MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【肩こりのツボ】は肩甲骨の内側にある「腕振り」で肩甲骨をほぐし肩こり解消

【肩こりのツボ】は肩甲骨の内側にある「腕振り」で肩甲骨をほぐし肩こり解消

肩甲骨の内側には「膏肓(こうこう)」というツボがあります。膏肓は、薬も鍼も届かないほど深いところにあるツボとされ「治療の施しようがない」という意味の慣用句「病(やまい)膏肓に入る」にも使われています。このツボをほぐすことができるのが、究極の健康法「腕振り」なのです。【解説】北濱みどり(国際中医師A級・社会福祉士)

中国に古くから伝わる究極の健康法

 日本人の多くが悩んでいる腰痛、肩こり、ひざ痛などの症状を改善するポイントは、ズバリ「肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)を動かすこと」です。

 私は長年、医薬品業界に勤め、西洋医学、東洋医学、構造医学などを学んできました。2003年には、中国政府認可国際中医師A級ライセンスを取得しました。

 中医学とは、数千年の歴史がある中国の伝統医学で、人間が持っている自然治癒力を高めることで治癒に導くものです。漢方薬、鍼灸、気功なども中医学に含まれます。
 この中医学の世界では、2000年以上も昔から、「肩甲骨をほぐすと健康になる」と伝えられてきているのです。

 ではなぜ、肩甲骨をほぐすと体によいのでしょうか。
 左右それぞれの肩甲骨の内側、心臓の裏側に当たる部分には、膏肓というツボがあります。膏肓は、薬も鍼も届かないほど深いところにあるツボとされ、「治療の施しようがない」という意味の慣用句、「病膏肓に入る」にも使われているほどです。

 この大変難しいツボである膏肓をほぐすことができるのが、2000年以上前から伝わる究極の健康法、「腕振り」なのです。
 腕を振って肩甲骨を動かすことで、膏肓がほぐれ、背中や肩、首のこわばりが取れます。同時に、肩甲骨の周りにある大きな筋肉「僧帽筋」もほぐれて全身の血流がよくなり、免疫力(病気に対する抵抗力)のアップにつながります。
 こうした作用により、さまざまな症状が改善すると考えられています。

 私が中医学を学ぶ中で、初めて腕振りと出合ったとき、本当に腕を振るだけでつらい症状が取れるのか、にわかには信じられませんでした。
 しかし、腕を振れば膏肓が刺激されることは理解できたので、自分自身で試してみることにしました。実は、10代のころにスポーツで傷めた右肩の古傷が、30代になってから激しく痛むようになっていたのです。
 効果はてきめん。「こんなに簡単なことで?」と驚くくらい、長年苦しんでいた肩こりや肩の痛みがどんどん改善していき、バレーボールやソフトボールなどのスポーツをまた楽しめるようになったのです。

 ところで私は、「自分の体は自分で守る」を合い言葉に、「バランス健康法」という健康法を提唱しています。
 これは、自分の体を知り、心と体のバランス、骨と筋肉のバランス、重力バランス、気・血・水(体の中でのエネルギー、血液、体液の巡り)のバランスなど、さまざまなバランスを改善して、私たち一人一人が持つ「自分で治る力」を引き出そうというものです。

 国際中医師A級ライセンスを取得後は、「バランス経絡体操」と名付けた体操教室を立ち上げ、腕振りをはじめとする、さまざまな体操の指導を始めました。
 その教室の生徒さんからは、個人差はありますが、腰やひざ、首の痛みが改善しただけでなく、「高かった血圧が下がり安定した」「骨密度がアップした」「5㎏やせた」「バストがBカップからDカップになった」「O脚が改善した」といった、うれしい報告がたくさん届いています。

目安は3分で200回。無理のない範囲で行う

 最近、「未病」という言葉を見聞きすることが珍しくなくなってきました。未病とは、「はっきりとした病気ではないが、まったくの健康でもなく、放置すると病気になるだろうと予測される状態」のこと。ストレスの多い現代社会では、未病と考えられるさまざまな不調を訴える人が増えています。

 こうした未病にも、腕振りは有効です。しかも、「足を骨盤幅に開いてバランスよく立ち、両腕を同時に振る」というシンプルさ。骨盤幅とは、具体的には、両ひざの間を握りこぶし1個分開けて立つことです。いつでもどこでも手軽にできて、お金もかかりません。

 私の教室では、3分間で約200回を1セットとして、1日3セット行うことを推奨していますが、まずは1日1分でも構いません。無理せず、できる範囲で行い、徐々に回数を増やしていくことをお勧めします。
 もっとがんばれる人は、1日5セット(約1000回)以上振ると、さまざまな症状の改善により効果が期待できます。

 受講者の中には、赤信号を待っている間や、食事の支度の合間など、ちょっとしたすき間時間に腕振りを習慣付けて、毎日続けている人もいます。
 私自身が、腕振りで、長年苦しんできた肩こりや肩の痛みから解き放たれました。1人でも多くの人が、私と同様に、痛みやつらさから解放されるよう願ってやみません。

腕振りのやり方

解説者のプロフィール

北濱みどり
グリーン健康会代表・社会福祉士。国際中医師A級ライセンス取得。著書に『1日3分「腕振り」で肩こり・腰痛がとれる!』(KADOKAWA)がある。

●グリーン健康会
http://www.green-kenko.com/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)
更新: 2019-05-02 18:00:00
腰痛の原因はよくわかりませんが、年齢とともに筋力が落ちてきて前傾姿勢になってきたことと関係あるように思います。腰痛が解消したのは、姿勢がよくなったのが大きいと思います。前かがみでネコ背だったときには、おなかが出ていたのですが、背すじが伸びたらおなかもへこみました。【体験談】蓮池洋子(セラピスト・58歳)
更新: 2018-09-12 18:00:00
私がバイク事故に遭ったのは、今から1年半ほど前のことです。突然飛び出してきた車を避けようとして横転し、そのときに左足を強打しました。病院ですぐに診てもらったところ、左足首の骨挫傷とのこと。痛みがひどく、くるぶしがわからなくなるほど患部が紫色に腫れ上がっていました。【体験談】一瀬尚哉(33歳・会社員)
更新: 2018-09-10 16:47:38
腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)
更新: 2018-09-01 18:29:04
腰痛をくり返す人は、鎮痛剤や湿布が欠かせないと思っていませんか。しかし、薬に頼っていても慢性腰痛はよくなりません。では、どうしたら改善するのか?それは、ほんの少しの意識を持ち、簡単な体操「血流グッド体操」を行うだけでよいのです。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)
更新: 2018-09-01 17:44:05
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt