【便秘を治す】コロコロ便 ねっとり便 べっとり便 ゆるい下痢便 あなたの便はどのタイプ?

【便秘を治す】コロコロ便 ねっとり便 べっとり便 ゆるい下痢便 あなたの便はどのタイプ?

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


便のタイプで便秘の解消法が違う

 皆さんは、ふだん、どのような便をしていますか? 便を大きく分けると、次の3つのタイプがあります。

❶コロコロタイプ・・・便の水分が少なくて硬い
❷ゆるゆるタイプ・・・便が軟らかくて形にならない
❸ねっとりタイプ・・・便がねっとりとして重い

 食物繊維をとる、冷たい水を飲むなど、一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の調子がよくならなかったり、たとえ便通はあってもスッキリしなかったりするものです。例えば、コロコロタイプの人は、冷たい水をたくさん飲むと、便秘がひどくなる場合があります。

 便は健康のバロメータと言います。インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」でも、便の出方を重視し、便秘は万病のもとと考えられてきました。

 腸は、便を形作って排泄する器官ですが、アーユルヴェーダでは、全身にたまった毒素を集めて体の外に出す働きがあるとも考えられています。

 私たちの体では、食べ物をとり、消化して、エネルギーとして使う過程で、毒素が生み出されています。便とともに排泄される毒素は、便秘が続くと、どんどんと体内にたまっていくことになるのです。

 その結果、頭や肩が痛くなったり、すぐに疲れたり、暗い考え方になったりしがちです。

 理想的なのは、毎朝、切れのよい便がスキッと出ること。形はバナナ状で、色が薄くてべたつかず、においもありません。そして、肛門の周囲が汚れず、おしりを拭く紙も少なくて済むので、環境に優しいエコな便です。

 今回は、便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。

便はその人の体質が大きく関係する

 便秘になりやすいかどうか、そして、どのような便が出やすいかは、その人が生まれ持った体質が大いに関係します。

❶コロコロタイプ
「1〜2週間、出ないことも珍しくない」というコロコロタイプの人は、体が乾燥しやすい傾向があります。アーユルヴェーダで言うところの「ヴァータ」体質です。生活が不規則になると、便秘になりがちです。

❷ゆるゆるタイプ
 ゆるゆるタイプの場合、どちらかというと下痢ぎみで、便が出た後に肛門がひりひりと痛くなることがよくあります。
 時間に追われて、勢いよくがつがつと食べると便通が乱れるこのタイプは、「ピッタ」体質とされています。

❸ねっとりタイプ
 ねっとりタイプは、便が出てもスッキリしません。爽快感がないうえ、便をした後でおしりを紙でごしごしと拭きたくなることもよくあります。甘い物や脂肪が多いこってりした物が好きではありませんか? 体が重くなる傾向がある「カパ」体質です。

便をスキッと出すと毎日が明るく楽しい

 こうした体質は、生まれつきのものなので、人生を通して本質的には変わりません。しかし、年齢や生活習慣、季節などで、違う体質の傾向が出てくることもあります。

 私たちの人生では、生まれてから25歳くらいまでは、カパが優勢で、体がみずみずしい時期です。25歳から50歳までの間はピッタが優勢で、行動力・知力にあふれ、エネルギッシュです。50歳以降はヴァータが優勢で、全身に乾燥感や軽さがもたらされます。

 生まれつきの体質や、年齢・季節による体質の変化を知っておくことは、便をスキッと出して、毎日を明るく、楽しく過ごすためにたいへん役立ちます。

 アーユルヴェーダは、5000年にわたって伝えられてきた、長い歴史を持つ自然医学です。私自身、胃痛や湿疹に悩まされていた30歳の頃にアーユルヴェーダの本と巡り合い、その生活術を実践しました。

 そして、体調が回復したばかりか、約80㎏あった体重が60㎏まで減り、便通も安定しました。すがすがしく起きることができて、朝いちばんに便がスキッと出て、気持ちにも余裕が生まれてきたのです。

蓮村 誠
1961年、神奈川県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業、医学博士。東京慈恵会医科大学病理学教室および神経病理研究室勤務の後、92年、オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ医師養成コースに参加。現在、診療に当たる傍ら全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載などマハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。『毒を出す食ためる食』(PHP文庫)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、下剤に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

私のクリニックの患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量の下剤(便秘薬)を服用している人もいます。そんな便秘の患者さんたちを診ていて痛感するのが、梅雨時に「冷え」を訴える人が多いということです。なかでも特に目立つのが「おなかの冷え」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

【糖尿病予防・改善】糖質制限レストランを開いた薬剤師が指南!お勧めの食べ物はチーズ

糖質制限でやせた経験を生かして、糖質オフ専門のレストランをオープンしました。糖質制限をしながら、おいしく食べられる料理をご提供しています。さて、糖尿病の予防・改善のため、あるいはダイエットのため、これから糖質制限を始めたいというかたにいくつかアドバイスをします。【解説】粂康晴(薬剤師・レストラン「カーボオフ」オーナー)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ランキング


>>総合人気ランキング