MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰痛改善は

腰痛改善は "お腹のマッサージ" で! おなかの奥の腸腰筋を揉むと良い

慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)

解説者のプロフィール

岩間良充
鍼灸整骨院ホスピスト院長。柔道整復師、ケアマネジャー。青森県生まれ。赤門鍼灸柔整専門学校卒業。器具を使わずに自らの手で行う手技療法を得意とし、これまで延べ20万人以上の患者を治療。肩、腰、ひざなどの痛みの根本改善に心血を注いでいる。『しつこい腰痛は腹をもめば治る!』(マキノ出版)など、著書多数。

なぜ腰が痛いのにおなかをもむのか

「いろいろな治療や体操をやっても腰痛が改善しない」「腰や背中にアプローチする施術を試したが、変化がない」「私の腰痛はもう治らないとあきらめている」

いわゆる慢性腰痛で悩んでいる人のほとんどは、ここに挙げたような感想をお持ちだと思います。こうした人たちに大きな成果を上げている、私が考案した手法があります。それが、「おなかもみ」です。

おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していきます。こう言うと、「痛いのは腰(体の背面)なのに、なぜおなか(前面)をもむのか」という疑問を持たれる人がいます。その理由を説明しましょう。

そもそも慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。

加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。

注目すべきは、姿勢が悪い状態が続いたときに大きな負担のかかる、腸腰筋です。

腸腰筋とは、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という、三つの筋肉の総称です。背骨の真ん中辺りを起点として体の前面へと伸び、腰椎(背骨の腰の部分)と骨盤、大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。

腸腰筋の役割の一つが、骨盤を正しい位置に保つことですが、悪い姿勢を続けると、腸腰筋は、「伸びながらも収縮した」不自然な状態が続きます。筋肉のこの状態を、専門用語で「伸長収縮」といいます。

伸長収縮が長く続くと、その筋肉は拘縮(縮こまってこわばること)します。実は、これこそが慢性腰痛の原因の一つなのです。

腰痛の真原因「腸腰筋の拘縮=こり」を、背面からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊
柱起立筋がじゃまになります。そこでどうするかというと、腸腰筋を、おなか側からほぐすのです。

慢性腰痛の患者さんに、腰や背中にアプローチする施術を行ってもなかなか改善しないのは、そのような理由があったのです。

それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。

触れることのできるインナーマッスル

おなかもみは、あおむけになり、左右の腸骨(骨盤の左右上部を占める扁平な骨)に両手の指をそれぞれかけ、骨盤の内側に向かって指を押し込んでいく、という方法を取ります。

このとき、指で触れることができるのが、腸腰筋の一部(腸骨筋)です。

別名インナーマッスルとも、深腹筋とも呼ばれる腸腰筋は、体の奥深くにあることで知られていますが、自分で触れることのできる、数少ないインナーマッスルの一つです。

腸腰筋の一部に一定の刺激を加えることで、腸腰筋全体をゆるめることができます。

「イタ気持ちいい」と感じられるくらいの強さがポイントです。言い換えれば、「ツンと痛みのある」刺激です。

そのくらいの刺激を与えることで初めて、脳に刺激情報が届き、脳から「その筋肉をゆるめて、血流をよくせよ」という指令が出ます。これによって腸腰筋がゆるむのです。

患者さんの中には、「たった1回のおなかもみで腰痛が治った」と言う人もいますが、できるだけ1~2週間程度、継続して行うほうが効果的です。

もちろん、おなかもみをすれば、すべての慢性腰痛が治るというわけではありません。腰痛を引き起こす姿勢の悪さを正したり、運動不足を解消したりといった日常生活が重要であることは、言うまでもありません。

おなかもみは、実際に腰痛があるときでも有効ですが、腰に腫れがあったり、熱を持っている場合は控えてください。

「おなかもみ」のやり方

床にあおむけになる。足は肩幅に開き、ひざは90度に曲げて立てる。

手は、親指を除く4本の指を軽く揃え、腸骨(骨盤の出っ張った部分)のへりに、引っ掛けるように置く。親指は背中側に置く。

親指を固定し、残りの4本の指で、左右の腸骨をそれぞれ外側に広げるように、グッと力を入れる。できるだけ、腸骨の内側にゆびを入れるようにする。

指に力を入れたまま、腸骨のへりに沿って、上下に5回動かす。正しい位置を刺激すると、股関節からビキニラインにかけて、ツーンと響くような「イタ気持ちいいい」感覚がある。

※①〜④までを1セットとして、1日3セット行う。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt