MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【リーキーガット症候群】検査方法は今の所ナシ 改善する食事は納豆がお勧め

【リーキーガット症候群】検査方法は今の所ナシ 改善する食事は納豆がお勧め

腸に炎症が起こり、栄養を吸収する「腸粘膜の穴」が大きくなり過ぎてしまうことがあります。すると、通常は吸収されないはずの物質も腸から取り込まれてしまい、アレルゲンと認識され、アレルギー反応を起こしてしまう。これをリーキーガット症候群と呼びます。腸漏れ症候群という意味です。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 

腸の〝ふるい〟に穴が開いてしまう

 食事でとった栄養は、消化の過程を経て小さな分子に分解され、腸から体内に吸収されます。一方、未消化で大きな分子のままのものや有害物質、病原菌などは腸粘膜で〝ふるい〟にかけられ、体内に入り込まないようになっています。
 ところが、なんらかの理由で腸に炎症が起こり、栄養を吸収する穴が大きくなりすぎてしまうことがあります。これを「リーキーガット症候群」と呼びます。リーキーは「もれやすい」、ガットは「腸」という意味です。

 すると、通常は吸収されない未消化のたんぱく質なども腸から取り込まれてしまいます。そのような大きな分子は本来、血液中には存在しないので、アレルゲンと認識され、免疫複合体が形成されます。それが過剰になると、遅発型食物アレルギーの症状が現れるのです。

 腸に炎症を起こす原因は、細菌や真菌、食品添加物、化学物質、抗生物質やステロイド剤など医薬品、ストレスなど。腸内の悪玉菌のエサとなる砂糖やアルコール、たんぱく質、ペプチド(アミノ酸が結合したもの)も関与すると考えられています。

 リーキーガット症候群になっているかどうかを調べる直接的な検査は今のところありませんが、遅発型食物アレルギーを調べることで、その傾向が把握できます。前述した、ほとんどの食品にある程度のアレルギー反応が見られるケースがそうです。

リーキーガット症候群のしくみ

腸内環境の改善には、納豆、みそ、漬け物がいい

 遅発型食物アレルギーを改善するには、アレルギー反応が強い食物を除去するとともに、腸内環境を整えて、腸粘膜を正常に戻す取り組みが重要となります。

 まず大事なのは、腸内細菌のバランス改善です。腸内には無数の細菌が生息しており、一般に、人体に有益なものを「善玉菌」、有害なものを「悪玉菌」、環境によってどちらにも転ぶものを「日和見菌」と呼びます。
 健康な腸内では「善玉・悪玉・日和見」が「2割・1割・7割」の比率と言われます。

 腸内の善玉菌としては乳酸菌やビフィズス菌が有名で、これらを含むヨーグルトを常食している人も多いでしょう。しかし、ヨーグルトは遅発型食物アレルギーの原因になることも少なくありません。
 否定するわけではないですが、もともと腸が弱い人が食べすぎると、かえってあだになることがあります。

 腸内環境の改善には、日本人が昔から親しんできた納豆やみそ、漬け物など植物性発酵食品、あるいは乳酸菌サプリメントをお勧めします。

腸内の環境を整える食事のポイント

よい油は炎症を抑え腸を健康にしてくれる

 腸の粘膜は体の中で最も新陳代謝のサイクルが短く、1〜3日で生まれ変わります。この粘膜の修復と再生を正常に維持するためには、さまざまな栄養が必要になります。

 粘膜の修復を促すには、ビタミンA・C・D、亜鉛、たんぱく質が重要。現代人の食生活は、糖質が過剰で、たんぱく質やビタミンは不足しやすい傾向があります。甘いもの、アルコール、カフェイン、乳製品、炭水化物(特に白米、精製された小麦で作ったパンなど)、動物性脂肪は控えめに。発酵食品、生野菜、海藻、きのこ類は意識的にとりましょう。
 腸管の主要なエネルギーとなるグルタミンも大事です。グルタミンはアミノ酸の一種で、小麦粉や乳製品、海藻、大豆などに多く含まれますが、体内で合成可能ですから、これらにこだわる必要はなく、原料となるたんぱく質をじゅうぶんにとりましょう。

 食生活で私が特に重視しているのは〝よい油〟です。代表は、抗炎症作用や抗酸化作用のある「オメガ3脂肪酸」です。亜麻仁油やしそ油に多いαリノレン酸、青魚などに多いEPA、DHAがそれに当たります。
 また、水分不足は腸の運動の妨げになります。体重の30分の1(体重60㎏なら2ℓ)を目安に水分摂取を心がけましょう。

 遅発型食物アレルギーがあるかどうかを調べるには、アレルギー検査をする必要があります。アレルギー反応が高い食物があった場合は、原因となる食物を一定期間、除去することをお勧めしています。除去食を実践するには、栄養バランスを崩さないことが大事ですので、専門家によるアドバイスが必要となります。

 食事を変えると、早い人では2週間くらいで体調の変化を感じることがあります。除去をすると同時に、足りない栄養素の補充にも取り組み、食生活全体の改善をすることで、症状の軽減を目指しましょう。

解説者のプロフィール

澤登雅一
1967年、東京都生まれ。
92年、東京慈恵会医科大学卒業後、日本赤十字社医療センターに内科医として勤務。
2005年より三番町ごきげんクリニック院長。
病気を診る立場から、病気にならないことの重要性を痛感し、アンチエイジング医療を実践。
東海大学医学部血液腫瘍内科非常勤講師、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授を兼任。医学博士。
著書に『その「不調」、あなたの好きな食べ物が原因だった? 遅発型フードアレルギー』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

●三番町ごきげんクリニック
https://kenko.org/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
特に思い当たる原因もなく、体調が優れない……。食べて数時間後〜数週間後と、アレルギー症状が遅れて出てくる「遅発型食物アレルギー」をご存知でしょうか。じんましんなどが出る「即時型食物アレルギー」とは違いあまり知られていません。【解説】澤登雅一(三番町ごきげんクリニック院長) 
更新: 2019-05-11 18:00:00
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)
更新: 2018-12-28 18:00:00
ある日、テレビで、「天然の酵母を起こし、それでパンを作る」という映像を見ました。おもしろそうだったので、私も作りたくなり、自己流でやってみました。ところが、酵母を起こす段階でカビが生えてしまい、うまくいきませんでした。【体験談】竹内悦子(51歳・主婦)
更新: 2018-09-06 19:53:02
オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)
更新: 2018-09-06 19:54:10
私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)
更新: 2018-09-11 17:46:17
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt