②を封筒に入れれば、塩カイロの出来上がり!

【貼り方】
封筒の中心が尾骨にくるようにして、塩カイロを医療用テープで直接肌にはりつける。
※写真は服の上からはっています。

ポイント
● 塩の温度が下がってきたら、中のキッチンペーパーを取って温度を調整するとよい(塩はそのまま封筒に入れておく)。
● 塩は、炒り直せば、再使用できる。
● 再使用時に限り、塩の入った封筒をそのまま電子レンジで温めてもよい。500wで30秒から1分ほどの加熱が目安。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt