MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
悩みや落ち込みのリセットに!私は「ピンク呼吸」で心が楽になった

悩みや落ち込みのリセットに!私は「ピンク呼吸」で心が楽になった

始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)

落ち込んでいた心が楽になる

2015年ごろ、私は仕事のことや人間関係で、悩んだり、落ち込んだりすることが続いていました。

そんなとき、インターネットで目にしたのが、「ピンク呼吸」という呼吸法です。

モデルで女優の小雪さんも実践しているとのことでした。簡単にできそうだったので、私はとりあえずやってみることにしました。

やり方は、ベッドに横になり、嫉妬心やコンプレックス、疲れなど、自分の中にある黒い感情が出ていくイメージで、口から息を吐き出します。

次に、ピンクのキラキラした光が体の中に入り、全身を満たすイメージで、鼻から息を吸い込みます。これを3回繰り返すだけです。

やってみると、なんとなく心が落ち着いて、落ち込んでいるときでも気分がよくなる感覚がありました。なんだか浄化されたような気分になるのです。

そこで、私は嫌な感情が出てくると、1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。

すると、ピンク呼吸で気持ちがリセットできるようになり、暗い気持ちを引きずることが少なくなっていきました。

周りから「やせた?」と聞かれることが増えた

また、ピンク呼吸は美容にも役立つそうです。
私は「目を大きくしたい」と思って、目にピンクのキラキラを集中させるイメージで呼吸したり、「足を細くしたい」と思って、足にピンクのキラキラを集中させるイメージで呼吸したりもしました。

その効果なのでしょうか。ピンク呼吸を始めて1カ月ぐらいたったころから、周りの人に「やせた?」と聞かれたり、「キレイになったね」と言われたりするようになりました。

疲れたり、お酒を飲んだりした翌日に、顔のむくみやくすみが気になるときも、ピンク呼吸をします。
そうすると、むくみやくすみで落ち込んでいた心が軽くなり、冷静になることで対処法が見えてきます。
おかげで肌を調子よく保つことができ、自分では顔色が少し明るくなったようにも感じます。

何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。

今でも平均、1日1回はピンク呼吸をやっています。最近は「イキイキしているよ」と言われることもあります。

ピンク呼吸は、精神面でも美容面でも私を助けてくれる、たいせつなアイテムになっています。

目が大きくなるイメージでピンク呼吸

この記事は『ゆほびか』2019年2月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)
更新: 2018-11-08 12:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt