医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


半年で体脂肪率も20%下がった簗瀬先生

インスリンの分泌が正常になる!

 私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。

 そういう私自身も、7〜8年前までは、肥満と初期の糖尿病を抱えていました。それを、生のキャベツを食べる「食前キャベツ」で克服した経験があるのです。

 その経緯を、詳しくご説明しましょう。
 かつての私は、身長が171cmで体重が96・6kg、ウエストが119cm、体脂肪が43%(男性の基準値は15〜20%)と、紛れもない肥満体でした。
 当然、中性脂肪値などの検査値も高かったのですが、いちばんの心配は血糖値でした。
 空腹時の血糖値が、140〜150mg/dlと基準値を超えており、ヘモグロビンA1cも5.8%と、当時の基準値ギリギリだったのです。

 いわゆる境界型の糖尿病と、自己診断しました。もともと糖尿病の家系であることを考えれば、糖尿病のリスクとなる肥満は、一刻も早く解消しなければなりません。でも、仕事が大変忙しかったこともあり、なかなかダイエットを始めるきっかけがつかめずにいました。
 そんなとき、吉田俊秀先生の講演で、先生が糖尿病患者さんのために考案された「食前キャベツ」を知ったわけです。

 生のキャベツをよくかんで食べると、満腹中枢が刺激されるので、空腹感に悩まされることなく、食事量をへらすことができます。その結果、内臓脂肪がへって、過剰に分泌されていたインスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌が正常になり、糖尿病のリスクである肥満が解消されます。

 また、キャベツの食物繊維が腸に入ると、糖質の吸収が緩やかになるので、血糖値が上がりにくくなる、というメリットもあるのです。

 私も早速、1日3回の食前に、6分の1個分のキャベツをざく切りにして、ノンオイルのドレッシングをかけて食べ始めました。キャベツをよくかんで食べると、かなりの満腹感が得られます。

 そして、主食のご飯は1食当たり120gにおさえ、魚は80‌g、肉も80‌gを目安にとるように心がけます。キャベツ以外の野菜も、油や砂糖を過剰に使わない調理法で、たくさんとるようにしました。また、握りこぶし大の果物を1日2個、食後に食べるようにし、勤務の合間に小腹がすいたときにも、キャベツをかじるようにしたのです。

母もヘモグロビンA1cが正常化!

 減量は当初から順調で、食前キャベツを始めて10日めには、5㎏体重がへっていました。その後も1ヵ月当たり6〜7kgのペースで体重がへり、半年間で33kgもの減量に成功したのです。
 96.6kgだった体重が63.2kgになったのですから、大減量といえるでしょう。43%あった体脂肪率は23%になり、119㎝あったウエストは83cmと、36cmも縮みました。その結果、大きく突き出していたおなかと、二重あごが、びっくりするくらい引き締まりました。

 減量に成功した直後に、勤務する病院で健康診断を受けたところ、血糖値も大幅に下がっていることがわかりました。
 150mg/dlあった血糖値が98.6mg/dlに、5.8%あったヘモグロビンA1cが4.6%と、どちらも優に基準値内に収まりました。

 健康診断の結果に注意マークがつかないというのは、やはりうれしいものです。血糖値以外に、中性脂肪値や血圧も正常になったので、医師の面目を保つことができた、というところでしょう。

 それからの4年間は、ジョギングや弓道を始めて筋力をつけたかったので、体調を管理しながら体重を67kgまでふやしました。もちろん、血糖値は基準値内をずっと維持しています。
 この間に、糖尿病だった私の母(当時67歳)も、食前キャベツでダイエットを始めました。その結果3kgやせて、6%を超えていたヘモグロビンA1cが5.7%に下がりました。

 ところで、私の場合は医師ですから、自分の体調を確認しながら、33kgもの減量ができました。しかし、糖尿病の改善を目的に、一般のかたがキャベツダイエットをする際は、ご自分の体重の5〜10%程度の減量を目安にするのがお勧めです。これくらいの減量でも、血糖値の抑制はじゅうぶん期待できます。
 また、糖尿病で血糖降下剤を飲んでいる人では低血糖を招いたり、血液をサラサラにする薬を飲んでいる人がキャベツをとりすぎると、薬の効果が弱まったりする可能性があります。そうした人は、かかりつけの医師に相談してから始めるようにしてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)