【学長流】酢タマネギの作り方 酢とハチミツと玉ねぎ 血管を強くし物忘れを防ぐ

【学長流】酢タマネギの作り方 酢とハチミツと玉ねぎ 血管を強くし物忘れを防ぐ

血管をしなやかにして血流をよくする「酢タマネギ」の作り方をご紹介します。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


大学学長がオススメ!酢タマネギの作り方

【材料】
・タマネギ……2個
・酢……250~300mL
・ハチミツ……大さじ2~3
※酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればなんでもよい。
※使用する鍋は、ステンレス製やホーローなど、酸に強いものがお勧め。

①タマネギは洗って皮をむき、みじん切りにする。
②❶を皿などにのせ、室温で30分~1時間おく。
③鍋に酢とハチミツを入れ、弱火でハチミツを煮溶かす。
④❸に❷のタマネギを加え、かき混ぜながら中火~強火で2~3分間加熱する。
⑤粗熱が取れたら❹をガラスの保存瓶に入れ、冷めてからふたをする。

【食べ方と保存期間】
●作ったその日から食べられる。
●毎日大さじ3~5をそのまま食べたり、サラダなどに加えて食べたりする。
●室温で2週間ほど保存できる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)