【体験談】鎮痛剤も効かない "脊柱管狭窄症" 症状改善のきっかけは「骨盤カイロ」

【体験談】鎮痛剤も効かない "脊柱管狭窄症" 症状改善のきっかけは「骨盤カイロ」

父は、腰椎を骨折した時に受けた検査で、脊柱管狭窄症と診断されました。鎮痛剤を飲んでも、痛みが治まるのはいっときで、たちまち腰に激痛が走り始めます。そこで体を外と中から温め続けたところ、父の体調は、みるみる回復。今では散歩が日課になって、毎日2〜3kmは平気で歩いています。【体験談】石川美江子(栃木県◎63歳◎保育士) 


「湿布をすると体が冷えもっと腰が痛くなる」

 現在91歳になる父は、2013年に大ケガをしました。庭木の手入れをしているときに、脚立から転落したのです。
 すぐに救急車で整形外科に運ばれ、入院しました。腰椎(背骨の腰の部分)を骨折したのですが、高齢のため手術はせず、湿布と飲み薬だけの治療となりました。

 そのときに受けた検査で、脊柱管狭窄症の診断を受けました。背骨にある脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫する病気だそうです。
 約3週間の入院で骨折は治ったものの、今度は脊柱管狭窄症による痛みに苦しむことになりました。腰に激痛が走るらしく、私たち家族は、父が「痛い、痛い!」と絶叫する声を、毎日、聞かされていたのです。

 鎮痛剤を飲んでも、痛みが治まるのはいっときで、たちまち激痛が走り始めます。横になると腰が痛いそうで、布団で眠ることもできません。コタツに足を入れて、座イスに寄りかかった状態で眠る日が続きました。
 当時、私は休職中で家にいたので、毎日、父の腰をさすってあげました。それでも、痛みが和らぐことはなかったのです。

 腰をかばうため、足もとはおぼつきません。シルバーカーを押し、よたよたと歩くのがやっとでした。一人でお風呂に入ることもできなくなったので、ときどき私が蒸しタオルで体をふいてあげました。

 そんなあるとき、私は「体をさするだけでなく、温めてあげたらどうだろう」と思いつきました。「古傷は温めて治す」という言葉を思い出したのです。

 また、父が「湿布を貼ると、体が冷えて、もっと痛くなるから嫌だ」というのも、ヒントになりました。

鎮痛剤を飲まずに眠れるようになった!

 利用したのは、ペットボトルです。ヤケドしない程度の熱いお湯をペットボトルに入れて、体に当てました。

 父にうつぶせに寝てもらい、まずアキレス腱のあたりにペットボトルを当てます。次に、ひざの裏、太ももの裏、骨盤のあたり、腰、背中というぐあいに、体の下から上に向かって、ペットボトルを少しずつずらしながら当てていくのです。

 これを、1日に3回ほど行いました。
 また、蒸しタオルを使ったこともありました。洗面器にお湯と入浴剤を入れ、そこにタオルをひたしてしぼり、蒸しタオルを作ります。その蒸しタオルを父のすねに巻き、ビニールをかぶせて、温めたのです。

 このように、毎日体を温めたことが、功を奏したのでしょう。2〜3ヵ月で、父は「痛い、痛い」といわなくなりました。鎮痛剤を飲まなくても済む日が続き、布団に入って寝られるようにもなったのです。

 そのころから、布団の中に、使い捨てカイロや、お湯入りのペットボトルを入れるようにしました。湯たんぽのかわりです。そして、「のどが渇いたら、ペットボトルのお湯を飲んでね」といっておいたのです。父は、布団の中で、ほどよくぬるくなったお湯を、毎日飲んでいるようでした。

 こうして、体を外と中から温め続けたところ、父の体調は、みるみるよくなっていきました。
 足どりがしっかりしてきて、たちまちシルバーカーなしでスタスタと歩けるようになったのです。今では散歩が日課になって、毎日2〜3㎞は平気で歩いています。お風呂にも一人で入れるようになりました。

 最近は、家族の目を盗んで、こっそり庭の手入れをしたり、脚立に乗って木の枝を切ったりしているようです。心配ですが、父の元気な姿を再び見ることができて、うれしい気持ちもあります。
「体を温めると健康になる」ということを、父が実証してくれました。私も、体を温める生活を心がけています。

再発防止のためには骨盤カイロがお勧め(山口嘉川クリニック院長 田村 周)

 脊柱管狭窄症は、手術をしても痛みやしびれが残るケースが少なくありません。逆に、石川さんのお父さんのように、脊柱管が狭まったままでも、症状が改善する場合があるのです。

 石川さんのお父さんは、転落時の衝撃で全身の関節の動きが悪くなり、筋肉の血流が悪化して、痛みが生じていたのでしょう。体を温めることで関節の動きがよくなり、筋肉が緩んで血流が改善したため、痛みが軽減したと考えられます。

 骨盤カイロを行うことで、仙腸関節の動きがよくなって、全身の関節も動くようになるので、痛みの改善に効果が期待できます。今後は、再発防止のために、骨盤カイロをお勧めします。

 また、お父さんの「湿布は体が冷えて痛くなる」という感覚は非常に大切です。「楽になる」「悪くなる」と感じ、療法を選択する力は、病気を治すうえで大きな武器となるのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

【腹圧性尿失禁】は扁平足と関係する?骨盤の傾きが尿もれの原因 改善法は「靴底ティッシュ」

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

「タオルを脚で挟む」エクササイズと「ふんどし」エクササイズには、体の軸を矯正する効果があるので、毎日1回以上は行いましょう。筋肉は、体の中で最も多くのカロリーを消費しています。ですから、エクササイズで筋肉が増えれば増えるほど、カロリーの消費量も増えるのです。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)