医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

お腹にガスが溜まる【ガスだまり腹痛】お腹が張る苦しさに「ガス抜きポーズ」

お腹にガスが溜まる【ガスだまり腹痛】お腹が張る苦しさに「ガス抜きポーズ」

女性に起こりやすいのが「ガス溜まり」です。腸内ガスは、それ自体が悪さをするわけではありません。問題は、溜まったガスが不快感を引き起こすことです。おなかが張る、痛む、おならがたくさん出るといった悩みに、簡単な解消法(ガス抜きポーズ)を紹介しましょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院総合診療科教授)


解説者のプロフィール

瓜田純久(うりたよしひさ)
1985年、東邦大学医学部卒業。日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本超音波学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器病学会認定医、日本消化管学会胃腸科指導医、日本病院総合診療医学会認定医などとして活躍。テレビ番組の医療コメンテーターとしても、わかりやすい語り口で人気。監訳書に『Dr.アップルの早期発見の手引き診断事典』(マイケル・アップルほか著、産調出版)などがある。

便秘のときは炭水化物と水分をしっかり摂る

 排便は、不要な老廃物や有害な物質を体の外に出す働きがあり、腸がじゅうぶんな免疫機能を発揮するためにもたいせつな作用です。便秘は、その働きが低下している状態ですから、さまざまな弊害を招きます。

 便秘は、特に女性に多いという傾向があります。その原因としてはまず、男性より筋力が弱いこと。そして、排卵から月経までの半月間、ホルモンの影響で腸の内容物を先に送る「蠕動運動」が弱まることが挙げられます。

 ほかにも運動不足や、食事、水分の摂取量の不足など、さまざまな理由が便秘を招きます。

 最近の女性は平均体重の減少が目立ちますが、それは食べる量が減っているからです。しっかり食べていなければ、当然、出るものは少なくなり、便秘の原因にもなります。

 特に、若い女性の生理不順を伴う便秘は、栄養不足の証拠で、不妊にもつながりますから要注意です。

 消化器専門医の私は、胃腸の健康の目安は、しっかり食べて太れることだと考えています。食物繊維がお通じによいからと、野菜サラダばかり食べていても便通はよくなりません。また、便秘をしている真っ最中は、消化しにくい食物繊維は控えたほうがいいでしょう。消化しやすい炭水化物と水分を、しっかり摂ってほしいと思います。

ガスだまりの原因を防ぐには「うつぶせ姿勢」が良い

 便秘とともに起こりやすいのが、いわゆる「ガスだまり」です。これも、便秘と同様の理由で起こり、便秘を伴う場合が少なくありません。

 腸内ガスがたまっても、便とは違って、それ自体が悪さをするわけではありません。問題は、たまったガスが不快感を引き起こすことです。たびたび腸内のガスの量が増えて、おなかが張る、痛む、おならが出やすいといった悩みを抱える女性は多いと思います。

 このようなガスだまりを防ぐ方法として、私がお勧めしているのが、1日1回、うつぶせになることです。その際、おなかの下に枕を入れて圧迫するとより効果的です。

 なぜうつぶせになるのがよいかというと、ガスは軽いので、消化管の中でも、上に上がってくる性質があるからです。立ち姿勢や、座り姿勢ばかりで過ごしていると、なかなか下に降りてくれないのです。

 ガスがたまりやすいところは、腸管のくねりが大きく、階段の踊り場のようになっているところです。しかも日本人は、長年の野菜中心の食生活から大腸が長く、形も個性豊かです。ガスがたまりやすい腸相をしているとも言えるでしょう。

 余談ですが、大腸ガン健診では、最近、内視鏡が主流ですが、Ⅹ線検査の一種であるバリウム注腸検査だと、腸全体の形と動きを見ることができます。その姿を見れば、その人の腸の「顔つき」と、ガスの停滞しやすいところがわかります。

ガス抜きポーズ「うつぶせゴロゴロ」 のやり方

 うつぶせに寝るだけでなく、体を左右に揺らしてやると、腸の踊り場のガスの排泄が促されます。その方法が「うつぶせゴロゴロ」です。

 うつぶせゴロゴロのやり方は下のイラストのとおりで、10分ほどうつぶせの姿勢を保った後、左右にゴロゴロ寝転がる運動を5回以上行います。ゴロゴロする際には、おなかや腰だけを動かすのではなく、肩も使って全身で左右に転がるのがコツです。

 そうして腸を揺さぶってやると、おならという形で、滞っていたガスが排泄されます。

 ガスの排泄を促すには走るのがいちばんですが、逆立ちしても、前転しても効果があります。しかし、誰でも、いつでもできるのがうつぶせゴロゴロのよいところです。いつやってもかまいませんが、特に夜寝る前に行うと効果的です。

オナラが異常に臭くなる理由

 また、便秘を治すには、夜寝ている間など、なにも食べない時間帯を1日8時間以上作ると有効です。

 健康な腸では、90分に1回ぐらい大きな蠕動運動があって、便が先のほうへ送られていきます。おなかがすくとグーグー鳴るのは、この蠕動運動が起こっているからで、健康な証拠です。しかし、この運動は、食事や間食をすると止まってしまうので、腸の働きをよくするには、胃を休めるといいのです。

 ところで、便秘をすると腸内のガスが増えたり、おならのにおいがきつくなったりします。これは、いわゆる悪玉菌が、たまった便を分解し、ガスの発生を増やしているからです。

 しかし、ガスについて考えると、ことはそう単純ではありません。一般に善玉菌は体によい物質を作り、悪玉菌は有害な物質を作ると思われていますが、悪玉菌は体によいガスも作っているのです。

 腸内の水素ガスは、余分な活性酸素を中和して、臓器の障害を防いでいる可能性が指摘されています。善玉菌も悪玉菌もこの水素ガスを作っていますが、より多く作っているのはむしろ悪玉菌のほうで、そうなると明確な善悪の違いはありません。

 善玉菌と悪玉菌のバランスがポイントであり、悪玉菌の存在自体が必ずしも悪ではないのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


おなら ガス 便秘

関連する投稿


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

高齢になるにつれ、腸の動きは衰えます。腹痛や便秘だけにとどまらず、腸の機能の低下は免疫力も落とし、それが体全体への悪影響となって現れます。末永く健康を維持するためにも、腸もみをうまく活用するといいでしょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長総合診療科教授)


【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

【干しブドウ酢】は2型糖尿病の血糖値を下げる!効能と摂取量の目安

いろいろな果物で作られるドライフルーツですが、なかでも手軽に食べられるのが干しブドウでしょう。それを酢に漬けた「干しブドウ酢」は、ほどよい酸味が加わっておいしくなるうえ、さまざまな健康効果が期待できます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)