【便秘を治す】コロコロ便しか出ない ねっとり便 べっとり便 下痢便 あなたはどのタイプ?

【便秘を治す】コロコロ便しか出ない ねっとり便 べっとり便 下痢便 あなたはどのタイプ?

一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の不調を招き、たとえ便通があってもスッキリしなかったりします。便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。【解説】蓮村 誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長) 


便のタイプで便秘の解消法が違う

 皆さんは、ふだん、どのような便をしていますか? 便を大きく分けると、次の3つのタイプがあります。

❶コロコロタイプ・・・便の水分が少なくて硬い
❷ゆるゆるタイプ・・・便が軟らかくて形にならない
❸ねっとりタイプ・・・便がねっとりとして重い

 食物繊維をとる、冷たい水を飲むなど、一般に「便秘に効く」と言われている方法はたくさんあります。しかし、便のタイプに合わない方法を続けていれば、腸の調子がよくならなかったり、たとえ便通はあってもスッキリしなかったりするものです。例えば、コロコロタイプの人は、冷たい水をたくさん飲むと、便秘がひどくなる場合があります。

 便は健康のバロメータと言います。インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」でも、便の出方を重視し、便秘は万病のもとと考えられてきました。

 腸は、便を形作って排泄する器官ですが、アーユルヴェーダでは、全身にたまった毒素を集めて体の外に出す働きがあるとも考えられています。

 私たちの体では、食べ物をとり、消化して、エネルギーとして使う過程で、毒素が生み出されています。便とともに排泄される毒素は、便秘が続くと、どんどんと体内にたまっていくことになるのです。

 その結果、頭や肩が痛くなったり、すぐに疲れたり、暗い考え方になったりしがちです。

 理想的なのは、毎朝、切れのよい便がスキッと出ること。形はバナナ状で、色が薄くてべたつかず、においもありません。そして、肛門の周囲が汚れず、おしりを拭く紙も少なくて済むので、環境に優しいエコな便です。

 今回は、便のタイプ別に、腸の状態を改善して、気持ちよく便を出す方法を紹介しましょう。

便はその人の体質が大きく関係する

 便秘になりやすいかどうか、そして、どのような便が出やすいかは、その人が生まれ持った体質が大いに関係します。

❶コロコロタイプ
「1〜2週間、出ないことも珍しくない」というコロコロタイプの人は、体が乾燥しやすい傾向があります。アーユルヴェーダで言うところの「ヴァータ」体質です。生活が不規則になると、便秘になりがちです。

❷ゆるゆるタイプ
 ゆるゆるタイプの場合、どちらかというと下痢ぎみで、便が出た後に肛門がひりひりと痛くなることがよくあります。
 時間に追われて、勢いよくがつがつと食べると便通が乱れるこのタイプは、「ピッタ」体質とされています。

❸ねっとりタイプ
 ねっとりタイプは、便が出てもスッキリしません。爽快感がないうえ、便をした後でおしりを紙でごしごしと拭きたくなることもよくあります。甘い物や脂肪が多いこってりした物が好きではありませんか? 体が重くなる傾向がある「カパ」体質です。

便をスキッと出すと毎日が明るく楽しい

 こうした体質は、生まれつきのものなので、人生を通して本質的には変わりません。しかし、年齢や生活習慣、季節などで、違う体質の傾向が出てくることもあります。

 私たちの人生では、生まれてから25歳くらいまでは、カパが優勢で、体がみずみずしい時期です。25歳から50歳までの間はピッタが優勢で、行動力・知力にあふれ、エネルギッシュです。50歳以降はヴァータが優勢で、全身に乾燥感や軽さがもたらされます。

 生まれつきの体質や、年齢・季節による体質の変化を知っておくことは、便をスキッと出して、毎日を明るく、楽しく過ごすためにたいへん役立ちます。

 アーユルヴェーダは、5000年にわたって伝えられてきた、長い歴史を持つ自然医学です。私自身、胃痛や湿疹に悩まされていた30歳の頃にアーユルヴェーダの本と巡り合い、その生活術を実践しました。

 そして、体調が回復したばかりか、約80㎏あった体重が60㎏まで減り、便通も安定しました。すがすがしく起きることができて、朝いちばんに便がスキッと出て、気持ちにも余裕が生まれてきたのです。

蓮村 誠
1961年、神奈川県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業、医学博士。東京慈恵会医科大学病理学教室および神経病理研究室勤務の後、92年、オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ医師養成コースに参加。現在、診療に当たる傍ら全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載などマハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。『毒を出す食ためる食』(PHP文庫)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

頭のツボマッサージで解消!60代からのそわそわ落ち着かない・イライラ対策

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)