MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【むくみを一掃】スイカを煮詰めた「スイカ糖」の作り方

【むくみを一掃】スイカを煮詰めた「スイカ糖」の作り方

「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)

スイカを丸ごと搾った汁を煮詰めて作る

本格的に薬草を勉強・研究を始めて40年近くになる私が、むくみに特効なものはなにかと聞かれたら、圧倒的に「スイカ糖」と答えるでしょう。

スイカ糖は、赤い果肉や皮、種などすべてを丸ごと搾り、その汁を煮詰めて作ったエキスのことです(基本的な作り方は下記参照)。スイカの甘味が濃縮されて、とてもおいしいです。

スイカは、水分が多く、体の熱を取る作用があり、夏バテや熱中症の予防になる果物です。
また、優れた利尿作用もあります。
1年を通してその恩恵にあずかるため、昔の人は成分を濃縮させてエキスにして、保存したのです。

ジューサーやガスコンロがある現代でこそ、多少、手間はかかっても、半日~1日程度でスイカ糖ができます。しかし、昔は大変な労力と時間がかかったことでしょう。
大きめのスイカ1個から取れるスイカ糖は、わずか湯飲み半分程度。それはそれは、貴重な高貴薬だったはずです。

余分な水分や老廃物を尿として出す

「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。
スイカ糖でむくみが取れるのは、体のあちこちに残っている水分と老廃物を集め、尿として出してくれるからです。 

私はスイカ糖に命を救われた人を知っています。知人のお父さまですが、腎臓が悪く、全身がむくんで、医師からは「もってあと数日」と宣告されました。

そこで、私はスイカ糖を勧めました。するとおしっこがジャンジャン出て、むくみがみるみる取れたのです。
今にも死にそうだった人が歩いて退院して、そこから5~6年、ご存命でした。「スイカ糖であの世から引き戻された」と語り草になったものです。

腎臓が悪い人は、水分や老廃物を集めて排泄する力が低下しています。だから、スイカ糖の力を借りるとよいのです。
スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。

ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。
数年前のことですが、親戚のMさんが産み月を迎えた頃に、むくみがひどくなり、顔も足もパンパンになっていました。

「産めば治る」と病院では言われたそうですが、当の本人はつらくてしかたないとのこと。そこで私は、Mさんにスイカ糖を渡しました。
Mさんはさっそく、その日の夜にスイカ糖をとったところ、何度もトイレに通うことになったそうです。おかげでむくみはすっかり取れ、母子ともに健康で出産しました。

私は、妊婦さんには妊娠6ヵ月からスイカ糖を毎日とるように勧めています。それで、妊娠後期もむくまずに過ごせます。
これを実践した人で産後に「あなたの羊水はきれいですね」と医師から言われたという人が何人もいます。おなかの赤ちゃんにも非常にいいはずです。

尿といっしょに疲労も排出され翌日は爽快!

私自身、スイカ糖に何度も助けられました。例えば、遠方に出かけたとき。尿意がないからと先を急いで、トイレに行かずに済ますことがよくあります。
でも、それをやると老廃物を体に貯め込むこととなり、後に疲労感が倍増するのです。

そんなときスイカ糖を多めにとると、そこからはトイレ通いが始まります。
どんどん出ますが、これはただの水分ではなく疲労が出ているのです。おかげで、翌日はスカッと爽快です。
このように、スイカ糖は腎機能を助け、体に残った老廃物も出してくれます。毎日とると、若々しく元気でいられます。

1日にとる量ですが、起床時に手を握った感触で加減するといいでしょう。スッと握れるなら腎機能は健康ということ。その場合は、ティースプーン1杯のスイカ糖をとりましょう。
ひっかかりやこわばりを感じた場合は、これを2~3回に増やすなど量を多めにします。

とるタイミングですが、食前が最も吸収率がいいとされています。とはいえ、特にこだわらず、いつとってもいいと私は指導しています。

ただし、夜にとると睡眠中にトイレに行きたくなる人もいます。老廃物がたまっている人ほどそうなるので、思い当たる人は夜は控えましょう。

唯一、スイカ糖もスイカもとらないほうがいい人がいます。人工透析を受けている人です。スイカはカリウムが豊富です。しかし、人工透析ではカリウムが排泄しきれないので、血圧が上がるなどの悪影響が出ます

なお、糖尿病の人は、糖分が少ない白い部分や種だけで、スイカ糖を作るといいでしょう。それで血糖値を上昇させないで、十分な薬効が得られるスイカ糖ができます。

スイカ糖は水分をしっかり飛ばせば、3年ほど常温で保存が可能です。完成したスイカ糖をスプーンやお玉ですくって、垂らしたときに、一本の線になれば、水分が飛んだ証拠です。

このときポタポタと切れながら落ちる場合は、水分が残っており、カビの原因になります。その場合は冷蔵庫で保存してください。

「スイカ糖」の作り方

❶スイカを洗う。

❷スイカをジューサーに入れやすい大きさに切る。

❸皮ごと、種ごと、ジューサーにかける。

❹③を火にかけ、沸騰させる。カスと液体が分離したら火を止める。

❺ボウルの上にザルを置き、洋タオルを二重にして置き、さらにその上にキッチンペーパーを置いて④の液を静かに入れて漉す。ボウルには透き通った液体が、ザルには赤い色素のカスが残る。スイカ糖に使うのは、ボウルの液体だけ。カスは処分する。

❻透き通った液体を鍋に入れ、ふたをせず火にかけて水分を飛ばす。水分が少なくなると、液体は黒く変色する。

❼⑥をボウルに移す。

❽別の鍋に湯をはり、縁には空気が抜けないようタオルを巻く。

❾⑧の上に⑦を載せて、湯せんをする。ヘラでまぜる。

❿おたまですくったとき、1本の糸のようにスーッとつながるようになったら出来上がり。

※おたまですくったとき、ポタポタと垂れるのは水分が残っている状態なので、しばらく湯煎を続ける。

⓫煮沸消毒した瓶に入れて保存する。

解説者のプロフィール

平田真知子(ひらた・まちこ)
薬草コンサルタント。
北九州で「薬草の会」を主催し、35年間活動を続けて会員の健康を守っている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-03-15 18:00:00
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
むくみを起こす病気といえば、最初に疑う必要があるのが、心臓、腎臓、肝臓などの病気です。そしてもう一つ、ぜひ知っておいていただきたいのが「甲状腺」の病気です。甲状腺ホルモンは、多すぎても少なすぎても調子が悪くなります。多すぎる病気の代表がバセドウ病で、少なすぎる病気の代表が橋本病です。【解説】伊藤公一(伊藤病院院長)
更新: 2019-02-23 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt