MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)

白湯を飲み始めて便秘知らずに!

 私は企業の健康管理室で働く保健師です。社員のかたがたへの健康指導のほか、心身の悩み事の相談にも応じます。

 そうした中でよく見られるのが、いつも体調が優れないかたたちです。「病気の治療が終わって復職したのに具合が悪い」「通院していても改善しない」「原因はわからないけれどだるい」とお話しになるかたが後を絶ちません。いつしか「治療法が根本的に違うのかもしれない」と思うようになりました。

 こうして、いろいろな勉強会に参加しているうちに出会ったのが、蓮村誠先生でした。自然に歩み寄って暮らすインドの伝承医学、アーユルヴェーダに、私が求めているものがあるように感じられて、それから5年間勉強を続けています。

 勉強を始めて私自身も最初に実行したのが、白湯を飲むことでした。

 その効果はすぐに実感できました。排便の状態が変わったのです。
 私はどちらかというと便秘で、排便習慣が不規則でした。便通が毎日あるわけではなく、出る時間も朝だったり夜だったり、また便もまるでウサギの糞のようにコロコロだったり、ときには重くてべっとりした便がたくさん出て、1回では流し切れなかったり、という状態でした。

 ところが白湯を飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。

気がつけばまったくカゼを引いていなかった

 そして、カゼも引かなくなりました。

 例年、季節の変わり目には必ずといっていいほど、ひどいのどのカゼを引いていたのに、気がつけばまったくカゼを引いていなかったのです。

 このように白湯の効果を体感できたので、健康管理室を訪れるかたたちにも勧めるようになりました。体調の悪さを訴える女性の多くが便秘であることも、白湯を勧める大きな理由です。便秘のかたには、白湯にひとつまみの岩塩と、搾ったレモン汁3〜4滴を入れて飲むこともお勧めしています。

 また、気分が沈みがちでうつ傾向にある場合も、消化力が落ちているので、腸の働きをよくする白湯が効果を現します。

 実行してくれたかたたちの反応は上々で、「お通じがよくなった」「体の中が温かくなった」「飲むとホッとする」などの報告をいただいています。多くのかたに喜んでいただいて、私もうれしく感じています。

腸内の古い便も排泄される(マハリシ南青山プライムクリニック院長  蓮村 誠)

 白湯を飲み始めて大量の便が出ることも、珍しくありません。ふだん便通があっても、腸内の便がすべて出ていることは少なく、多くの人は古い便がたくさん残っているのです。

 白湯を飲むだけでも消化力が高まり、便が排泄されやすくなりますが、岩塩とレモンを入れると効果がさらに高まります。特に便がコロコロタイプの人に効果が高く、即効性があります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)
更新: 2018-12-10 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt