「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

私は治療にあたり、西洋医学的アプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。なかでも最近患者さんに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


手は「外部の脳」もめば 腰痛・ひざ痛も緩和

 病気の治療は、機械の修理のように、悪いところだけを治せばよいというものではありません。肩や腰、ひざなど、どこか1カ所に痛みを感じたとき、その部分だけ治しても問題は解決しません。人間の体はどの部位もすべてつながっているからです。つまり、東洋医学で言われる「部分即全体」、手の中に全身があるということです。
 私は治療にあたり、西洋医学的アプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。なかでも最近患者さんに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。
 当院のウェルネスプログラムでは、プログラムごとに専門知識を持つ担当者が指導しています。指ヨガの場合も、指ヨガインストラクターが指導・施術を行っています。
 指ヨガは、呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことのたいせつさを説くのはヨガだけではありません。
 西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、私が専門としている整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。私も大学病院の勤務医だったとき、手を専門とするチームに所属していました。
 手が特別なのは、その機能的な多様性・特殊性だけでなく、「外部の脳」と考えられている
ほど、脳と密接な関係にある部位だからです。人間の脳は、ほかの動物と違い、生命活動を司る脳幹よりも、大脳の占める割合が大きいのが特徴です。ただ生きるのではなく、運動や感覚、そしてそれらを処理して、思考、認知、記憶など高次な機能を得てきました。これが「人間らしさ」です。
 緊張すると手が震えたり、興奮するとこぶしを握り締めたりします。感情の変化が手に出るわけです。逆に言うと、手をもみほぐして緊張を取れば、脳もリラックスさせられることを意味します。
 腰痛、ひざ痛など、体の痛みは脳がつくります。「ここに触れられたら危険」とか、「これをしてはいけない」などの脳の指令が、「痛み」を生じさせるのです。指をもむことで脳の緊張が取れると、この指令が弱まり、痛みが小さくなることも期待できます。
 また、感情を支配する脳の副産物に「不安」があります。不安は体や心の病気の原因になります。指をもむことで脳がリラックスすれば、不安感も解消されます。
 もう1つ、手は脳と関係が深いということは、認知症へのアプローチも期待できます。
 宮本よしか先生の調査では、指ヨガが認知症の患者さんにもとても評判がよかったという結果が出ていますが、手と脳の関係性からすればじゅうぶんにあり得ることです。
 脳と体は、常に連係プレーを行っていますが、脳と体にずれが生じると連係プレーがうまくいかなくなります。この状態が認知症です。指をもむことで、脳に刺激を与えられれば、脳と体のずれを小さくできるかもしれません。

診療時や待合室で指をもんであげている

 手は脳だけではなく、全身の状態を投影します。指ヨガでも手を全身に当てはめていますが、体の状態をいちばん把握しやすいのも、実は手なのです。
 例えば、指や手をもんでいて、「ここがちょっと変だな」と感じたら、その部位に当たるところに、今は異常が出ていなくても、症状がこれから出るサインかもしれません。検査で異常がなくても、自分の生活を顧みて「酒を控えようか」とか、痛みがなくても「体を休めよう」などという方向に考えることができれば、その後、病気になって苦しむこともなくなります。
 そして、手をもむだけで全身のヨガをするのと同じ効果が得られる点も大きな要素です。
 ヨガには、体のバランスを回復させる効果があります。全身のバランスが整うことで、人間本来が持っている自然治癒力が高まります。
 私のクリニックでは、私を含め6名の医師、看護師、リハビリスタッフが指ヨガインストラクターの資格を取得しました。ウェルネスプログラムのほか、診療時や待合室でちょっと待つ時間などに、希望する患者さんに指をもんであげます。
 私は指ヨガの第一の目的は、病気を治す以前に、手に現れた痛みやこりなどの違和感に気づき、体の異変を知ることにあると思います。そして、手をもむことでその違和感がなくなったり、体のバランスが整うことで自然治癒力が高まったりすれば、結果的に病気が快方に向かうと考えています。

おさだ なつや
日本医科大学卒業。慶應義塾大学病院、済生会神奈川県病院、川崎市立川崎病院などを経て、2005年、田園調布長田整形外科を開院。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医。体、心、意識へアプローチした自発的治癒力を高めるための医療を実践する。指ヨガインストラクターの資格も取得。田園調布長田整形外科。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ひざ痛 認知症 腰痛

関連する投稿


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)