MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

【昼そば】年越し蕎麦は「昼」がオススメな理由

糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。ここでは、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

玄米よりも血糖値を上げにくい!

 糖尿病で血糖値が気になるかたにお勧めしたいのが、「昼そば」です。昼にそばを食べるというこの方法は、血糖値を下げ、ダイエットにも効果を発揮します。

 では、昼そばが、糖尿病やダイエットに有効な理由をお話ししましょう。
 皆さんは、GI(グリセミック・インデックス)値という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。GI値とは、ある食品を食べたときの血糖値の上昇率を示す指標です。ブドウ糖を摂取したときの血糖値上昇率を100としたとき、それぞれの食べ物が、どの程度上昇させるのかを示します。この数値が低ければ低いほど、血糖値の上昇はゆっくりになり、太りにくい食品ということです。

 逆にいえば、GI値が高い食品は、血糖値が急激に上がりやすく、糖尿病のかたにはお勧めできません。
 例えば、穀類や麺類の中では、精白米の値が88、食パン95、フランスパン95、うどん85と、かなり高いのに対して、日本そばは54です。玄米ですら55ですから、玄米よりも低いということになります。
 そばは明らかに血糖値の上がりにくい食品であるばかりではなく、消化・吸収に大変優れており、食後に胃もたれしにくい食品です。しかも、ビタミンやミネラルなども豊富で、栄養のバランスがいいのも特長です。

 さらに、8種類の必須アミノ酸を含む良質のたんぱく質が豊富ですし、心臓病や動脈硬化を防ぎ、毛細血管の強化に役立つビタミンB1や、ビタミンB2もたくさん含まれています。また、抗酸化作用の高いポリフェノールの一つ、ルチンも含まれています。
 その中でも注目したいのは、バナジウムという成分の働きです。というのも、バナジウムには、血糖値を下げるホルモンである、インスリンに似た働きがあるからです。糖尿病に悩む人にとっては、この点からも、そばはぜひともお勧めしたい食材です。

 さて、漢方の観点からいえば、食物はすべて、陰性と陽性の二つに分けられます。陰性の食品は体を冷やし代謝を下げ、陽性の食品は体を温め代謝を上げると考えられています。陰性の食品は暖かい地域でできるもので、色は青、白、緑のものが多いのが特徴です。一方、陽性の食品は寒い地域でできるもので、赤、黒、ダイダイなどの色をしています。

 そばは、国内では信州や東北地方など、主に寒冷地で栽培され、黒い色をしています。つまり、そばは陽性の食品であり、体を温めて代謝をアップさせる効果があるのです。

 では、なぜ、昼にそばを食べるのがいいのでしょうか。
 夕食後就寝している間は、ある意味、断食している状態です。その後、朝起きたときはまだ、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが優位であり、体は排泄の時間だと認識しています。

 こうした朝の時間帯に食事をたくさんとると、大腸や腎臓の排泄力が低下してしまうため、朝食はあまり食べないことが理にかなっています。ですから、私がお勧めする朝食は、ニンジンジュースやショウガ紅茶だけです。

 それが昼になると、交感神経の働きが高まって、食物をとり入れるべく体が機能し始めます。断食明けの補食ともいうべき昼食は、なるべく動物性のたんぱく質や脂肪を含まない、消化のよいものがベストです。この点でも、消化・吸収のよいそばが勧められるのです。

ワカメやとろろとの組み合わせがお勧め

 次に、昼そばが特に効果を発揮した例をご紹介します。
 54歳の男性は、身長172cmで92kgの肥満体型。10年前から糖尿病と脂肪肝を患っていました。
 そこで、朝はニンジンジュース、昼はそば、夜はなるべく陽性の食品をたくさんとる習慣を実践してもらいました。 
 すると、昼そばを開始して1ヵ月半後には88kg、2ヵ月半後には80kgとなり、合計12kgもの減量に成功したのです。
 しかも当初は、ヘモグロビンA1cが9.1%もありましたが、5.3%と、基準値まで改善することができました。さらに、肝機能値のγ︲GTP(基準値は55単位以下)も、3けた台から2けたに下がっています。

 このように糖尿病の改善にもダイエットにも役立つ昼そばですが、いくつか注意点があります。
 当然ですが、食べるときに天ぷらやかき揚げ、油揚げをいっしょに食べると効果は下がってしまいます。お勧めは、かけそばやもりそばです。

 とはいえ、毎日そればかりだと続かないでしょう。その場合は、ワカメそばや、とろろそばにしてみましょう。ワカメは、糖分が腸から吸収されるのをおさえる働きがあります。ヤマイモは血流をよくし、下半身を強化するといった効果が期待できます。
 加えて、ネギ、ワサビ、七味トウガラシなどの薬味をたっぷりかけて食べれば、体を温める効果が増大し、ダイエットにも効果的と考えられます。
 皆さんも、昼食をそばにして、糖尿病の改善やダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

解説者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)
帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで診療を行う。
近著に『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)がベストセラーに。

●石原新菜 オフィシャルサイト​
https://www.ninaishihara.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)