「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


肩こりや耳鳴りも引き起こす

 腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

 長年、偏ったかみ方を続けていると、常にかむ歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。すると、その差に応じて、頭の位置が傾きます。

 頭が傾けば、バランスを取るために、首や肩の筋肉が異常に緊張します。この状態が長く続けば、背中や腰、ひざなどの骨もゆがみ、全身の不調を招くと考えられるのです。

 さらに、物をかむさいに使う咀嚼関連筋肉は、左右バランスよく使うことで、頭部の血流を円滑に保つしくみになっています。ですから、偏った使い方が習慣化すると、目や耳、鼻、脳などにも不調が起こりやすくなるのです。

 このようなかみ合わせが原因で起こる不調を、「咬合関連症」といいます。整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない腰痛は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。
 かみ合わせの状態は、聴力検査で調べることができます。

 私がかみ合わせと聴力の関係に気付いたのは、30年ほど前、ある高齢の患者さんの治療がきっかけでした。
 その患者さんは、顎関節症と併せて、腰痛や肩こり、耳鳴り、難聴など、全身の症状を訴えていました。それが、歯科治療によって、前後左右バランスよくかめるようになると改善したのです。このとき、聴力も回復しました。

 その後、東北大学や東京歯科大学との共同研究で、さまざまなことがわかってきました。現在は、その人の左右の聴力を調べることで、どの歯をよく使っているのか・いないのかを、おおよそ判定できるまでになっています。
 腰痛の場合は、片かみのクセがある人、奥歯でかめない人が多いようです。

 日本人は、右手で持ったはしで食べ物を口に入れるため、左側の歯でかみがちです。この左側の片かみが習慣化すると、左側の歯がすり減り、頭が左へ傾きます。すると、傾いた頭を支えるために、右側の首や肩の筋肉が異常に緊張します。
 この状態が長く続くと、上体のバランスを取るために、腰の左側に負担がかかります。腰の左右どちらか一方が強く痛むという人は、片かみのクセがついているのかもしれません。

 腰痛は、奥歯を抜いたままにしている人にもよく見られます。
 若い人は、よくかむ=奥歯を使う、と考える人が多いようです。このような人は、40歳くらいになると奥歯がすり減り、頭の重心が後ろへ傾きます。これが原因で、首の痛みや四十肩が生じることもあります。

 さらに、奥歯でのかみグセは、奥歯への荷重負担となり、奥歯周辺に炎症や歯周病が生じやすくなります。
 奥歯に炎症などが生じると、今度は奥歯でかめなくなります。すると、歯の前側がすり減るため、頭の重心が前へ傾きます。その結果、上体のバランスを取ろうとして、腰に負担がかかるのです。

 50歳以降でギックリ腰を起こしたり、腰痛がひどくなったりした人、首や肩にも不調があるという人は、奥歯を使えていないのかもしれません。

その場で腰の痛みが軽減する例も多い

 腰痛をはじめとする咬合関連症の予防・改善のためには、前後左右の歯をまんべんなく使う習慣を付ける必要があります。

 当院では、かみ合わせ治療と合わせて、自宅でのティッシュかみを患者さんに勧めています。軽い咬合関連症であれば、このトレーニングだけでも改善するでしょう。

 トレーニングは、朝、起床してすぐと、毎食後の1日4回行ってください。やり過ぎは、かえって歯に負担をかけます。食事は前後・左右の歯をまんべんなく使うように意識しましょう。併せてムシ歯や歯周病、かみ合わせの治療を行うと、効果はより出やすいはずです。

 トレーニングを行うと、首や肩、腰の筋肉の緊張が取れるため、その場で腰の痛みが軽減する場合も少なくありません。

 現在94歳のある女性は、5年ほど前に「口が開かない」と訴えて来院されました。
 彼女はひどい腰痛で、このときは車イスを使用していました。ひどい頭痛や肩こりもあったのです。残った歯と合わせて、口全体を使えるよい入れ歯を作ったところ、入れ歯を入れたその場で、腰の痛みが消えました。そしてこの日は、自分で歩いて帰宅したのです。頭痛や肩こりも改善しました。

 4年後、彼女はその入れ歯を紛失してしまいました。すると腰痛が再発し、歩行時に杖を使用するようになったのです。当院で再度入れ歯を作ったところ、腰痛は消え、杖を使わずに済むようになったそうです。

 長年腰痛で悩んでいる人は、一度、かみ合わせを見直してみてはいかがでしょうか。

長坂 斉
長坂歯科院長・日本全身咬合学会指導医・認定医・聴力部会運営委員。「かみ合わせと全身の健康」をテーマに活動する。著著に『歯のかみ合わせ力』(アートダイジェスト)。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

耳鳴り、めまい、逆流性食道炎に効果的な対策―口を10秒だけ開けること

頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


10年以上悩まされた耳鳴りが治った鍼灸師、心掛けたあることとは?

10年以上悩まされた耳鳴りが治った鍼灸師、心掛けたあることとは?

耳鳴りの患者さんには、首や肩に、異常なほど頑固なコリが見られます。これを鍼灸で治療すると、症状がある程度まで改善します。それに加えて、食事の内容を見直すと、さらに治療効果がアップするのです。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

【医師考案】自律神経の乱れを整え不定愁訴に効く「湿布療法」は即効性あり

ストレスなどで、自律神経のバランスがくずれると、めまい、肩こり、頭痛、不整脈、過敏性大腸炎、パニック障害、うつ病など、さまざまな症状・病気が起こります。長年この病気と向き合ってきて、自律神経疾患の患者さんに必ず強いこりがあることに気づきました。私が考案したシップ療法をご紹介しましょう。【解説】安田 譲(安田医院院長)


最新の投稿


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング