【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

【医師解説】便秘はIQもEQも低くする?6万人の大腸を見てわかったこと

健康な大腸の持ち主は、肌や髪など外見も色つやがよく、実際の年齢より若々しい印象を与えます。ところが、腸壁に炎症が起こると、実際の年齢より老けた外見をして、加齢臭や口臭を発していることが多いものです。【解説】村田博司(赤坂胃腸クリニック院長)


大腸の色・形・長さは人によって千差万別

 私は、これまでに6万人以上の大腸を内視鏡で診てきました。
 多くの大腸を診てわかったのは、顔と同様に、大腸にも人それぞれの特徴があり、大腸粘膜の健康度がその人の外見と比例するということです。
 健康な大腸の粘膜は、通常、ピンク色がかった肌色をしており、血管がうっすらと透けて見えています。
 健康な大腸の持ち主は、肌や髪など外見も色つやがよく、実際の年齢より若々しい印象を与えます。
 ところが、腸壁に炎症が起こると、粘膜の色が濁ってしまい、血管が見えなくなります。また、大腸の血流が悪い場合は、粘膜の赤みがなくなり、白っぽくなります。
 このような大腸の人は、実際の年齢より老けた外見をして、加齢臭や口臭を発していることが多いものです。
 また、長さにも個人差があります。日本人の大腸の平均的な長さは、1・5mより少し長い程度ですが、なかには、2m近い人もいます。
 そもそも、大腸の形状は人種によっても異なります。欧米人の大腸は平均1・2mで、日本人は欧米人に比べて長い大腸を持っています。また、欧米人の大腸は太く、腸壁が硬いのに対し、日本人の大腸は細く、弾力性に富んでいます。
 私は欧米人の大腸も、日本人の大腸も、数多く内視鏡で診てきました。日本人は、欧米人より大腸が細いうえ、曲がりくねって、内視鏡を挿入するのに苦労することが多いものです。

便が長くたまると大腸にくぼみができる

 戦後、日本人の食生活は大きく変わり、肉食の占める割合が高まりました。しかし、それに伴って、先祖代々受け継いできた大腸の特徴まですぐに変化したわけではありません。
 日本人の大腸が不得手な食生活になったことで、現代では大腸のトラブルに悩む人が増えています。
 その1つが便秘です。
 特に女性は、男性よりも腹筋が弱いため、便を押し出す力が弱く、便秘になりやすい傾向があります。
 女性の場合、平日に学校や職場でトイレに行くのを避けて、便意を我慢して過ごし、休日に下剤で一気に便を出す人もいるようです。
 大腸に便が長くとどまると、ガスが発生します。ガスがたまって大腸がパンパンに張ってきて、粘膜の弱い部分に圧力がかかって腸壁の一部が外側に飛び出します。こうして、大腸内にボコボコとくぼみができる「大腸憩室症」という病気になるおそれもあります。
 くぼみに便がたまって炎症が起こると、歩くときにズンズンとした痛みや、出血して血便が出ることもあります。さらに、炎症が悪化したら、くぼみの部分に穴が空く危険もあります。
 時間がない、恥ずかしいからといって、便を出さないでいると、大腸に思わぬ病変が起きてしまいます。便を定期的に出すのは、とても大事なことなのです。

便を出すタイミングを逃すべからず!

 大腸の健康を守るために、私がまずお勧めしたいのは「就寝時に胃の中を空にする」ことです。空腹時の胃に食べ物が入ると、その刺激により、約15〜30分後には腸の運動が活発になるからです。
 理想的には、夕食の時間を早めて、寝る直前には胃の中を空っぽにし、起床後に朝食をしっかりとること。朝食後の15〜30分間は、夜、寝ている間に作られた便が出てくる「便のゴールデンタイム」です。このときにきちんと排便する習慣をつけることが、便秘予防の最大のポイントです。
 近年の研究では、便秘などで腸の働きが悪くなると、脳の働きも悪化し、心にも悪影響を与えることがわかってきました。「便秘をするとIQもEQも低くなる」という説を唱えている研究者もいます。IQが低くなるというのは、頭が悪くなるということで、心の知能指数であるEQが低くなるというのは、感情のコントロールができず、性格が悪くなるということです。

村田博司(むらたひろし)
1956年、山口県生まれ。84年、熊本大学医学部卒業。86年に大腸内視鏡の世界第一人者である新谷弘実教授のもとで研修。熊本大学医学部助教授、半蔵門胃腸クリニック院長を経て、99年より現職。著書に『予約が取れない医者が教える腸の病気で死なない6つの条件』(角川学芸出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


美肌 大腸憩室症 便秘

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)