MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私はこのジュースで21kg減!翌朝便がドッと出てむくみもスッキリ

私の周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。「フルーツ酵素ジュース」は、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。【解説】睦美(ATTIVAローフードスクール校長・酵素研究家) 

飲むと疲れが取れて毎日元気に過ごせる!

 8年前、素材を極力加熱せず、生きた酵素やビタミンをいただくローフード(生食)に魅せられた私は、経営を引き継いだローフードのレストランでも、酵素ジュースをメニューに加えています。
 周りは、酵素ジュースで体調がよくなった人だらけ(笑)。まず皆さん、腸の状態がよくなって、便秘が解消します。中には1回飲んだだけで翌日出たという人も。代謝もよくなるので、やせたり、むくみが取れたり、冷え症がよくなったりもします。私自身もそうした経験をした1人で、21kgもの減量に成功しました。なにより、これを飲んでいると疲れが取れて、毎日元気で過ごせます。

フルーツ酵素ジュースの作り方

素手で仕込むことでうまく発酵してくれる

❶常在菌の力を借りて発酵させる
 酵素ジュースのシロップは、私たちの皮膚を守ってくれている常在菌の力で発酵します。ですか
ら、シロップを作るときは素材をじかに手で扱って仕込みます。
 そうすると、常在菌が生きていくために果物やお砂糖をエネルギーにして発酵させ、より栄養価を高めてくれるのです。そのエキスを飲むことで、私たちは腸の状態がよくなり、免疫力も高まるというわけです。
 手で漬け込む発酵食品と言えば、お漬け物もそうですね。仕込んだ果実を手で混ぜるのは、ぬか床と同じように生きている菌の力をいただくため。手をあまりごしごし洗わないほうが、うまく発酵してくれるのですが、衣類にはほかの雑菌がついている可能性があるので、袖をまくってください。
❷光の入らない容器で漬け込む
 シロップを漬け込む容器は、光が入らないものを使ってください。材料の果物や野菜が光合成をするので、光が入ると発酵の妨げになると言われています。いちばんいいのは陶器か木樽ですが、手軽に用意できるのはホーローの器です。
 そして、その容器は酵素ジュース専用にしましょう。果物の種類は違ってもかまいません。ほかの発酵食品を作った容器や、煮炊きに使った鍋などはNGです。
❸ペットだと思って扱う
 菌も生き物なので、作る人の影響を受けます。私は「酵素もペットだと思ってください」と言うのですが、言葉をかけたり、よい音楽を聴かせたりすると、うまく発酵するようです。
 なるべく温度が一定で、人のいるところで育てましょう。

解説者のプロフィール

睦美
鹿児島大学卒業。若い頃から体の弱さに悩まされていたが、30代に出合ったアロマテラピーと栄養療法でぜんそくを完治。
40代にさらなる健康を求めて、生の野菜や果実を加熱せずに食物酵素を生かす調理法「ローフード」を取り入れ、21kgの減量に成功した。
2009年、ATTIVAローフードスクールを開校。
ローフードマイスター1級、英国IFA認定アロマテラピスト。
著書に『酵素シロップでやせる!』(大和書房)など。

●ATTIVAリビングフード・アカデミー
https://rfschool.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt