MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
医師にほめられた!スイカ糖で靴下のゴム跡クッキリの足のむくみも解消

医師にほめられた!スイカ糖で靴下のゴム跡クッキリの足のむくみも解消

スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)

作るのは大変だがスイカ糖がないと困る

「長く医者をやっているけど、こんなににごりのないおしっこは初めて」
今年6月、健康診断の結果を聞きに行ったら、検査数値を見た医師からそう言われました。

医師の手前「親が丈夫に生んでくれたんでしょうね」と当たり障りのない答えをしました。でも、内心では「ずっと続けているスイカ糖のおかげだ」とピンときたのです。

私がスイカ糖をとり始めたのは6年前からです。最初は朝と夜の1日2回、ティースプーン1杯分をなめていました。

ところが、スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。

その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。

ちなみに、平田先生によると、「夜に何度も行きたくなるのは、それだけ老廃物がたまっている証拠」とのこと。自覚はなかったのですが、以前の私は、老廃物を体にため込んでいたのかもしれません。

ゴムの跡がくっきり残るむくみがとれた!

実際、スイカ糖をとり始めてからというもの、以前に増して元気になった気がします。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。

スイカ糖はスイカの甘味が濃縮されたような味で、とてもおいしいのも気に入っています。
私は薬草の会で作った、ほかの薬草エキスも飲んでいますが、そちらは苦味があるので、スイカ糖がいい口直しになっています。

今年は知り合いから30個もの大量のスイカを購入できたので、2~3日かけてスイカ糖作りに励みました。

煮詰める工程では、家の中が熱くなってしまうので、物置にストーブを炊いてその上で煮詰めました。最後の湯せんの工程は1日半ほどかかりました。
とにかく大変でしたが、スイカ糖がないほうが困るので、どれだけ大変でも頑張って作ろうと思うのです。

スイカ糖は私だけでなく、姪にも分けています。姪は1日立ち仕事で、夕方になるとパンパンに足がむくむとこぼしていました。それも相当にひどいむくみで「家に帰ったら靴下のゴムの跡がくっきり残って、ボンレスハムみたいになってるのよ」と言うのです。

そこで「これ試してみたら」とスイカ糖を渡しました。すると、しばらくして「むくまなくなったよ。ありがとう」と連絡をくれたのです。

姪はその後も、スイカ糖をずっととり続けています。仕事の内容は同じなのに、むくむことは一切ないそうです。
そんな話を聞くたび、スイカ糖を作ってよかったな、とますますやり甲斐がわいてきます。

30個のスイカを使って作る

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-03-29 18:00:00
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-05 10:18:31
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-03-10 18:00:00
「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)
更新: 2019-03-01 18:00:00
最新記事
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00
パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)
更新: 2019-06-13 18:00:00
キウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)
更新: 2019-06-12 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt