【きな粉で?】皮膚科医が教える女性の薄毛対策!抜け毛、フケ、かゆみを防ぐ!

【きな粉で?】皮膚科医が教える女性の薄毛対策!抜け毛、フケ、かゆみを防ぐ!

抜け毛・薄毛対策としてお勧めの頭皮に直接、女性ホルモン様物質を与える「きな粉洗髪」をご紹介します。【解説】永峯由紀子(原町麗クリニック院長)


薄毛の悩みには育毛効果がある『水シャワー』の体験談はコチラ

髪の毛を作る細胞を活性化させる!

 私のクリニックには、さまざまな悩みを抱えた患者さんが訪れます。女性専門の形成外科・皮膚科ということで、健康から美容につながる悩みを持つ患者さんが大半です。

「美容の悩みで病院に行くなんて、ぜいたくだ」という声もありますが、そうでしょうか。
 見た目が気になって外出を控えたり、人と会うのが嫌になったりするのは、心も体も健康な状態とはいえません。健康になるために、医療機関を受診するのは当然のことです。

 特に、閉経前後の女性は美容上の問題を抱えるだけでなく、心身ともに不安定になっています。女性ホルモンが急激に減少するため、血圧が急上昇したり、不眠に陥ったり、汗が止まらなくなったり、うつ状態になったりと、日常生活に支障を来すことも少なくありません。これが、いわゆる更年期障害です。

 外見の変化で特に目立つのが、頭髪でしょう。抜け毛がふえ、髪の毛にコシがなくなり、1本1本が細くなってきます。つむじ周辺の地肌が透けて、分けめが目立ってきます。

 発毛や育毛の方法としては、頭皮マッサージや塗り薬、飲み薬などがありますが、いずれも目的は同じです。「頭皮の状態を健康にし、毛母細胞を活性化させること」に尽きます。毛母細胞とは、その名のとおり、髪の毛を作り出す細胞です。

 更年期の女性が薄毛になるのは、女性ホルモンの急激な減少による毛母細胞の活動失調と考えられます。出産後、一時的に脱毛するのも、同じ理由です。

イソフラボンを頭皮に直接与える

 そこで私が、抜け毛・薄毛対策として患者さんに勧めているのが、頭皮に直接、女性ホルモン様物質を与える「きな粉洗髪」です。

 きな粉の原料であるダイズには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」が豊富に含まれています。イソフラボンは、きな粉のほか、納豆や豆乳、豆腐など、ダイズ加工品全般に含まれているので、これらを積極的に食べることも心がけましょう。

 きな粉洗髪は、頭皮にイソフラボンを直接与えるだけではありません。ダイズに含まれるサポニンという成分が、毛髪と頭皮をしっかり洗浄してくれます。
 サポニンは、水と混ぜて振ると泡立つ性質があります。このことは、シャボン玉のシャボンと同じ語源を持つことからもわかります。昔は、ダイズのゆで汁で洗髪することもあったようです。しかし、最近はダイズを煮る人も少ないので、簡易版として、きな粉洗髪を勧めているというわけです。

 また、市販のシャンプーに含まれる合成界面活性剤は、汚れを落とす効力は大きいものの、毛髪と頭皮に負担を与えることもあります。患者さんの頭皮を診ると、シャンプーによる頭皮の荒れが原因で、フケやかゆみを発症しているケースもあるのです。このような状態では、健康な髪が生えてくることはできません。

 ダイズに含まれるサポニンは、洗浄作用とともに、消炎作用も兼ね備えています。髪と地肌にダメージを与えることなく汚れを落とし、炎症を鎮めて、フケとかゆみをおさえます。
 まずは、1週間に1〜2回、普通のシャンプーを休んで、きな粉洗髪を行ってみてください。

 やり方は簡単です。洗面器1杯のお湯に、小さじ2杯程度のきな粉を加えてよく混ぜ、それに髪をひたします。指の腹で、きな粉をもみ込むように地肌を洗い、その後、お湯でよくすすいでください。

 きな粉洗髪の前に、ブラシで髪をとかして汚れを浮き上がらせ、お湯でしっかり洗っておくことも大事です。これは、普通のシャンプー洗髪のときも、ぜひ行ってください。髪の洗い上がりが全然違います。
 まれに体質に合わない場合があるので、頭皮にかゆみなどを感じたら、すぐに中断しましょう。

 また、ふだんの生活で気をつけていただきたいのが、紫外線です。
 外出する際には、ぜひ帽子をかぶってください。頭皮は顔と同じです。紫外線が当たると、頭皮の老化が一気に進みます。帽子や日傘で、頭皮を紫外線から守ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


ズキンと激しく痛む片頭痛 原因は女性ホルモン?「きな粉茶」を飲んだら大改善

ズキンと激しく痛む片頭痛 原因は女性ホルモン?「きな粉茶」を飲んだら大改善

私は30歳のころから、突然、片頭痛に悩まされるようになりました。生理が始まる1〜2日前になると、頭痛がし始めるのです。痛むのは、こめかみの辺りか、首の後ろでした。まるで先のとがった物でグサッ、グサッと一定のテンポで刺されているかのように、ズキン、ズキンと激しく痛みます。【体験談】藤田美佳(仮名・51歳・自営業)


【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

フケ症の人は、フケのせいで不潔に見えたり、印象が悪くなったりするのではないかと気にします。しかし、フケ自体は汚いものではありません。皮膚の炎症によって作られる湿疹の一つです。日常行っていただきたいフケ対策をご紹介しましょう。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)