医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【看護師が実践】子宮筋腫・便秘の改善に効果「中指ねじり」のやり方

【看護師が実践】子宮筋腫・便秘の改善に効果「中指ねじり」のやり方

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


解説者のプロフィール

宮本よしか(みやもと・よしか)
龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師。
長崎県生まれ。虎の門病院血液内科などで看護師を約10年間勤めた後、自らの原因不明の体調不良から西洋医学への限界を感じる。その後、龍村修氏に師事し、ヨガを本格的に学んで元気を取り戻す。現在はヨガや指ヨガを通じて、ホリスティックな面から真の健康をサポートしている。田園調布長田整形外科、朝日カルチャーセンター新宿教室などで指ヨガの施術・指導を行う。
http://iyashino-yoga.jimdo.com/

原因不明の体調不良から奇跡の生還!

 看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。病院で手術や投薬などの治療は受けるのですが、それでもなお健康とは言えない人をたくさん見てきたからです。

 そんなとき、私自身が原因不明の体調不良に襲われました。発熱、便秘、原因不明の腹痛、全身に広がる湿疹とかゆみ、PMS(月経前症候群)、慢性疲労感、頭痛、めまい、動悸、不整脈、血液データの変化……重度の脱水症状に陥り、一時生命の危機にさらされる事態にもなりました。

 病院に何度も訪れ、検査するのですが、どこも異常なし。決定的な症状名がつきません。そうするうちに心理的閉塞感、不安感が強くなり、ほんとうに生きるのがつらい日々が続きました。この状態はなんと7年間にも及びました。

 当時、幼い子どももいましたし、「なんとかしなければ」という気持ちがありました。そのとき、実家の母が具合が悪かったとき、ヨガで元気になったことを思い出したのです。

 私はヨガの大家である龍村修先生に師事し、ヨガを学ぶことにしました。すると薄紙を剥ぐように少しずつ全身の体調不良が治りはじめ、ついに半年後には、「生きているってうれしい」と思えるほどにほとんどの症状が回復しました。
 これは龍村先生から学んだヨガと、そして「龍村式指ヨガ」の効果にほかなりません。

 同時に東洋医学の勉強も始め、看護師だった頃とは異なる見方で体を見ることができるようになりました。
 その一つが「部分即全体」という東洋医学独特の考え方です。私たちの体は、手足、頭、胴、すべてがつながっています。どこか1カ所に痛みや不調を感じたときに、その部分だけを対処療法的に治療しても、根本的な治療にはなりません。
 全身を治さないといけないということですが、言い換えると、症状のある部位以外からアプローチすることも可能だということです。

手は人体の縮小版

 指ヨガは、「手指をもむ」ことで全身でヨガをやっているのと同じ効果が得られるというものです。手指をもむだけなので、いつでもどこでも手軽にできますし、また足や腰を痛めて動けない人、寝たきりの人でもヨガが行うことができます。

 龍村式指ヨガは、「手は人体の縮小版」という原理に基づいて行います。
 中指が頭と首にあたり、残り4本の指が手と足にあたります。手のひらが消化器系の内臓や子宮など、手の甲が背骨や骨盤などに相関しています。
 この考え方から体の不調を感じる部分に相応する指のポイントをもむことで、間接的にその部分の異常を修正することができます。

 例えば、指ヨガをやる前に首を左右にねじり、さらに指ヨガをやった後にも同様に首を左右にねじってみます。指ヨガを行う前よりも後のほうが首の可動域が広がっていることがわかると思います。
 中指は、頭から首、背骨にあたります。ここをねじったり、回したりするのは、首をねじったり、上半身をぐるぐる回したりしたことと同じ効果が得られます。それで首の可動域が広がったわけです。

■手指と全身の相関図
「中指ねじり」の元となる龍村式指ヨガでは手指と全身は下図のような相関関係があると考えられています。

患者の腰痛、めまい、うつ、認知症に効いた!

 以前、田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで、私が担当している指ヨガ講座に参加されたかたがたのデータを集めました。血圧や脈拍数の低下、肩こり、腰痛、めまい、うつ、便秘、子宮筋腫、不整脈、湿疹など、多岐にわたって症状が改善しています。

 また、よく聞かれたのは「体が軽くなった」「頭のモヤモヤがスッキリした」「目がよく見えるようになった」などの感想です。手の中指は、頭や首と関連しています。中指をもみほぐすことで、脳の疲れやストレスなどが取れ、頭や目、体にスッキリ感が出たのだと思います。

 私が以前施術した35歳の女性は、頭がモヤモヤすることが多く、気持ちも沈みがちだったそうですが、中指をしっかりほぐすことで、頭がスッキリしたそうです。落ち込んだときも中指をねじると、気持ちが穏やかに、前向きになったと話されていました。

「中指ねじり」のやり方

 指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。

「中指ねじり」のやり方は、下の写真を参考にしてください。時間のある人は、中指と同様にすべての指と手のひらをもむとさらに効果的です。

 中指ねじりを行うとき、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。吐く息を意識しながら行います。ねじったりもんだりするときは、ギュウッと押しっぱなしにするのではなく、リズミカルに押して離すを繰り返します。「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。滞りのあるところがほぐれて元気になるイメージで行いましょう。

❶まず首を吐く息とともにゆっくりと右にねじる。そのときの視野を覚えておく。左も同様にねじる

❷軽く手の準備運動。手をブラブラ~ッとさせる

❸左手の中指の第1関節に向かって、息を吐きながら軽く10回ねじる。終わったら同様に反対方向に10回ねじる

❹左手の中指の第2関節に向かって、息を吐きながら軽く10回ねじる。終わったら同様に反対方向に10回ねじる

❺左手の中指の付け根に向かって、息を吐きながら軽く10回ねじる。終わったら同様に反対方向に10回ねじる

❻左手をおなかにつけて、中指だけを立てるように持ち上げる。息を吐きながら、そのままぐるぐると10回回す。終わったら同様に反対方向に10回回す

❼力を抜いて、手をブラブラ~ッとさせる

❽もう1度、首を左右にゆっくりねじってみる。中指ねじりを行う前よりも首の可動域が広がっている

 中指ねじりをテンポよく行うと、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が促進されることがわかっています。
 脳から分泌されるセロトニンは、精神状態を大きく左右するといわれています。うつに悩む人は、セロトニンの量が著しく少ないという報告もあります。中指ねじりは、自然とセロトニンを増やし、脳や体をあるべき状態に近づけることが期待できます。

 中指ねじりはいつ、どこで、どのくらい行っても大丈夫です。寝る前に行うのもお勧めです。脳がリラックスし、血流がよくなり、スムーズに入眠できるようになります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)


トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

私の場合、腎臓が一つしか働いていないため、排尿の回数が1日3~4回しかありませんでした。ところが、オクラ水を飲み始めてからは、排尿回数が倍増しているのです。さらに、1回に出る尿の量も増えています。おかげで、トイレから出たあとは残尿感もなく、スッキリ爽快です。【体験談】田中美千子(健康管理士一般指導員・61歳)


猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)