脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

脱毛症の名医が勧める「爪もみ」療法 ~ 頭皮の血流を改善し発毛を促進

私の医院には、円形脱毛や若ハゲを含む、重症の脱毛症に悩む患者さんが多く訪れます。わたしはそうした患者さんたちのセルフケアに脱毛症・薄毛に効く「爪もみ」をすすめています。自律神経を整え、末梢の血流をよくし、発毛を促進する「爪もみ」のやり方をご紹介します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


永野剛造
東京慈恵会医科大学卒業。慈恵医大病院勤務を経て、東洋医学と西洋医学を併用する「統合的医療」を目指し、永野医院を開設。日本自律神経免疫治療研究会会長。

円形脱毛や若ハゲを含む重症の脱毛症の原因

 私の医院には、円形脱毛や若ハゲを含む、重症の脱毛症に悩む患者さんが多く訪れます。私はそうした患者さんに、自律神経を整え、末梢の血流をよくし、気(エネルギー)を高める治療を行うとともに、セルフケアとして「爪もみ」をお勧めしています。これにより、治療効果がさらに高まるからです。
「なぜ、爪もみがいいのか」はのちほど説明することにして、まず脱毛が起こるしくみについてお話ししましょう。

 加齢や心身の疲労などによるエネルギーの低下は、脱毛を促進します。これは、すべての脱毛に共通する原因です。
 髪は、体の末端にあり、酸素や栄養が行き渡りにくい部分です。にもかかわらず、髪は1ヵ月に1㎝も成長することからわかるように、細胞の分裂がさかんで、多くの酸素や栄養、エネルギーを必要としています。
 そのため、頭皮への酸素や栄養がふじゅうぶんだと、脱毛や白髪が起こりやすくなります。
 このように髪は非常にデリケートで、免疫系の低下や栄養不足、体調不良を如実に教えてくれる部位でもあるのです。

 さらに、脱毛が起こる大きな原因として見逃せないのが、心身のストレスです。
 マリー・アントワネットが、投獄されて一晩で白髪になったという逸話があります。真偽のほどはともかく、ストレスと頭髪が密接にかかわっていることを示す話ではあります。
 過剰なストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が緊張状態になります。すると、毛組織に栄養を送る頭皮の血管が収縮し、血流不足に陥るのです。
 血流が不足すれば、栄養障害が起こり、不完全な細胞が多くなります。このような不良細胞を排除する働きをしているのが、白血球中のリンパ球です。栄養不足によって毛組織の不良細胞がふえると、リンパ球が過剰反応を起こして毛根を攻撃し、不良細胞を排除しようとします。そのため、髪が抜け落ちてしまうのです。

 私のもとを訪れる患者さんの円形脱毛症は、10円玉程度の大きさのものから、頭髪がすべて抜けてしまうものまで、さまざまです。しかし、私の治療の基本は、自律神経を整えることと、体内エネルギーを高めることの2点だけです。
 患者さんの状態によって、私の医院で行う治療内容は変わってきます。ただ、どの患者さんにもいえるのは、自宅でのセルフケアが、治癒への近道になるということです。

 簡単に実践でき、効果の高いセルフケアとして患者さんに勧めているのが、爪もみです。福田稔医師(故人)が考案した家庭療法です。
 爪もみでは、爪の生え際の「井穴」というツボをもみます。井穴は東洋医学において、気が流れ出るとされるツボです。
 気の働きは、生命活動の源となる自律神経に相当します。爪の生え際は、神経が多く集まる感受性の高い場所でもあるので、ここをもめば、自律神経に即座に刺激が伝わり、そのバランスが整うのです。

 髪と爪はどちらも皮膚の一部で、末端に位置する組織です。したがって、交感神経の緊張で頭皮の血流が不足している人は、指先の血流も悪くなっているケースが少なくありません。こういう人の爪は、栄養不足ででこぼこになったり、ボロボロになったりします。
 つまり、爪は全身の血流状態が現れる場所なのです。爪もみを行えば指先の血流がふえ、交感神経の緊張も緩和されます。そして、爪の状態がよくなってくれば、それは、同時に頭皮の血流も改善してきたサインです。脱毛症も、少しずつ快方に向かうでしょう。
 脱毛症に悩む患者さんには、共通した特徴があります。きまじめな性格で、肩こりや冷えがあるのです。交感神経が緊張して血管が収縮し、血流障害を起こしている証拠です。

 性格を変えるのは難しいと思いますが、体を冷やさず、同じ姿勢を取らないように注意し、目を酷使しない生活を心がけましょう。
 そして、1日のうち、気がついたときに、爪もみをするようにしてください。爪もみをすることで自律神経が整い、全身に気が巡ります。エネルギーが充満してくれば、頭皮に栄養が行き届くと同時に、ストレスにも強くなってきます。
 爪もみは、円形脱毛症だけでなく、加齢による脱毛や薄毛にも効果が期待できます。いつでもどこでも、実行できる健康法です。ぜひ役立ててください。

脱毛症、薄毛に効く爪もみのやり方図解

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

フケ症の人は、フケのせいで不潔に見えたり、印象が悪くなったりするのではないかと気にします。しかし、フケ自体は汚いものではありません。皮膚の炎症によって作られる湿疹の一つです。日常行っていただきたいフケ対策をご紹介しましょう。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【低血圧が改善】疲労回復には“蜂蜜”と“シナモン”の組み合わせが最強 便秘や美肌効果も

【低血圧が改善】疲労回復には“蜂蜜”と“シナモン”の組み合わせが最強 便秘や美肌効果も

はちみつとシナモンは、万病に効くばかりか、やせて美しくなる最強の組み合わせです。混ぜてペロッとなめても、お湯で割って飲んでもOK。簡単でおいしい若返りの妙薬、はちみつシナモンの驚くべき効果を紹介します。【解説】森田知恵(MOE)(国際医療スペシャリスト)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)