手の指を使うほど 認知症や脳障害のリハビリに有効と 脳科学の最新研究でも判明

手の指を使うほど 認知症や脳障害のリハビリに有効と 脳科学の最新研究でも判明

脳を効率よく活性化させるには、指先をよく使う精密把握と、手のひらで握る強制把握の両方を鍛える必要があります。特に重要なのが精密把握で、認知症や脳機能障害のリハビリで改善を期待するには、とりわけ重要になります。【解説】久保田競(京都大学名誉教授)


ヒトは手を使うことで 脳が発達してきた

 人間を含めてサルやチンパンジーなどの霊長類は、手でものをつかめます。しかし、霊長類の中で人間を際立たせているのは、ものをつかむだけでなく、手の指を使って精巧な道具を作ったり、自分の意志を他の人に伝えたりできることです。

 これが人間の脳で最もたいせつな「前頭連合野」の働きと重なっていることが研究でわかってきました。つまり、人は手を使うこと、特に指を使うことで前頭連合野を鍛えることができるのです。その意味で「指は第2の脳」と言えるでしょう。

 前頭連合野は大脳の前側で、私たちの思考・意欲・情動などを実際の行動に変換する場所です。例えば、手を使って何かをする場合、前頭連合野から脳の中央に位置する「運動野」に指令が届き、そこが手の関節や筋肉を動かして、はじめてその行動ができます。

 こうした行動のための記憶を「ワーキングメモリー」といい、前頭連合野の重要な働きの1つとなっています。今現在のことを覚えておく能力で「短期記憶」ともいわれます。

 サルで30秒、チンパンジーでも3分しかワーキングメモリーが保持できません。人間だけが数日、ときにはそれ以上、ワーキングメモリーを保つことができます。人間が「未来」という概念を持ち、手を使って物事を計画的に遂行できるのは、この能力があるからです。

 中でも、ワーキングメモリーの要となる部位が、前頭連合野の前の部分にある「10野」です。この10野こそ、人間の脳でだけ肥大化が著しい部位です。つまり、ここに人間の頭のよさの根源があると言えるでしょう。知能の高いチンパンジーですら、10野はほとんどないくらい小さなものです。

指先を使わないと 脳は活性化しない

 人間の脳は手を使うことによって進化してきました。手をよく使えば、手からの信号が多くなり、それを受け取る脳の領域が発達し、脳の神経細胞の連絡網であるシナプスが増えたり、強靭になったりします。そうしたことを繰り返すことによって、著しく発達してきたのが10野だと考えられます。

 ただし、脳の活性化にはコツがあります。手の握り方には、指先で小さなものをつまむ精密把握(プレシジョングリップ)
と、手のひらで重いものや硬いものを握る強制把握(パワーグリップ)の2種類があります。このうち、ワーキングメモリーがよく使われるのは、指先をよく使う精密把握なのです。

 前頭連合野が「手を動かせ」という指令を発すると、古くから知られている脳の中央部にある運動野が働くと記しました。ところが最近、脳の中央にある中心溝の奥深くに、新しい運動野が発見されました。しかも、強制把握は古い運動野、精密把握は新しい運動野が担当していることがわかってきました。

 脳を効率よく活性化させるには、指先をよく使う精密把握と、手のひらで握る強制把握の両方を鍛える必要があります。
 特に重要なのが精密把握で、認知症や脳機能障害のリハビリで改善を期待するには、とりわけ重要になります。

脳に障害を受けた患者が 指先を使うリハビリで回復

 以前、リハビリ療法で有名な大阪の病院で患者を診察・治療する機会がありました。そして今説明したことを治療に応用したところ、リハビリに大きな進展が見られたのです。

 交通事故で頭を打った高校生がいました。普通に話ができますし、見た目は健常者と同じですが、朝起こそうとしても起きないし、よく聞くと話す内容は支離滅裂。じっと座ることができず暴れるので、高校にも通えなくなっていました。「こんなに脳が壊れていたら、もう治せない」と多くの医師がさじを投げたために、私が診ることになりました。

 彼は、交通事故で脳の10野の付近が機能しなくなっていたのです。そこで作業療法の1つとして指先を使う精密把握などのリハビリを繰り返させたところ、徐々に回復し、高校も、大学も無事に卒業できました。

 これは人ごとではありません。中高年になると日常生活で指先を使う精密把握の機会が少なくなり、油断していると脳の老化が進みやすくなると考えていいでしょう。ぜひ、いつでもどこでも簡単にできる「手の指体操」で脳を鍛えてください。

くぼた きそう
1932年生まれ。57年東京大学医学部卒業、同大学院に進み、脳神経生理学を学ぶ。その後、米国留学を経て、京都大学霊長類研究所教授、所長を歴任。世界で最も権威がある脳学会「米国神経科学会」で行った研究発表は、100点以上と日本人としては圧倒的に多く、現代日本における「脳科学」の最高権威である。著書は『手と脳』(紀伊國屋書店)など多数。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


手をもむ 脳科学 リハビリ

関連する投稿


脳梗塞で失語症になり 「死んだほうがよかった」と 思った私が仕事に復帰するまで

脳梗塞で失語症になり 「死んだほうがよかった」と 思った私が仕事に復帰するまで

2006年7月。そんな私が脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)になり、言葉を失ってしまいました。病名は、出血性脳梗塞による失語症。もう二度と、マイクの前には立てないと思いました。【体験談】沼尾ひろ子(ナレーター)


 「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

私は治療にあたり、西洋医学的アプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。なかでも最近患者さんに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


99歳の母の軟骨が復活! つぶれていた股関節の軟骨が リハビリできれいに再生した

99歳の母の軟骨が復活! つぶれていた股関節の軟骨が リハビリできれいに再生した

ノルディック・ウォークで股関節痛や腰痛が改善した体験記事です。【レポート】高橋めぐみ(音楽家)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング