【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

【育毛薬膳レシピ②】漢方で髪の成長を促す!(レバー・アボカド・黒ゴマ)

血を補い、肝機能のアップさせて丈夫な頭皮をつくる美味しいレシピ6種をご紹介します。【解説】マダム晴子(香港薬膳師)


レバー育毛薬膳レシピ②

 レバーは、そもそも血を貯蔵する臓器。血を補う作用が特に優れています。鶏レバーは消化力を高め、栄養を髪に行き渡らせてくれます。漢方的には、肝の機能が落ち、老眼や眼精疲労に悩む薄毛のかたにもお勧めできます。

アボカド育毛薬膳レシピ②

 アボカドは、胃腸の調子を整え、西洋医学的には、肝機能をアップさせる働きがあります。このため、血中コレステロールを抑制し、余分なコレステロールを排出する効果が期待できます。特に、頭皮が脂っぽいハゲのかたに推奨。

黒ゴマ育毛薬膳レシピ②

 黒ゴマは、血を補う作用、血行を促す作用の両方に優れています。髪の毛全般の悩みに効く万能の育毛食品で、白髪を黒くする効果も期待できます。髪がパサつきがちのかたには、必要不可欠な食材です。

育毛薬膳レシピ解説
育毛薬膳レシピ①

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


薄毛 老眼 眼精疲労

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

【目をよくする体操】視力回復や疲れ目を改善する「沖ヨガ」の効果を眼科医も絶賛!

近視や老眼で不自由を感じるようになると眼科でメガネやコンタクトレンズを処方してもらいます。矯正具に頼っていると、かえって進行するばかりで目の治療とは言えません。視力アップヨガは眼科医から見ても理にかなっており、目の不調に効果を発揮すると考えられます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

【子供の視力低下】弱視に注意 実は多い "近くが見えにくい" 子 三歳児検診がカギ

実は「近く」を見るのが苦手。そんな子供は少なくありません。発見が遅れる理由は、学校の視力検査が「遠くを見る力」を測る検査だからです。問題があるのは視力=近くを見る力なのに、「頭が悪い」「根気がない」と評価されてしまうことがあります。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学法学部教授)【監修】湖崎克(日本小児眼科学会初代理事長)


【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

【子どもの近視】ツボ・合谷への刺激で視力が平均0.3アップ 仮性近視にも効果

近視の原因には、遺伝によるものと、環境が影響しているものとがあります。環境という点では、学童期の子どもは最も強い影響を受けるといっても過言ではないでしょう。そこで私たちは、合谷を中心とした鍼治療で、若年層の近視の視力がどれだけ回復するのかを調査しました。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


【沖ヨガ】近視・老眼を改善 自然治癒力を引き出すヨガで0.04の視力が0.2になった

【沖ヨガ】近視・老眼を改善 自然治癒力を引き出すヨガで0.04の視力が0.2になった

メガネをかけたり外したりすると、視力低下などが進むという誤解もあり、かけっぱなしの人が多いのですが、それは目の治るチャンスをつぶすことになります。 必要なとき以外は、メガネやコンタクトを使わないようにし、できるだけ裸眼で過ごす時間をつくりましょう。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)