医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は「逆立ち体操」で解消

【大腸下垂】は下腹ぽっこりの原因 お腹が張る ガス腹は「逆立ち体操」で解消

「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 


解説者のプロフィール

金子実里(かねこみさと)
1956年、東京都生まれ。85年、帝京大学医学部卒業後、東京慈恵会医科大学麻酔科を経て、88年より現職。

構造的に大腸は垂れ下がりやすい

 「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。

 大腸下垂とは、大腸が本来の位置からかなり下がっていることです。運動不足や加齢によって腹筋力が衰えると、重力に負けて、大腸の位置が下がってしまうのです。

 大腸は、直径が5〜7㎝、長さが1・5〜2mの長い管です。図のように、大腸は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に区分けされます。横行結腸とS状結腸は腸間膜という膜でつるされ、おなかの中でぶら下がっています。こうした構造のため、横行結腸が垂れ下がることがあるのです。

 大腸を外側から押さえて支えているのが、腹筋です。女性は、男性と比べてもともと筋力が弱いので、大腸下垂になりやすいと言えます。大腸下垂になると、便やガスなどの内容物が大腸に滞ります。そのため、便秘やガス腹が引き起こされ、下腹がポッコリと出てしまいます。

逆立ちをすると大腸が元に戻る

 大腸下垂を防ぐには、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。

 私がお勧めするのは、雑巾がけです。腕を肩よりも高く上げて窓を拭いたり、足腰の筋肉を使って床を拭いたりすると、腹筋だけでなく、加齢とともに衰えやすい筋肉を使います。また、部屋が美しくなるという達成感も得られるので、長く続けられるでしょう。

 大腸下垂による便秘やガス腹の解消には、10秒間の逆立ちが効果的です。逆立ちと言っても、両手だけで体を支えるポーズを取る必要はなく、壁などを使って足を高くするだけでかまいません。

 こうすると、垂れ下がっていた大腸が元の位置に戻り刺激となって、便とガスが出やすくなります。また、下半身の血液・リンパの滞りも解消されるので、冷えやむくみも消えるでしょう。

 頭と手で体を支える3点倒立を、私はときどき行いますが、やった後は体がスッキリします。軽い頭痛でしたら、治ってしまいます。

大腸下垂を改善するエクササイズ

食事も生活も1つだけに偏らないことが大事

 大腸にガスがたまると、おなかの張りだけでなく、背中やわき腹に差し込むような痛みが生じることがあります。ガスが周囲の器官を圧迫するためです。

 こうした症状を早く解消させるには、おなかやおしりを温めることが効果的です。カイロや湯たんぽ、電気あんかなどを利用しましょう。お湯を入れたペットボトルでもいいのですが、やけどに注意してください。

 大腸は温めることで、動きが活発になります。そして、ガスが移動し、周囲の器官への圧迫が解消して、痛みも消えます。

 ガス腹によく悩まされる人は、1回の食事量を少なめにし、回数を増やすといいでしょう。例えば、これまで1日3回食べていた量を、5回に分けて食べるのです。

 繊維質の多いものも、かえってガスを停滞させます。やせたいからと、油脂類をほとんど口にせず、サラダなどで一度に大量の食物繊維をとる人に、便秘やガス腹が多く見られます。

 必要な油分はとりましょう。油脂類は、便の滑りをよくして排便しやすくするために必要だからです。また、腸内に大量の食物繊維が入ってくると、中で停滞してガスが発生するのです。食物繊維をはじめ「腸に効く食品」にはいろいろなものがありますが、「これさえとればいい」と1種類に偏るのは避けてください。

 同様に、座って行う仕事ばかりやるのではなく、ときどき雑巾がけや逆立ちを取り入れるようにしましょう。運動不足とストレスの解消につながります。

 食事も日常生活も、1つだけに偏らずまんべんなく行うことが、大腸の健康を保つために、なによりも大事です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

ヨガでは「頭を使ったら、足を使いなさい」と言います。頭を使いすぎると、頭がうっ血するからです。「悩みやストレスで便秘になる」と言われますが、これはまさに、頭の使いすぎによるうっ血で、体の他の器官(腸)まで悪くなることの、わかりやすい例です。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

変化は早くも2日目に現れました。便通が1日に3回もあったのです。それまで自分が便秘という意識はありませんでした。同時に食欲が自然と収まり、ドカ食いをしなくなりました。意味なく食べないというか、おなかがぐうっと鳴るまで、食べなくても平気でいられるようになったのです。【体験談】大城さちこ(仮名・派遣社員・52歳)


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


最新の投稿


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)