MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【即効】腰痛は

【即効】腰痛は "お腹のマッサージ" で治る おなかの奥の腸腰筋を揉むと良い

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)

解説者のプロフィール

岩間良充
青森県生まれ。赤門鍼灸柔整専門学校卒業。器具を使わずに自らの手で行う手技療法を得意とし、これまで延べ20万人以上の患者を治療。鍼灸整骨院ホスピスト院長・柔道整復師・ケアマネジャー。

なぜ腰が痛いのにおなかをもむのか

 「いろいろな治療や体操をやっても腰痛が改善しない」
「腰や背中にアプローチする施術を試したが、変化がない」
「私の腰痛はもう治らないとあきらめている」

 いわゆる慢性腰痛で悩んでいる人のほとんどは、ここに挙げたような感想をお持ちだと思います。こうした人たちに大きな成果を上げている、私が考案した手法があります。
 それが、「おなかもみ」です。

 おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していきます。
 こう言うと、「痛いのは腰(体の背面)なのに、なぜおなか(前面)をもむのか」という疑問を持たれる人がいます。
 その理由を説明しましょう。

 そもそも慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。
 加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。
 注目すべきは、姿勢が悪い状態が続いたときに大きな負担のかかる、腸腰筋です。

 腸腰筋とは、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という、三つの筋肉の総称です。背骨の真ん中辺りを起点として体の前面へと伸び、腰椎(背骨の腰の部分)と骨盤、大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。
 腸腰筋の役割の一つが、骨盤を正しい位置に保つことですが、悪い姿勢を続けると、腸腰筋は、「伸びながらも収縮した」不自然な状態が続きます。筋肉のこの状態を、専門用語で「伸長収縮」といいます。

 伸長収縮が長く続くと、その筋肉は拘縮(縮こまってこわばること)します。実は、これこそが慢性腰痛の原因の一つなのです。
 腰痛の真原因「腸腰筋の拘縮=こり」を、背面からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊
柱起立筋がじゃまになります。そこでどうするかというと、腸腰筋を、おなか側からほぐすのです。
 慢性腰痛の患者さんに、腰や背中にアプローチする施術を行ってもなかなか改善しないのは、そのような理由があったのです。

 それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。

触れることのできるインナーマッスル

 おなかもみは、あおむけになり、左右の腸骨(骨盤の左右上部を占める扁平な骨)に両手の指をそれぞれかけ、骨盤の内側に向かって指を押し込んでいく、という方法を取ります。
 このとき、指で触れることができるのが、腸腰筋の一部(腸骨筋)です。
 別名インナーマッスルとも、深腹筋とも呼ばれる腸腰筋は、体の奥深くにあることで知られていますが、自分で触れることのできる、数少ないインナーマッスルの一つです。

 腸腰筋の一部に一定の刺激を加えることで、腸腰筋全体をゆるめることができます。
「イタ気持ちいい」と感じられるくらいの強さがポイントです。言い換えれば、「ツンと痛みのある」刺激です。そのくらいの刺激を与えることで初めて、脳に刺激情報が届き、脳から「その筋肉をゆるめて、血流をよくせよ」という指令が出ます。これによって腸腰筋がゆるむのです。
 患者さんの中には、「たった1回のおなかもみで腰痛が治った」と言う人もいますが、できるだけ1~2週間程度、継続して行うほうが効果的です。

 もちろん、おなかもみをすれば、すべての慢性腰痛が治るというわけではありません。
 腰痛を引き起こす姿勢の悪さを正したり、運動不足を解消したりといった日常生活が重要であることは、言うまでもありません。
 おなかもみは、実際に腰痛があるときでも有効ですが、腰に腫れがあったり、熱を持っている場合は控えてください。

「おなかもみ」のやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-11-11 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt