MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
視力低下の原因は“首”! 「視力アップ体操」で首、あごが強くなると改善できる

視力低下の原因は“首”! 「視力アップ体操」で首、あごが強くなると改善できる

眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)

解説者のプロフィール

山本卓弥(やまもと・たくや)
●視力回復研究所
東京都八王子市明神町4-7-2 内藤落合ビル4F
0120-60-4976
http://www.eye-kenkyujo.com/

視力回復研究所代表。八王子で視力回復トレーニングを20年指導する中で、ピント調節機能における首、肩、背中の筋肉の重要性に気づき、「僧帽筋を伸ばしすぎない」姿勢を維持するための独自の体操を考案。日常生活での姿勢の指導と合わせ、成果を上げている。

視力を回復させる鍵は「首」!

「右0.3、左0.4の視力が右1.5、左1.2に(小学4年男児)」 「右0.05、左0.06の視力が右0.2、左0.1に(40代男性)」

当研究所では、このような視力回復例が多数あります。約20年間、視力回復トレーニングを指導し、こうした成果を上げてきました。

意外に思われるかもしれませんが、私は目を使う一般的な視力トレーニングは、ほとんど行いません。指導しているのは、全身の体操です。トレーニングを受けに来たかたがたに、「えっ、これが目に関係あるのですか?」と、よく驚かれます。

私が、こういう体操を指導する理由は、視力が下がる原因は「首」にあることを突き止めたからです。

もう少し詳しく説明しますと、慢性的に首が前に出た姿勢になることが、視力低下の大きな原因になっています。年齢を問わず、現代人の多くが、こういう姿勢になっているため、全年齢層で視力の低下が起こっています。

私が指導しているのは、その首を本来あるべき位置に戻すための体操です。体操で、首を正しい位置に戻し、その状態を維持するためには、下半身の筋力とバランス力も不可欠です。

なぜなら、腰、骨盤は、首と背骨によってつながり、下から重い頭を支え続ける土台となっているからです。その腰、骨盤も、さらに下にある太ももや足の裏の筋肉で支えられています。そのため、首だけでなく、全身を使う体操を指導して視力を回復しています。

私が「視力と首」の関係に気づいたのは、当研究所を開いてしばらくたったころです。たまたま知人の整形外科医から、「ムチ打ち症の後遺症に悩む人は、視力が低下する確率が高く、回復も難しい」と聞いたことがきっかけでした。

当時の私は、眼球を動かしたりする、一般的な視力回復トレーニングを行っていました。それでも一定の成果を上げていたものの、思うように回復しない人もいました。そういう人たちは、決まって姿勢が悪く、たいてい首が前に出ていたのです。

そのことと前述の整形外科医の話を考え合わせたとき、視力が低下する原因、言い換えるならば、視力を回復させるカギは「首にあるのではないか」と思い当たったのです。

スマホ、携帯ゲームが首を弱らせ視力を下げる

では、なぜ首と目が関係するのかを説明します。

そもそも眼球は、表にむき出しになった器官です。そして、その裏側の見えない部分は、首の後ろの筋肉とつながっています。

眼球内には、レンズの役目をする「水晶体」があり、その厚みが変わることで、目のピントが合うしくみになっています。

水晶体の厚みを調整して目のピントを合わせているのは、目の中にある「毛様体筋」という小さな筋肉です。

目だけを使う視力トレーニングは、この毛様体筋の動きをよくするのが目的です。しかし、それだけでは、視力を十分に上げることはできません。

たとえば、手の指を曲げ伸ばしするには、指の筋肉だけでなく、遠くにあるひじの筋肉から動いています。それと同じで、目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。

■遠くを見るとき

■近くを見るとき

グーパーのどちらの動きにも手先だけでなく腕に力が入るように、ピント合わせでは毛様体筋と僧帽筋が連係して働く必要がある。

さらに言えば、首の筋肉は肩や背中の筋肉とも連動しています。そして背中の筋肉も、股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。

そんな視力にかかわる全身の筋肉のなかで、特に大切なのが、首から肩、背中に拡がっている「僧帽筋」です。

僧帽筋と毛様体筋は、後頭部付近で連係しています。そのため、僧帽筋がある程度以上の力としなやかさをもっていて、よく動く人は、高い視力を保て、視力が落ちても、回復しやすいです。

