【胃腸のツボ】胃もたれ・胃痛を解消する "特効ツボ" 食べ過ぎ むかつき 消化不良も改善

【胃腸のツボ】胃もたれ・胃痛を解消する "特効ツボ" 食べ過ぎ むかつき 消化不良も改善

「西洋医学だけでは、うまく対応できない病気が数々ある」そう感じた私は、1977年に開業した当初から、東洋医学に関心を抱いてきました。例えば、肩こりなど、西洋医学ではうまく対処できない症状に対して、東洋医学を用いると、その症状を解消できるケースがしばしばあります。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)


食物が順調に腸へ流れるのを助けるツボ

「西洋医学だけでは、うまく対応できない病気が数々ある」

 そう感じた私は、1977年に開業した当初から、東洋医学に関心を抱いてきました。
 例えば、肩こりなど、西洋医学ではうまく対処できない症状に対して、東洋医学を用いると、その症状を解消できるケースがしばしばあります。

 私は、東洋医学の勉強と研究を続け、西洋医学と東洋医学を併用して、多くの患者さんの治療を行ってきました。
 さて、胃痛、胃弱、胃炎、胃のもたれといった胃の症状は、東洋医学的には、どう考えられているのでしょうか。

 東洋医学における胃の諸症状の原因は、「通じない」ところが起こることと考えられます。胃の働きは、食道を通って入ってきた食物を、いったん胃の中に収納して消化し、食物をドロドロにして、それを腸へと送り込むことです。

 もしも、胃が食物を順調に受けつけないと、食欲不振、消化不良、胃もたれ、胃のつかえが起こってきます。食物が順調に下へ流れていくのが正常ですが、これが滞り、逆流すると、おう吐、しゃっくり、胃痛などが起こります。

 こうした胃の諸症状を改善するには、食物を受け入れ、消化し、腸へ送る胃の機能をスムーズにさせる必要があります。そこで、そのために役立つ手足の特効ツボを紹介しましょう。
 一つが、手首の内関というツボです。内関は、手首の手のひら側にある最も太い横ジワの中央から、ひじのほうへ指の横幅2本分のところにあります。

 もう一つが、足の三里というツボです。足の三里は、ひざのお皿の骨の下にある、むこうずねの骨の出っ張りから指の横幅3本分下がり、そこから指の横幅1本分だけ足の小指側にあります。
 この二つの特効ツボを押しもみします。押しもみは、力の入れやすい指で行ってください。親指、人差し指、中指など、好きな指先で行いましょう。

 胃弱、胃炎、胃もたれなどの胃の症状で悩んでいる人は、内関と足の三里の周囲を押してみると、圧痛を感じたり、ツボの辺りがかたくなっていたりします。そのかたさをほぐすつもりで、押しもみしましょう。
 押す強さは、心地よい強さです。回数に決まりはありません。押しもみしているうちに、ツボの辺りが赤くなってきたらストップしましょう。

 刺激はいつ行ってもかまいません。例えば、朝晩と決めて、押しもみしてもいいでしょう。テレビを見ながら、ひざを立ててツボ刺激をしても効果的です。両手でひざを抱えるようにして、足の三里に指先を引っかけ、手前に引っ張るように刺激するといいでしょう。

頭をヘアブラシでたたくのもお勧め!

 ところで、胃は精神的なストレスを感じやすい臓器です。ストレス過多で、胃の不調を感じている人にお勧めしたいのが、頭のてっぺんにある百会というツボを刺激する方法です。

 刺激にはヘアブラシを使います。ヘアブラシで、頭のてっぺんを、気持ちがよいと感じる程度の強さで、20〜30回たたきましょう。

 では、ツボの治療で胃の症状を改善した事例をご紹介しましょう。
 47歳の男性の例です。この男性は、みずおちの辺りに異常を感じていました。そこで、胃の内視鏡検査や血液検査などを行いましたが、さしたる異常は見つかりませんでした。
 慢性胃炎だろうと診断し、胃腸薬を処方しましたが、全く症状が改善しません。食事をすると、胃がチクチク痛くなるということで、「食べるのが怖い」とも訴えていました。

 そこで、内関、足の三里、百会のツボに鍼治療を行いました。すると、約1ヵ月で胃炎が解消したのです。この男性は、西洋医学がうまく対応できない胃の症状に、ツボ治療が効果を発揮した事例と考えられます。
 胃の症状でお悩みの人は、今回ご紹介した手足の特効ツボ刺激をぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


胃痛 合谷

関連する投稿


【体験談】私はニンニク油で胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた!血圧も正常値に

【体験談】私はニンニク油で胃の腫瘍とキリキリする胃痛が消えた!血圧も正常値に

8年ほど前からニンニク油を作り、愛用しています。こうしてニンニク油をとっていたところ、しだいに疲れや体の痛みなどの不調を感じることが減り、胃の痛みも、まったく起こらなくなりました。病院で検査した結果、驚いたことに、胃の腫瘍が消えたのです。【体験談】福島正則(仮名・無職・73歳)


【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

【1円玉療法】ツボ合谷に貼れば老化を予防・歯痛を和らげる効果 88歳の私は毎日実践!

私が30年以上前から推奨する1円玉療法は、鍼治療と同等の効果が期待できる健康法です。そのやり方は実に簡単です。ツボや、痛みやこりなどの症状が出ている患部の皮膚上に1円玉をはり、テープで留めておくだけです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【人間関係を改善】幸せホルモンが分泌するツボ“合谷”の押し方 ストレスも軽減

【人間関係を改善】幸せホルモンが分泌するツボ“合谷”の押し方 ストレスも軽減

オキシトシンには、すぐれた健康効果があることが解明され、大きな注目を集めています。血圧や血糖値を下げたり、免疫力をアップさせるなど、多くの効能があります。いわば、最強の脳内物質なのです。オキシトシンを分泌させるに、今回お勧めしたいのが、合谷というツボへの刺激です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長)


【視力回復】400人が平均0.3アップした近視を改善するツボ コンタクトが不要になった人も

【視力回復】400人が平均0.3アップした近視を改善するツボ コンタクトが不要になった人も

私たち鍼灸師が、あらゆる目のトラブルの治療に際して、真っ先に選択するツボが「合谷」です。その対象は広く、近視はもちろん、老眼や眼精疲労、緑内障や加齢黄斑変性などの重大な疾患にまで及びます。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)