【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

【腸研究の権威が提言】排便量は戦前の半分減!「健康になりたければでかいウンコを出せ」

腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し消化を助けビタミンBやCなどを合成するのです。人が幸せを感じるとき脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。腸で作られたその前駆物質を脳に送っているのも、腸内細菌です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


食物繊維の摂取がへり腸内細菌が激減!

 近年、日本人のウンコが、驚くほど小さくなっています。戦前の日本人は、1日約400gを排便していましたが、戦後は徐々に量がへり、現在では、150〜200g程度しかないのです。

 ウンコの内訳は、水分を除けば、約半分が腸壁の細胞と、食べ物の残りカス、そして、残りの約半分が死んだ腸内細菌と、生きた腸内細菌です。つまり、大きいウンコには腸内細菌も多いのです。

 ウンコが小さくなった原因は、腸内細菌のえさになる食物繊維の摂取量が激減したことです。1950年の日本人の食物繊維の1日当たりの摂取量は27gでしたが、今は12gと半分以下になっています。
 こうして、私たちの腸内細菌が激減しているわけです。これが、私たちの体にどう影響するのでしょうか。

 腸内細菌は、私たちの健康を保つうえで、非常に大切な働きをしています。病原菌を排除し、消化を助け、ビタミンBやCなどを合成するのです。
 人が幸せを感じるとき、脳内にはドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されます。その前駆物質はまず腸で作られます。それを脳に送っているのも、腸内細菌です。

 また、人が病気にならないために、体内では免疫(病気から身を守るシステム)が常に機能しています。その免疫の働きの約70%を、腸内細菌が築いています。腸内細菌のバランスが乱れて、腸の調子が悪くなれば、免疫がうまく働かなくなります。

 このシステムが低下すると、カゼやインフルエンザにかかりやすくなるだけでなく、ガンや生活習慣病など、さまざまな病気を招いてしまいます。

戦後以降にやってきたことの逆を行え!

 現代では、うつになる人がふえています。昔はほとんどなかったうつがこれほどにふえてしまったのは、日本人の腸内細菌がへってきたことが主な原因と私は考えています。食物繊維の摂取量の激減に反比例するように、うつの患者は激増してきたのです(下のグラフ参照)。

 うつは、脳内の幸せ物質の一つであるセロトニンの量が少なくなると、発症することがわかっています。腸内細菌は、脳内の幸せ物質となる前駆物質を合成していますから、腸内細菌の不足が、まさに直接、脳に影響を及ぼしています。私たちが幸せで元気に暮らすためには、腸が健康でなくてはなりません。

 また、50年前には、日本にアレルギー性疾患はほとんどありませんでした。日本人のスギ花粉症第一例は、1963年、日光市で見つかりました。
 ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患が日本人に出現するようになったのは、1965年ごろからです。その後、アレルギー体質の日本人は1970年代に生まれた人に急増し、現在では三人に一人がアレルギー症状を持っています。ことに子供に多く、特に都市部では、アレルギー症状を示す子供の割合が、二人に一人といいます。

 こうしたアレルギー増加の背景に、現代社会の清潔志向があると私は考えています。現代社会が、私たちの体を守っている皮膚常在菌や腸内細菌などの微生物を「キタナイもの」として排除してきたことが、結果としてアレルギーが多発する状況を招き寄せてしまったのです。

 アレルギーに悩む人の腸では、腸内細菌がへり、腸内環境が悪化していることはいうまでもありません。

 では、こうした状況を変え、私たちがかつての健康な腸を取り戻すためには、どうしたらよいでしょうか。

 わかりやすくいえば、再び、大きなウンコができるようになることを目指してください。そのためには、戦後以降、私たちがやってきたことの逆を行うことが大原則となります。

 まず、野菜や海藻類、豆類、果物類をしっかりとって、腸内細菌のえさとなる食物繊維の摂取量をふやします。極端な清潔志向をやめて、落ちた物も拾って食べる心意気も肝心です。
 こうして腸内環境がアップすれば、NK細胞を代表とする免疫細胞も活性化しますから、ガン予防にも役立つでしょう。腸内環境が整えば、老化や生活習慣病の原因物質である活性酸素を消す力も高まりますから、生活習慣病の予防・改善になります。

 理想のウンコは、「バナナ1〜2本分」「黄褐色」「においが少ない」「練り歯磨きの硬さ」「スパッと切れがよい」ものです。日々、こうした理想のでっかいウンコを出すことを目指してください。

藤田紘一郎先生
1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院博士課程修了。医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て現職。免疫や腸内細菌、伝染病の研究の第一人者。著書に『50歳からは肉を食べ始めなさい』(フォレスト出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

腸の働きというと、まず食べ物の消化・吸収を思い浮かべると思いますが、もう一つ極めて重要な働きがあります。それは、血液をつくり出す「造血機能」です。元気で長生きするには、必然的に腸を正常で健康な状態に保つことと、なにをどのように食べるかが重要になってきます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

【腸内環境を整える食事】気能値の高い「自然塩・玄米・野菜」を食べるとよい

気能値が高い食品はそれだけエネルギーに満ちているので、人体にとって有益です。新鮮な海産物の気能値は、一般に肉類より3倍程度高いと覚えておきましょう。食事の全体的な組み立てについては、気能値が高い玄米を主食にしましょう。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

【横綱・白鵬も実践】腸内環境を整えて細胞を若返らせる「断食(ファスティング)」のやり方

ミネラルファスティングを行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)