「クサッ…」気になる頭皮の臭い、悪臭の原因はその……

「クサッ…」気になる頭皮の臭い、悪臭の原因はその……

毎日朝晩シャンプーしている方も多いでしょう。しかし、これは大きな間違いです。頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではなく、むしろ洗いすぎや、使用しているシャンプー剤の影響が大きいのです。ここでは、お勧めの塩洗髪のメリットとそのやり方をご紹介します。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


シャンプーで洗えば洗うほど髪は臭くなる

 気温と湿度が上がって汗ばむ季節になると、体臭に加え、頭髪のにおいも気になるところです。毎日朝晩シャンプーするなど、洗髪の回数がふえるのではないでしょうか。

 しかし、これは大きな間違いです。

 頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではなく、むしろ洗いすぎや、使用しているシャンプー剤の影響が大きいのです。つまり皮肉なことに、現代人の清潔志向が、においを生み出しているといえます。

 私のクリニックには、「こまめに洗髪しているのに、頭がにおう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが、「塩洗髪」です。

 やり方は簡単です。
 洗面器に40度ほどのお湯を張り、大さじ3〜4杯の天然塩を溶かしておきます。

 まずは、熱めの温水シャワーで、頭皮をもむように洗いましょう。これで、汚れと皮脂が落ちます。
 それから、洗面器の塩湯を頭にかけ、頭皮をマッサージするのです。指の腹で、地肌だけを優しくもみ洗いします。
 髪の毛は、こすらないようにしてください。

 最後に、シャワーで塩をしっかり洗い流しましょう。

 なぜ、塩で洗髪するとよいのでしょうか。また、なぜ洗いすぎると頭が臭くなるのでしょうか。「頭皮のにおい」と「髪の毛のにおい」に分けて、説明しましょう。

 まず、頭皮がにおう原因は、三つあります。

 一つめは、皮脂の酸化です。脱脂力の強いシャンプー剤で洗髪すると、体は「皮脂が足りない」と判断し、かえって皮脂分泌を促します。新鮮な皮脂が適量出ている分には、においは出ません。ところが、分泌過剰になると皮脂が毛穴に詰まって酸化し、強いにおいを放つのです。

 二つめは、におい分子の蒸発です。頭皮を頻繁に洗うことで、皮脂がなくなると、皮下の水分が蒸発しやすくなります。においの成分は水溶性なので、水分が蒸発するとき、いっしょに出てきてしまうのです。

 三つめは、雑菌の繁殖です。皮膚には、雑菌の繁殖をおさえる善玉の常在菌が棲みついています。バリアを作り、アレルギー物質の侵入を防いでいるのも常在菌です。

 アルカリ性のシャンプーなどで髪を洗うと、弱酸性の環境を好む常在菌は流されてしまいます。そして、その後も棲みにくくなります。

 常在菌がへると、代わりに、黄色ブドウ球菌などの雑菌や、水虫のような真菌(カビ)などが繁殖しやすくなります。これらが、においやかゆみの原因になるのです。当然、抜け毛や薄毛にもつながるでしょう。

 つまり、シャンプー剤での洗髪は、自分の味方を殺して、敵に塩を贈る行為といえます。
 髪の毛のにおいについては、また事情が異なります。

 健康な髪の毛は、ガラスのように表面がツルツルで、におい分子がつきにくくなっています。ですから、髪の毛についたにおいは、ブラッシングだけでじゅうぶん落とせるのです。

 ところが、シャンプー剤を使うと、化学物質などの刺激で、髪の毛が傷んでしまいます。すると、空気中に浮遊していたり、頭皮から発生したりするにおい分子がくっつきやすく、落ちにくくなるのです。

イオンの働きで頭髪が中和消臭!

 シャンプーが頭皮の悪臭の原因となることは、おわかりいただけたと思います。
 では、なぜ塩がよいのでしょうか。

 塩が洗浄剤として優れている点は、たんぱく質を溶かす「塩溶」という作用にあります。汚れと皮脂はお湯で洗い流せますが、たんぱく質である垢だけは、熱で凝固してしまいます。このたんぱく質を落とすのが、塩なのです。

 また、塩湯ならば、余分な皮脂や垢を取る一方で、必要な常在菌は残します。化学物質による刺激もなく、髪の毛を傷める心配もありません。

 そして、塩洗髪の最大の利点は、イオンによる消臭作用です。

 におい分子は、必ずプラスかマイナスの電気を帯びています。塩が水に溶けると、マイナスのナトリウムと、プラスの塩素に分解(イオン化)されます。

 この塩湯で洗髪することで、プラスのにおい分子にマイナスイオンが、マイナスのにおい分子にはプラスイオンが、それぞれ吸着します。その結果、頭髪が中和消臭されるのです。

 さらに、ミネラルを含む天然塩を使うことで、髪の毛への潤い効果も期待できます。塩洗髪は、いいことずくめです。

 ただし、皮脂の分泌過剰は急に止まらないので、シャンプーをやめた直後は、べたつきを感じるかもしれません。また、常在菌がふえ、バランスが正常化するまでには、多少の時間がかかります。

 しかし、数週間続けることで、本来の健康な髪と頭皮が蘇り、においも気にならなくなるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有) 取り方と対策を耳鼻科医が解説

【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有) 取り方と対策を耳鼻科医が解説

咳やくしゃみをした際に、口中から非常に臭い、小さな白い塊が出てくることがあります。これは膿栓(のうせん)、通称ニオイダマと呼ばれるものです。新陳代謝によって口中の粘膜が剥がれ、そこに歯周病菌や大腸菌等の死骸や食べカス等が付着。それらが扁桃腺周辺の窪みに溜まって固まったものです。【解説】徳永雅一(とくなが耳鼻咽喉科院長)


【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

【フケの原因と対策】頭がかゆい時の治療薬は? マラセチア菌を増やさないセルフケア

フケ症の人は、フケのせいで不潔に見えたり、印象が悪くなったりするのではないかと気にします。しかし、フケ自体は汚いものではありません。皮膚の炎症によって作られる湿疹の一つです。日常行っていただきたいフケ対策をご紹介しましょう。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)