【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

【医師解説】糖尿病、高血圧、高脂血症を防ぎ、合併症のリスクも減らす「玉ねぎドレッシング」

玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


女医が勧める美味ドレッシング

 タマネギが体によいのは、比較的よく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。
 しかし、タマネギを毎日食べたくても、刻んだときのあのツンとする刺激臭が嫌で、タマネギの調理はちょっと苦手という人も多いでしょう。
 そこでお勧めなのが、「タマネギドレッシング」です。タマネギドレッシングは、糖尿病や、その合併症を予防する効果が期待できます。常備しておけば、手軽にタマネギを摂取できるほか、いろいろな料理がとてもおいしく食べられるのです。
 タマネギにオリーブ油と酢を加えて作るタマネギドレッシングは、糖尿病に有効な作用があります。

 まず、タマネギには、グルタチオンという物質が含まれています。これはタマネギの甘味成分で、抗酸化物質の一つ。このグルタチオンに、膵臓のβ細胞を保護し、インスリンの分泌を促す働きがあるのです。
 新しく開発された糖尿病治療薬に、グルタチオン酸の作用を強化した薬があり、治験(新薬が承認されるための臨床試験)で糖尿病への効果が確認されています。タマネギには、薬のように高濃度のグルタチオンは含まれてはいないものの、毎日食べることで、血糖値の改善効果が期待できるのです。
 タマネギには、ケルセチンという強力な抗酸化物質(酸化を防止する物質)も含まれています。酸化は老化を引き起こしますが、これらの有効成分は、酸化の害を抑えてくれます。膵臓をはじめ、他の臓器や血管などが酸化されにくくなって、体を若々しく保つことができます。

 オリーブ油には、オレイン酸という酸化されにくい脂肪酸が多く含まれています。オレイン酸には、動脈硬化やガンの原因となる過酸化脂質を抑え、LDL(悪玉)コレステロールを減らす作用があるのです。
 酢には、血流を促して、血圧を下げたり、コレステロールを減らしたりする作用があります。さらに、酢酸やクエン酸などの有機酸が豊富です。有機酸はエネルギーを生み出すクエン酸回路を活性化するので、疲労回復に役立ちます。
 糖尿病に高血圧、動脈硬化、高脂血症(血液中にコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態)が重なると、合併症を引き起こすリスクが高まりますが、タマネギドレッシングには、それを抑える働きがあるのです。

豚肉料理に使うのが特にお勧め!

 タマネギドレッシングは、サラダや和え物のほか、和風・洋風を問わず、肉料理や魚料理などに、とてもよく合います。
 特に、ポークソテーや煮物など豚肉料理に使うのがお勧め。タマネギの硫化アリルという成分によって、豚肉に含まれるビタミンB1の吸収がよくなり、糖質やたんぱく質がエネルギーに変わりやすくなるなど、新陳代謝が活発になるからです。

 タマネギドレッシングは健康によいので、血糖値の高い人だけでなく、どなたにもお勧めできます。いろいろな料理に活用して、おいしく食べながら、糖尿病の予防・改善をはじめ、健康増進に役立ててください。

里見英子
1953年石川県生まれ。兵庫医科大学卒業後、白山病院副院長を経て、現職に至る。白山病院では、ケアマネージャー及び介護保険適応療養型病床群の主治医として、介護する側の現場で医療活動に従事。テレビ・ラジオなどの出演により、わかりやすい健康法を広く伝え、著作・講演活動も積極的に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )