MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくいお酒の飲み方

赤ワインやウイスキーはOK!糖尿病でも血糖値が上がりにくいお酒の飲み方

糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)

解説者のプロフィール

板倉弘重(いたくら・ひろしげ)
●品川イーストワンメディカルクリニック
東京都港区港南2丁目16-1 品川イーストワンタワー3階
03-6718-2898

品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師。医学博士。
1961年、東京大学医学部卒。同 第三内科講師、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授などを歴任。主な研究分野は、脂質代謝、動脈硬化、抗酸化物質。特に、赤ワイン、ココアのポリフェノールの抗酸化作用を明らかにした研究が有名。『あなたの血糖値はなぜ下がらないのか』(PHP出版)など著書も多い。

我慢するくらいなら少し飲んだほうがマシ

糖尿病になると、医師からは決まり文句として、「お酒はやめてください」といわれるはずです。とはいえ、お酒が大好きだった人にとって、長年続けてきた習慣をきっぱりとやめるのは、簡単なことではないでしょう。

また好きなものを我慢するということは、大きなストレスになります。

私たちの内臓の働きなどを、無意識のうちに調整している自律神経は、交感神経と副交感神経の二つがアクセルとブレーキのように拮抗して働いています。

ストレスは、この交感神経を緊張させ、ストレスホルモンを分泌させます。このホルモンが出ると、血糖値を高める結果となります。そこで私は、「好きなお酒を我慢するくらいなら、少し飲んだほうがマシです」と、アドバイスするようにしています。

ただし、これまでどおりに、好きなだけ飲んでいいわけではありません。お酒の飲み方が重要になってきます。

そこで、糖尿病の人がお酒を飲んでも、血糖値が上がりにくい、お酒とのつきあい方をお教えしましょう。

まず、どんなお酒を飲むかということです。
糖分が血糖値を上げるのですから、日本酒やビールなど糖質を含むお酒は、なるべくなら避けてください。そのかわり、焼酎、ウイスキー、ブランデーなど、糖質の入っていないお酒なら、飲んでもいいでしょう。

ちなみに、糖質を含むお酒の仲間でも、適量であれば赤ワインは大丈夫です。老化や病気の元凶物質といわれる活性酸素の働きを、赤ワインに含まれるポリフェノールがおさえ、血液をサラサラにしてくれるといわれます。

実際、フランスで行われた研究では、赤ワインをよく飲んでいる地域では、心臓病やアルツハイマー病が少ないというデータが出ました。

また、ウォッカと赤ワインの抗酸化作用を比較した実験もあります。飲んでから1時間後の血流を調べたところ、ウォッカは血流が悪くなり、赤ワインは血管が拡がって血流がよくなったのです。

これは、ポリフェノールが入っているか入っていないかによる顕著な違いでしょう。

もう一つの実験では、赤ワイン500mLを2週間飲み続けたのち、血液中の超悪玉コレステロール(酸化LDL)の量を調べました。すると、酸化LDLの量がへっていて、これもポリフェノールによる抗酸化作用のおかげだと考えられるのです。

このように健康効果が認められている赤ワインですから、健常な人であれば、ワイングラスに2〜3杯、糖尿病の人なら1杯くらいを常飲するのは、望ましいということになります。

実際に赤ワインを1杯飲む人は、糖尿病の発症率が4割低いというデータもあるぐらいです。

つまみは豚肉やチーズがおススメ

ところで、焼酎やウイスキーを好む人もいるでしょう。

これらのお酒は糖分が入っていないとはいえ、アルコール度数には気をつけないといけません。アルコール度数が高いと、アルコールを肝臓で分解するときに、活性酸素が発生して、血管の壁を傷つけるからです。

また、肝臓の機能が衰えると、糖分の代謝が悪くなるので要注意です。度数の高いお酒を飲むときには、必ず水やお湯で割って、飲むようにしてください。

大切なことは、どんなお酒であっても、適量を守ることです。どれくらいが適量かは難しいところですが、コップ1杯くらいの量であれば問題はないでしょう。糖分の入っている日本酒でも、1合以内なら許容範囲です。

それから、ぜひとも行っていただきたいのが、休肝日を作ることです。

糖尿病予備軍の人なら週に1〜2日。3日飲んで1日休むパターンを守っていただきたいところです。すでに糖尿病と診断されている人は、週に2〜3日は休肝日を作りましょう。可能であれば、2日続けて休む日を作れば効果が上がります。

ちなみに、お酒は、精神的な満足感を得るために飲むものです。ですから、ヤケ酒は絶対にやめてください。憂さ晴らしに飲むお酒は、精神的に逆効果です。それに、悪いお酒はつい飲みすぎてしまうので、病状改善の妨げになります。

もう一つ注意したいのは、空腹での飲酒は避けるということです。必ず、先に何かつまみを食べてから、飲むようにしてください。空腹で飲むと、肝臓に過大な負担をかけてしまいます。

つまみには、肝臓の保護に有用な、ビタミンやミネラルを摂取できるものがいいでしょう。特に、ビタミンB1はアルコールの分解に必要ですから、ビタミンB1が多く含まれる豚肉などは、つまみとして好適です。また、チーズなどの発酵食品もいいでしょう。

さて、飲酒直後に眠るとアルコールの分解が阻害されたり、睡眠が浅くなったりしがちです。飲酒は、就寝の2〜3時間前までにしてください。飲酒後の締めのラーメンは、血糖値を上げるので注意してください。

糖尿病の人は、健康な人よりも注意深くお酒とつきあって、楽しみましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)
更新: 2018-09-17 18:00:00
転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)
更新: 2018-09-12 08:00:00
糖尿病に対して、運動療法は食事療法と並んで重要な治療手段として推奨されています。でも、なぜ運動によって血糖値が下がるのかは、従来よくわかっていませんでした。そして、運動しているときには、筋肉細胞中の「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めたのです。【解説】藤井宣晴(首都大学東京大学院教授)
更新: 2018-09-11 20:00:00
年を重ねるにつれ、血糖値が徐々に上がってきていることには、気がついていました。健康診断でこでまでで最も高い135mg/dlを記録し、ショックを受けました。LDL、いわゆる悪玉コレステロールの値も159mg/dlと高めでした。テレビの健康番組で知ったのが「かかと落とし」です。【体験談】田中睦夫(仮名・愛知県・67歳無職)
更新: 2018-05-25 15:12:30
かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 
更新: 2018-03-10 16:30:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt