坐骨神経痛の症状が改善!腰痛が軽くなった!「AKAー博田法」とは

坐骨神経痛の症状が改善!腰痛が軽くなった!「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木健(医学ジャーナリスト)


【解説記事】原因不明の腰痛や坐骨神経痛を治す「AKAー博田法」

椎間板ヘルニアの手術を受けたが……

「AKAー博田法」は、これまで注目されていなかった仙腸関節に腰痛の原因がある、ととらえた画期的な治療法です。
 今回、そのAKAー博田法の指導医で、日本AKA医学会理事長の片田重彦先生を尋ね、実際にAKAー博田法の治療を体験してきました。

 まず最初に、私の腰痛歴をお話ししましょう。
 学生時代に競技スキーをやっていましたが、それほど上手ではない私は、練習や大会でよく転んでいました。それが影響したのでしょうか、20代から常に腰の重だるさを感じるようになったのです。ギックリ腰をくり返すようになり、腰の痛み方が、鈍痛から、ピリピリとした痛みに変わってきました。

 そこで、きちんと検査をしたところ、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)による坐骨神経痛と診断され、「早く痛みから逃れたい」との思いから手術を受けました。35歳のころです。  
 手術後は、ピリピリした痛みはなくなりましたが、相変わらず鈍痛は続きました。このまま、うまくつきあっていくしかない、とどうにかだましだまし過ごしてきたのです。

 ところが3年ほど前から、「ピリピリ」が再発したのです。同時に、道の平坦なところでも10分、上り坂では、ものの1分も歩くと、お尻や太ももの裏側やふくらはぎが張ってきます。その場で立ち止まったり、どこかに腰掛けたりしなければ、歩けなくなったのです。
 しかし、我慢できない痛みではありません。休み休みなら歩けるので、今は、外出時は早めに家を出るようにしています。

 以上が、私の30年に及ぶ腰痛歴と現在の状態です。
 片田先生にも、発症時期や痛みの程度、症状の出方などを話し、診察が始まりました。

 まず、立った状態で前屈、後屈、側屈をして、痛みが出る位置を見てもらいます。前屈ではどこまで曲げられるか、側屈では動きの左右差も診断の目安になります。それが終わると、ベッドにあおむけになり、股関節の異変がないか、左右の足上げテスト(SLR)、屈曲テストを行います。
 私の場合、足上げテストの途中で、お尻の横側が張るのを感じました。左側に比べ右側の仙腸関節の動きが悪く、関節に「あそび」がなくなっていると診断されたのです。

30年ぶりに腰が軽くなった!

 治療はまず、体の右側を上にして、ベッドに横になります。すると先生が、私の腸骨と仙骨に手を触れ、指で、上下左右に「ぐーっ」と押して動かします。その動かし方は非常に微小ですが、治療を受けている私には、はっきりと骨(関節)が動くのがわかりました。

 とても不思議な感覚でしたが、痛みはまったくなく、むしろ心地よい解放感のようなものがありました。
 今度は体を反転して、左側の治療を行います。そしてもう一度、右側を治療して終了。治療後は、改善の度合いを調べるテストを行いました。ここまでで5~6分でしょうか。

 治療直後に感じたのは、まず「立ちやすさ」です。腰の痛みのため、足に体重がうまく乗らない日々でしたが、足の裏全体で地面を踏みしめる感覚が戻ったのです。痛みも和らいでいることを感じました。

 3日後、外出をしてみたところ、平坦な道では休まずに歩けるまでに改善しました。いつもは、4回は休憩を挟まなければ上れなかった坂も、1回の休憩で上れるようになっています。
 現在は、30年ぶりに腰の軽さを感じているところです。これからも定期的に片田先生の病院に通い、治療を受けようと思っています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

私は40歳から農業を始めました。それまで力仕事の経験があまりなく、体には負担がかかっていたのでしょう。しだいに痛みが出始め、深刻な腰痛に悩まされるようになったのです。朝は目が覚めても、腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができませんでしたが、「ほのまき体操」で改善しました。【体験談】宮澤杉郎(自営業・65歳) 


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング