ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

ヒューヒュー音が止まった!カゼ、セキ、気管支炎によく効く「手の親指さすり」

「指のやわらかさは、健康のバロメーター」と、私は考えています。というのも、体に出ている症状が重い人ほど、指がかたい傾向にあるからです。私自身が効果を体感した「手の親指さすり」をご紹介します。セキや息切れの症状を軽快させる効果があります。【解説】西山 良(にしやま治療院院長)


親指がやわらかくなりセキが治まった私

「指のやわらかさは、健康のバロメーター」と、私は考えています。というのも、体に出ている症状が重い人ほど、指がかたい傾向にあるからです。
 そのため、私の治療院では、まず指をやわらかくほぐすことから始めます。すると、頑固な肩こりが軽くなったり、不快な症状が改善したりするのです。

 今回は、セキや息切れに効果のある「手の親指さすり」をご紹介しましょう。
 そもそも、患者さんがかたくなった指を自分でほぐせるようにと、考案したのが「指さすり」です。なかでも、手の親指さすりは、私自身がその効果を体感しています。

 今から約10年前、私はセキがなかなか治まらない状態が続いていました。特に冬、カゼをひくと、1ヵ月も2ヵ月もセキが長引いて止まらないのです。
 当時は、鍼灸マッサージの仕事を始めたばかり。仕事に慣れない私の親指は、カチカチにかたくなっていました。そこで、親指をほぐすような気持ちで優しくさすっていたら、あまりセキが出なくなってきたのです。
 親指が完全にやわらかくなるには、2年ほどかかりました。今ではセキはピタリと治まり、たまに出ても親指さすりをすれば、長引くことはありません。

 親指さすりでセキや息切れが軽減するのは、一つは筋肉連動の効果だと考えられます。親指をほぐすと、腕の筋肉と胸の筋肉が連動して緩むのです。
 セキは、気道上にある異物を外に出す作用です。胸周りの筋肉がかたくなっていると、その作用が衰え、いつまでもセキが長引くことになります。

 また、胸周りの筋肉がかたいと、肺が膨らみにくくなり、じゅうぶんな呼吸ができなくなって息切れが起こります。
 ですから、胸の筋肉が緩めば、セキや息切れは起こりにくくなるのです。
 もう一つは、生命エネルギーである気の通り道・経絡が関係しています。親指には、呼吸器系に関係する経絡の肺経が通っています。この流れをよくすることが、セキや息切れといった、肺が原因となる症状の軽減につながるのです。

 また、親指さすりは体の諸機能を調整している自律神経のバランスを整えてくれます。親指さすりを行うと、気持ちがいいので、自律神経のうちの休息時に働く副交感神経が優位になります。それがリラックス効果や血流改善効果を生み出し、セキや息切れなどの症状の改善に役立っていると考えられます。

70代の女性の気管支炎が改善

 親指さすりのやり方は、とても簡単です。

 親指の側面を、反対の手の親指と人差し指ではさみ、指の根もとから指先に向けて、フワーッと軽くさするだけです。
 くれぐれも力は入れないでください。指には細い神経や毛細血管があり、それらを破壊すると筋肉連動や経絡の流れも途絶えてしまいます。

 また、経絡は親指の先に向かって流れているので、指の根もとから指先に向かってさすります。ポイントは関節付近をやわらかくすること。指のつけ根の関節も忘れずにさすってください。

 両方の親指を15回ずつ、2セット行いましょう。それを朝・昼・晩の1日3度行うのが目安です。寝ている間は、副交感神経が優位になって体がほぐれやすいので、特に、寝る前は必ず行うようにしてください。
 親指さすりで効果が期待できるのは、カゼや気管支炎によるセキ、肺が原因の息切れです。気管支炎で、呼吸時やセキが出るときに、ヒューヒューという音がしていた70代の女性も、親指さすりで音が止まったと喜んでいました。

 親指さすりは、即効性よりも安全に長く続けることを重視しています。続けることでしだいに症状が出にくくなるのです。
 ただし、セキや息切れは、ぜんそくや心臓の病気が原因のものもあります。その場合、親指さすりだけでは、効果が期待できませんので、医療機関などの受診をお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


セキ

関連する投稿


エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

胸やおなかに張りや痛みがあったり、のどに詰まり感を感じたりするかたは、気滞の状態といっていいでしょう。らっきょうは、狭心症など、主に胸に圧迫感や刺すような痛みを感じる症状や、呼吸が困難になったときに薬として使用されますが、気滞の状態を改善するのにも有効でしょう。【解説】中山麻里(藤林クリニック院長)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

咳、のどの痛みに効果 イガイガも鎮まる「黒コショウ湯」の作り方

口に入る物が私たちの体にもたらす影響は、甚大です。鍼灸師として働き始めてからも、患者さんの症状と食べ物の関係には常に関心を持ち、研究を続けてきました。そんな私が、呼吸器系の症状に悩む患者さんに勧め、いい効果を上げているのが、今回ご紹介する「黒コショウ湯」です。【解説者】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

【鍼灸師】夜間頻尿は「首の後ろ」を10円玉で刺激すれば改善する

首が人間の急所であり、重要な部位であることは、皆さんご存じでしょう。鍼灸の世界でも、首はツボや経絡(生命エネルギーである気の通り道)が密集する箇所として、重視されてきました。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)