【即効】腰痛は "お腹のマッサージ" で治る 方法はおなかの奥の腸腰筋を揉むこと

【即効】腰痛は "お腹のマッサージ" で治る 方法はおなかの奥の腸腰筋を揉むこと

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


なぜ腰が痛いのにおなかをもむのか

 「いろいろな治療や体操をやっても腰痛が改善しない」
「腰や背中にアプローチする施術を試したが、変化がない」
「私の腰痛はもう治らないとあきらめている」

 いわゆる慢性腰痛で悩んでいる人のほとんどは、ここに挙げたような感想をお持ちだと思います。こうした人たちに大きな成果を上げている、私が考案した手法があります。
 それが、「おなかもみ」です。

 おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していきます。
 こう言うと、「痛いのは腰(体の背面)なのに、なぜおなか(前面)をもむのか」という疑問を持たれる人がいます。
 その理由を説明しましょう。

 そもそも慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。
 加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。
 注目すべきは、姿勢が悪い状態が続いたときに大きな負担のかかる、腸腰筋です。

 腸腰筋とは、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という、三つの筋肉の総称です。背骨の真ん中辺りを起点として体の前面へと伸び、腰椎(背骨の腰の部分)と骨盤、大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。
 腸腰筋の役割の一つが、骨盤を正しい位置に保つことですが、悪い姿勢を続けると、腸腰筋は、「伸びながらも収縮した」不自然な状態が続きます。筋肉のこの状態を、専門用語で「伸長収縮」といいます。

 伸長収縮が長く続くと、その筋肉は拘縮(縮こまってこわばること)します。実は、これこそが慢性腰痛の原因の一つなのです。
 腰痛の真原因「腸腰筋の拘縮=こり」を、背面からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊
柱起立筋がじゃまになります。そこでどうするかというと、腸腰筋を、おなか側からほぐすのです。
 慢性腰痛の患者さんに、腰や背中にアプローチする施術を行ってもなかなか改善しないのは、そのような理由があったのです。

 それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。

触れることのできるインナーマッスル

 おなかもみは、あおむけになり、左右の腸骨(骨盤の左右上部を占める扁平な骨)に両手の指をそれぞれかけ、骨盤の内側に向かって指を押し込んでいく、という方法を取ります。
 このとき、指で触れることができるのが、腸腰筋の一部(腸骨筋)です。
 別名インナーマッスルとも、深腹筋とも呼ばれる腸腰筋は、体の奥深くにあることで知られていますが、自分で触れることのできる、数少ないインナーマッスルの一つです。

 腸腰筋の一部に一定の刺激を加えることで、腸腰筋全体をゆるめることができます。
「イタ気持ちいい」と感じられるくらいの強さがポイントです。言い換えれば、「ツンと痛みのある」刺激です。そのくらいの刺激を与えることで初めて、脳に刺激情報が届き、脳から「その筋肉をゆるめて、血流をよくせよ」という指令が出ます。これによって腸腰筋がゆるむのです。
 患者さんの中には、「たった1回のおなかもみで腰痛が治った」と言う人もいますが、できるだけ1~2週間程度、継続して行うほうが効果的です。

 もちろん、おなかもみをすれば、すべての慢性腰痛が治るというわけではありません。
 腰痛を引き起こす姿勢の悪さを正したり、運動不足を解消したりといった日常生活が重要であることは、言うまでもありません。
 おなかもみは、実際に腰痛があるときでも有効ですが、腰に腫れがあったり、熱を持っている場合は控えてください。

岩間良充
青森県生まれ。赤門鍼灸柔整専門学校卒業。器具を使わずに自らの手で行う手技療法を得意とし、これまで延べ20万人以上の患者を治療。鍼灸整骨院ホスピスト院長・柔道整復師・ケアマネジャー。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛

関連する投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )