MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰痛はココを揉め!ロシア武術システマの秘伝「おなかもみ」のやり方

腰痛はココを揉め!ロシア武術システマの秘伝「おなかもみ」のやり方

システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)

解説者のプロフィール

北川貴英(きたがわ・たかひで)
システマ東京主催。公認システマインストラクター。各地のカルチャーセンターなどで年間400コマ超のクラスを実施している。さらに、養護施設、医療系の研修、学術学会にとどまらず、テレビやラジオなどでシステマを紹介し普及に努めている。『Dr.クロワッサン 呼吸を変えるとカラダの不調が治る』(マガジンハウス)など、著書・監修書多数。
●システマ東京 https://www.systematokyo.com

腰が痛い人はおなかが緊張している!

私が、ひどい腰痛に悩まされるようになったのは、4年ほど前のことです。信号無視の車にはねられ、路肩の石にたたきつけられました。

幸い、私は「システマ」というロシア武術のインストラクターをしています。システマでは、転んだ際にケガをしないコツを教えています。それは、倒れたときに息を止めずに呼吸することです。事故に遭った際も、私はその心得を守りました。とっさに受け身を取ったので、大きなケガをせずに済んだのです。

とはいえ、車にはねられたダメージは、体に残りました。それ以来、冬になると腰が痛むようになりました。しかも、痛みはだんだんひどくなるばかり。朝、起き上がるだけでも大変でした。「このままでは歩けなくなるのでは」と心配になるほどだったのです。

この腰痛を軽減させるべく、システマの考え方を利用しました。システマでは、闘い続けるために、体を整える方法が確立されています。今回ご紹介する方法も、その一つです。

脊柱管狭窄症にせよ、ほかの腰痛にせよ、痛みが生じていると腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。しかし、その緊張を緩めたくても、痛む腰を刺激することはできません。

そこで、「おなかもみ」が役に立ちます。

腰が緊張しているということは、おなかも同様に緊張しているのです。逆にいえば、おなかの筋肉が緊張して縮むと、姿勢が悪くなります。それが腰への負担になるのです。

おなかもみで体の前面の緊張を緩めれば、背面の緊張もほぐれ、腰や背中が楽になります。

また、どんな武術でも、呼吸が非常に大事です。おなかが緊張しては、正しい呼吸ができません。この点でも、おなかの筋肉を緩めることは重要なのです。

刺激しにくい背中や腰と違い、おなかは前面にあってやわらかいので、容易に自分で刺激できます。おなかの緊張を取れば腰の緊張も取れて、痛みやしびれを軽減できるのです。

大きく呼吸しながら押しもみするだけ!

おなかもみのやり方は、簡単です。あおむけになって両ひざを立てます。背中はぴったり床につけます。そして、両手の指を、骨盤の内側に差し入れて刺激すればいいのです。

押して痛みがあったときも、呼吸を止めないでください。フーッと大きく呼吸をしながら行いましょう。指先で下腹の緊張を探り当てたら、静かに大きく呼吸することで緊張を緩めるつもりで押しもみしてください。

5分でも10分でも、できるだけ毎日行いましょう。目覚めたときでも寝る前でも、ベッドの上で行うといいでしょう。

大きく呼吸をしながら、両手の指を骨盤の内側に押し入れて刺激するだけでOK!

腰が痛い人は、下腹部の骨盤の内側に緊張があるものです。このおなかもみは、骨盤の内側に張りついている腸を、指を押し入れてはがすイメージで行ってください。

その日の体調によって、おなかの緊張の度合いは変わってきます。おなかの筋肉が特に緊張しているな、と感じられた日は、より念入りに行うといいでしょう。それが腰痛解消につながります。

私の知人の格闘家の男性(30歳)は、腰痛に悩まされていました。格闘家というのは、どうしても体に緊張をため込みやすく、寒い時期にそれが腰痛の引き金となります。

あるとき、彼が腰痛のために練習できないというので、おなかもみを試してもらいました。すると、案の定、下腹部にかなりの緊張があり、それを緩めたところ腰痛が楽になりました。そして、その日もちゃんと練習をすることができたのです。

おなかもみは、腰痛だけでなく便秘を解消する効果もあります。多くの皆さんに役立てていただけると幸いです。


この記事は『壮快』2019年3月号に掲載されています
この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
大腰筋がかたい人は、腰周りの柔軟性がなくなって、お尻や太ももの筋肉もかたくなっているからです。これらの筋肉がかたいと、骨盤が引っ張られて後ろに傾き、大腰筋が動きにくくなります。また、歩くときの衝撃や重力の負荷をうまく吸収できず、症状が悪化しやすくなります。【解説】神橋勝俊(神橋筋整体院院長・柔道整復師)
更新: 2019-03-06 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt