医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

実は便秘には【白湯】が一番!毒出しスパイスと合わせるとさらに効果大

水をよく沸騰させて作った「白湯」は、全身の毒素を浄化し、快適なお通じのための最高の飲み物です。3つの便のタイプ別に白湯とあわせて摂りたい、スーパーでも購入可能な「毒出し」スパイスをご紹介します。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


解説者のプロフィール

蓮村誠
1961年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。医学博士。オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。特定非営利活動法人ヴェーダ平和協会理事長。現在、診療に当たる傍ら、全国各地での講演活動、書籍執筆、テレビ出演、雑誌の連載など、マハリシ・アーユルヴェーダの普及に努める。著書は『ファンタスティック・アーユルヴェーダ』(知玄舎)、『ありのままの自分を磨く』(春秋社)、『50歳から毒を出す女ためる女』(PHP研究所)、『白湯毒出し健康法』(PHP文庫)など多数。

飲み始めたらすぐに頑固な便秘が治った

 水をよく沸騰させて作った白湯は、全身の毒素を浄化し、快適に便を出してくれる、最高の飲み物です。3つの便のタイプすべてにお勧めします。

 朝、起きて口をゆすいだ後にカップ1杯の白湯を飲み、食事中にはカップ1杯の白湯を少しずつ飲みます。食間にも白湯をすすります。1日合計800ml、カップ4杯程度を飲みましょう。

「頑固な便秘が、白湯を飲み始めたらすぐに治った」という報告もたくさん届いています。

 ただし、下痢をしているときには、熱い白湯を飲むのは避けましょう。熱さが胃腸を刺激して、下痢が悪化するケースがあるからです。40℃ぐらいに冷まし、ちょっと温かいと感じる白湯を飲んでください。

 次に、3つの便のタイプと症状に合わせたスパイスの使い方を説明します。

3つの便のタイプの詳細はこちら

コロコロ、ねっとり、ゆるゆる、タイプ別の便秘改善方法

 伝承医学「アーユルヴェーダ」が生まれたインドの代表的な料理と言えば、カレーです。使用するスパイスは、味や香りだけでなく、体に与える作用も異なります。
 ここでは、スーパーのスパイス売り場で買える、効果の高いスパイスを紹介します。


【コロコロタイプ・ねっとりタイプの便秘】
 クミン・コリアンダー・ジンジャーを混ぜた「毒出しスパイス」を使いましょう。私のクリニックの患者さんにもお勧めしています。
 クミン・コリアンダー・ジンジャーの粉末を、同量ずつ混ぜます。こうしてできた毒出しスパイスを、クミンなどが入っていた小瓶に入れて使うと便利です。小瓶の中ぶたに開いている小さな穴で、量を調節することができるからです。
 便秘のときは、食後、白湯に毒出しスパイスをサッサと軽く2振り入れて、かき混ぜてから飲むといいでしょう。

◎コロコロ度が高い便秘
 便が乾燥し、カチカチに硬くて出てこないときは、白湯に毒出しスパイスを軽く1振り、クミンを軽く1振り入れて、食後に飲みます。

◎ねっとり度が高い便秘
 便が重く、ベタベタして出てきにくいときは、白湯に毒出しスパイスを軽く1振り、ジンジャーを軽く1振り入れて、食後に飲みます。

◎便秘と下痢を繰り返す
 「ヴァータ」が乱れていると考えます。仕事や家事、人間関係で忙しくなって、生活が不規則になると、心身が不安定になり、便通が乱れてしまうのです。
 食事はゆっくりと楽しみ、食後に毒出しスパイスを軽く1振り、クミンを軽く1振り入れた白湯を、少しずつ飲みましょう。


【ゆるゆるタイプの便秘】
 小さじ1杯のフェンネルの種を、1ℓの水で10〜15分煮出して作るお茶がお勧めです。フェンネルのお茶は40℃ぐらいに冷ましてから飲み、水分を補給しましょう。

毒出しスパイスの作り方

できることからできる範囲で始めよう

 腸の健康を守るには、食事の量や時間、そして食べ方も重要です。

◎腸を整える食事の時間
 朝食は8時前後に、昼食は11〜13時の間に、夕食は18〜20時の間に取ります。
 規則正しく食事をとることで、消化のリズムが整います。

◎腸を整える食事の量
 消化力が最も強くなる昼に、最も多く食べるのが適しています。朝食・昼食・夕食の量は、1・3・2の割合が理想的です。

◎腸を整える食べ方
 テレビやスマートフォンなどを見ながら、食事していませんか? こうした状態で食事すると、消化力が低下してしまいます。必ず着席し、食事に集中して、よくかんで食べましょう。食べ物が消化されて、老廃物が排泄されやすくなります。

 できることから、できる範囲で実践してください。こうした食習慣で、本来の個性や体質が生きてきます。

 生まれ持った個性や体質に、優れている・劣っているという差はありません。本来の個性と体質を生かすことで、みんなが自然と楽しく、充実した人生を送れるのです。

 アーユルヴェーダでは、「生命の目的は、幸福の拡大」と考えます。年を取るほど、老化をしてみじめになるのではありません。年齢とともに成長をし続け、自分なりのゴールに近づいていきます。

 ある意味、便は、今まで送ってきた生活の結果だと言えます。便で自分を見直し、気持ちよく便が出る生活を送って、自分らしく成長する、幸せな人生を送ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)


トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

私の場合、腎臓が一つしか働いていないため、排尿の回数が1日3~4回しかありませんでした。ところが、オクラ水を飲み始めてからは、排尿回数が倍増しているのです。さらに、1回に出る尿の量も増えています。おかげで、トイレから出たあとは残尿感もなく、スッキリ爽快です。【体験談】田中美千子(健康管理士一般指導員・61歳)


猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)