ところが、多くの現代人は、僧帽筋がこわばり、動きが悪くなっています。その大きな原因が、先ほどふれた「慢性的に首が前に出た姿勢」なのです。

後ろ首、肩、背中に広がる僧帽筋。頭や腕の重さで首や肩が落ちると、僧帽筋が伸びて筋力が発揮できなくなってしまう。

私たち人間は、直立歩行を始めたときから、首の上に頭を乗せています。頭の重さは、体重の1割程度とされ、成人で約5〜8kgあります。これだけの重さがあっても、背骨の形が正常で、土台である骨盤にしっかり体重が乗っていれば、体に負担はさほどかかりません。

しかし、人間の頭蓋骨は、もともと前傾しやすい形です。仮に、頭蓋骨にあごがなければ、顔全体はほぼ球形となるため、背骨にバランスよく乗って支えやすい形状ですが、前面下側にあごがあるため、どうしても前傾しやすいのです(下図参照)。

そのうえ、現代人は、デスクワーク、スマホ操作、携帯ゲームなど、前かがみになる日常動作がとても多いです。そのため、よりいっそう首が前に出た姿勢が固定されやすいのです。

そんな中、首の後ろから重い頭を引っ張り、支え続けている僧帽筋。放っておけば、前述した頭蓋骨の形状と生活の影響から、首は頭の重みに負けて、僧帽筋が弱っていきます。こうして、視力が下がるのです。

しかし、そのことに気づいて対処すれば、何をしても回復しなかった視力が、上がる例は非常に多いです。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな原因による視力低下が、当研究所で指導する体操によって回復しています。視力の左右差も、悪い側がよい側に近づいて改善されていきます。

人間の顔はあごが前下に突き出ている。そのため、頭部が重力の影響を大きく受けて、首が前傾しやすくなる

落ちたあごを引き上げると僧帽筋を強化できる

そのために、手軽にできて効果的なのが、「あご上げ」と「肩甲骨寄せ」という体操です。

どちらも簡単にできる体操ですが、僧帽筋を強くしなやかにして、視力を回復させるのに大きな力を発揮します(やり方は下記で紹介)。

僧帽筋が弱って首が前に出ると、あごは重力の影響を受けやすくなって、垂れ下がります。あごが落ちると、僧帽筋への過剰な負担が減らないので、強くしようにも難しいです。

そのため、まずは落ちたあごの位置を正すために、「あご上げ」が重要になります。ポイントは、口をしっかり閉じて上下の歯を軽く合わせ、首の皮がピンとはるようにしっかりとあごを上に上げることです。そうすることで、落ちたあごが引き上がり、首の位置も正されます。

ちなみに、あごが落ちている人は、口が半開きになっていたり、それが原因で口呼吸になっていることもあります。心当たりがある人は、意識して「あご上げ」を行い、口呼吸から鼻呼吸に改善しましょう。

「肩甲骨寄せ」は、硬くなった僧帽筋をほぐして動きをよくする体操です。「あご上げ」とともに行うことで、高い視力回復効果が期待できます。

いずれも、動かすのは上半身だけですが、続けることで、「頭が首に乗り、首が背骨に乗り、背骨が骨盤に乗り…」という具合で、体の各部が連動して全身の姿勢が正されます。

何歳からでも効果はあります。視力の回復を諦める前に、ぜひお試しください。

「視力アップ体操」のやり方

■体操① あご上げ
「1日3回ほど毎日行う」

肩で土台を作る
イスに腰掛けて、両手をひざの上に置く。肩甲骨を中央に引き寄せ、肩を上げる。肩と肩甲骨で首が乗る土台を作るイメージ。

あごを上に引っ張り上げる
肩と肩甲骨周辺の筋肉に、後頭部を乗せるようにしてゆっくりと顔を上げて維持。口を閉じて、上と下の歯が軽く合うようにするのがコツ。最初は10秒から始めて、3分を目標に少しずつ時間を延ばす。

❷を横から見たところ

■体操② 肩甲骨寄せ
「1日3セットほど毎日行う」

左手を右手で握る
イスに腰掛けて、左手の手首を右手の親指と人さし指で軽く握る。

ひじとひじを寄せる
肩甲骨が中央に寄るイメージで、両ひじを近づける。

あごを上げる
②の姿勢をできるだけ維持しながら、ゆっくりとあごを上げて3秒キープしたらあごを下ろす。手を左右持ち替えて、同じくあごを上げる。これを交互に5回ずつ行って1セット。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)
更新: 2018-09-08 08:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt