【黒ごま】抜け毛・白髪予防に効果の高い食べ物 超簡単「黒ゴマドリンク」の作り方

【黒ごま】抜け毛・白髪予防に効果の高い食べ物 超簡単「黒ゴマドリンク」の作り方

もうそろそろ還暦になる私は、周りの人から「実年齢よりも若い」と驚かれることが多く、現在もフサフサで黒々とした健やかな髪を保ち続けています。抜け毛を防ぎ、白髪になるのを遅らせた、髪を若々しく保つ「黒ゴマドリンク」をご紹介します。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


抗酸化作用の強いゴマで髪の老化予防

 髪は、人の印象を左右する大きな要素の一つです。だからこそ、「抜け毛や白髪をなんとかしたい」と思っている人は多いはず。いつまでも若々しくいたいと願う女性なら、なおさらです。

 とはいえ、髪だけに目を向けていたのでは、髪のトラブルを解決することは難しいでしょう。髪も体の一部です。髪のトラブルは、体の健康状態の一つの現れです。いい換えれば、全身を若々しく健康に保つことが、髪のアンチエイジングにもつながるのです。

 もうそろそろ還暦になる私は、周りの人から「実年齢よりも若い」と驚かれることが多く、現在もフサフサで黒々とした健やかな髪を保ち続けています。これは、髪だけでなく、体全体の健康を考え、食事や生活習慣に気を配っているからこそでしょう。

 アンチエイジング効果の高い食品といえば、なんといってもゴマです。ゴマは「小さな丸薬」といわれるほど優れた健康食材で、小さな粒の中に、実に多くの栄養素が含まれています。
 なかでも、セサミンやセサミノールなどの抗酸化成分を総称した「ゴマリグナン」は、老化を助長する活性酸素を除去し、若さを保つことに役立ちます。

 また、豊富に含まれるビタミンEにも強力な抗酸化作用があるほか、ミネラルも多く含まれています。これらは、抜け毛を防いだり、白髪になるのを遅らせたりするなど、髪を若々しく保ってくれます。

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。

 もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。
 牛乳は、子供が飲むものというイメージがあるのか、年齢を重ねるほど、飲まなくなる傾向にあるようです。しかし、皮膚の構成成分であるたんぱく質をとることは、とても重要なことです。髪も皮膚の一部です。牛乳は良質なたんぱく質を多く含み、カルシウムも豊富に摂取できるので、骨が弱くなる骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 髪や肌、骨の衰えを感じている年配のかたほど、もっと牛乳を飲んでほしいものです。
 コレステロールが気になるかたや、メタボリックシンドロームのかたは、低脂肪牛乳を利用するとよいでしょう。

手間もかからずに高い相乗効果

 アンチエイジングに役立つゴマと、優れたたんぱく源である牛乳。両者をまとめてとることができる、おいしい飲み物があります。それが今回ご紹介する「黒ゴマドリンク」です。

 体によい食材をそれぞれ個別にとるのももちろんよいのですが、より大きな相乗効果が期待できます。
 それになにより、複数の食材を一度にとれれば、余計な手間もかかりません。

 黒ゴマドリンクの作り方は、次のとおりです。

❶牛乳200㎖をマグカップに入れ、電子レンジ(500〜600W)で1〜1分半ほど温める。
❷大さじ1杯の黒ゴマをすり、温めた牛乳に加える。好みでハチミツなどを足してもよい。
 ゴマをするのがめんどうなら、市販のすりゴマでもかまいません。ただ、香りが高くておいしいのは、断然すりたてです。ゴマすり器を使えば、簡単にすりたてのおいしさが味わえます。甘みが欲しいときは、好みでハチミツを加えてください。

 これを毎日1杯分、飲むことをお勧めします。
 私も、この黒ゴマドリンクを毎日欠かさずに飲んでいます。起床後や、小腹がすいたとき、夜寝る前などに飲んでいます。牛乳には安眠効果があるので、就寝前に飲むのはお勧めです。

 また、ふだんおやつを食べる習慣のあるかたなら、3時のおやつをお菓子ではなく、黒ゴマドリンクにしてみてはいかがでしょうか。何事も続けることが大切ですから、黒ゴマドリンクを飲むことを、ぜひ毎日の習慣にしてください。

 なお、髪の健康のためには、頭皮の血行をよくすることも重要です。最近は、頭皮用のマッサージ器などがあるので、そのようなグッズを活用するのも一つの手です。もちろん適度な運動も、血行をよくするのに有効です。

 そして、なによりもふだんの生活をきちんと送ることが重要です。寝ている間には成長ホルモンが分泌され、髪の成長が促されます。よい睡眠をとるためにも毎日、12時前には寝るようにして、早寝早起きを心がけましょう。

 このように、睡眠や、バランスの取れた食生活など、生活全体で健康を考えることが、髪のトラブル対策には不可欠です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

【下肢静脈瘤の食事療法】実は便秘が大敵? 予防、改善、再発防止に効果的な栄養素と食品

下肢静脈瘤は、ひどくなったら足を切断しなくてはならないなど、誤解もしばしばある病気ですが、下肢静脈瘤は、適切な治療で治る病気です。さらに軽度の下肢静脈瘤であれば、生活習慣の改善とセルフケアで症状を軽くしたり進行を食い止めたりすることは十分に可能です。【解説】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【女性のマスターベーションの効果】萎縮性膣炎 骨盤臓器脱対策に オキシトシンを分泌

【女性のマスターベーションの効果】萎縮性膣炎 骨盤臓器脱対策に オキシトシンを分泌

年を重ねても性的意欲や性機能を維持している女性は、女性ホルモン値が高く保たれやすいといわれています。それが、美肌づくりや心身のバランス維持、全身のアンチエイジングにも役立ちます。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNA グループ理事長 女性泌尿器科専門医)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)