【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


原因不明の体調不良から奇跡の生還!

 看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。病院で手術や投薬などの治療は受けるのですが、それでもなお健康とは言えない人をたくさん見てきたからです。

 そんなとき、私自身が原因不明の体調不良に襲われました。発熱、便秘、原因不明の腹痛、全身に広がる湿疹とかゆみ、PMS(月経前症候群)、慢性疲労感、頭痛、めまい、動悸、不整脈、血液データの変化……重度の脱水症状に陥り、一時生命の危機にさらされる事態にもなりました。

 病院に何度も訪れ、検査するのですが、どこも異常なし。決定的な症状名がつきません。そうするうちに心理的閉塞感、不安感が強くなり、ほんとうに生きるのがつらい日々が続きました。この状態はなんと7年間にも及びました。

 当時、幼い子どももいましたし、「なんとかしなければ」という気持ちがありました。そのとき、実家の母が具合が悪かったとき、ヨガで元気になったことを思い出したのです。

 私はヨガの大家である龍村修先生に師事し、ヨガを学ぶことにしました。すると薄紙を剥ぐように少しずつ全身の体調不良が治りはじめ、ついに半年後には、「生きているってうれしい」と思えるほどにほとんどの症状が回復しました。
 これは龍村先生から学んだヨガと、そして「龍村式指ヨガ」の効果にほかなりません。

 指ヨガは、「手指をもむ」ことで全身でヨガをやっているのと同じ効果が得られるというものです。手指をもむだけなので、いつでもどこでも手軽にできますし、また足や腰を痛めて動けない人、寝たきりの人でもヨガが行うことができます。

 龍村式指ヨガは、「手は人体の縮小版」という原理に基づいて行います。
 中指が頭と首にあたり、残り4本の指が手と足にあたります。手のひらが消化器系の内臓や子宮など、手の甲が背骨や骨盤などに相関しています。
 この考え方から体の不調を感じる部分に相応する指のポイントをもむことで、間接的にその部分の異常を修正することができます。

 例えば、指ヨガをやる前に首を左右にねじり、さらに指ヨガをやった後にも同様に首を左右にねじってみます。指ヨガを行う前よりも後のほうが首の可動域が広がっていることがわかると思います。
 中指は、頭から首、背骨にあたります。ここをねじったり、回したりするのは、首をねじったり、上半身をぐるぐる回したりしたことと同じ効果が得られます。それで首の可動域が広がったわけです。

患者の腰痛、めまい、うつ、認知症に効いた!

 私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。そこで患者さんや指ヨガに興味のあるかたに、指ヨガを施術・指導しています。

 参加者に協力してもらい、2014年6月~2015年11月の間、データとアンケートを取りました。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。

 もう1つ、驚いたのが認知症への効果です。認知症のかたが集まる老人養護施設へ指ヨガの施術に行っているのですが、手指をもむと皆さんが和やかな雰囲気になります。手指をほぐすと、脳もほぐれるようです。なかには指ヨガのことを覚えてくれたかたもいました。

 指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。
 時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。また、基本的には右手か左手、どちらかでよいですが、両方やっても構いません。

 行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。吐く息を意識しながら行います。滞りのあるところがほぐれて元気になるイメージで行います。「痛気持ちいい」と感じる程度の刺激が理想的です。

 指ヨガは、いつでもどこでも何回やっても構いません。気がついたときに気軽に実践してみてください。

「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を根本から消すと医師もお勧め の記事はコチラ

みやもと よしか
長崎県生まれ。虎の門病院血液内科などで看護師を約10年間勤める。原因不明の体調不良を経験し、その後、龍村修氏に師事し、ヨガを本格的に学んで元気を取り戻す。現在はヨガや指ヨガを通じて、ホリスティックな面から真の健康をサポートしている。田園調布長田整形外科、沖ヨガスタジオなどで指ヨガの施術・指導を行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる アレルギー・肌荒れも解消

【便秘と下痢を繰り返す】腸トラブルは「味噌汁」で改善できる アレルギー・肌荒れも解消

私は、腸内洗浄の専門家として活動していますが、以前は偏食により下痢や便秘、鼻炎、アトピーなどの症状に悩まされていました。腸をきれいにする食生活に改善したことにより、驚きの変化が現れました。その食事の中で最も簡単に続けられたのが、みそ汁です。【解説】齊藤早苗(看護師、コロンハイドロセラピスト)


【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

【めまい・ふらつきが改善】脳が活性化する「ニンニク油」の効果 認知症患者の反応も回復!

ニンニク油に含まれるアホエンには、多彩な作用があることが認められています。それらに加えて、私が重要と考えているのが「微小循環」の改善作用です。ニンニク油で微小循環がよくなることで、ひいては脳の神経細胞の活動が活発になり、さまざまな脳機能の改善に役立つと考えられます。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【症例】「ニンニク油」で脳梗塞後の認知症が改善 めまい・立ちくらみが治ったと報告続々

【症例】「ニンニク油」で脳梗塞後の認知症が改善 めまい・立ちくらみが治ったと報告続々

ニンニク油の摂取により、体によいさまざまなことが起こった例は多くあります。うれしい体の変化がたくさん訪れるニンニク油。ぜひ皆さんも、手作りして習慣的に取り入れるようにしてみてください。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

【痔の治し方】世界の常識は"手術不要" 便秘や下痢を改善する"きな粉牛乳"で治せる

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)