「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

「みそキャベツ」が日本人を救う?腸内細菌を育てる【育菌】の話

生後1年間で、どれだけ多種多様な細菌を取り込んだかで、その人が一生にわたって持ち続ける腸内細菌叢の基本的な組成が決まります。その組成は一人ひとりで違いますから、この生後1年がとても大事なのです。では、すでにその組成が決まってしまっている大人はどうしたらよいでしょうか。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授 )


日和見菌を善玉化させることが重要

 私たちの健康を守るうえで非常に重要な役割をしている腸内細菌叢とは、どのようにして形作られるのでしょうか。
 赤ちゃんは、お母さんの胎内にいるときは無菌状態で、腸内細菌もいません。
 しかし、産道を通って生まれるとき、お母さんの体についている膣液や排泄物などに含まれる、さまざまな細菌類を体に取り込みます。
 生まれたのちには、赤ちゃんは手にふれるものをなんでも舐めたがります。舐めることで、菌を次々取り込んでいるのです。

 これは、バランスのとれた腸内細菌叢を作り上げるために必要な行動です。まず、これらの菌がふえて、それを土台に、母乳から摂取した善玉菌が繁殖していきます。
 ですから、赤ちゃんのふれるものをみんな消毒してしまうと、赤ちゃんが菌を取り込めず、貧弱な腸内細菌叢しか作れない恐れがあります。
 すると、免疫力も弱くなり、アレルギー疾患などを起こしやすくなります。こうして現代の清潔志向の社会が、免疫力の弱い人間を作りだしてしまうのです。

 生後1年間で、どれだけ多種多様な細菌を取り込んだかで、その人が一生にわたって持ち続ける腸内細菌叢の基本的な組成が決まります。その組成は一人ひとりで違いますから、この生後1年がとても大事なのです。
 では、すでにその組成が決まってしまっている大人はどうしたらよいでしょうか。

 腸内細菌の最大勢力は、善玉菌でも悪玉菌でもなく、日和見菌です。最初の1年で個人の菌の組成は決まりますが、その後も、善玉菌と悪玉菌が拮抗し、その数は変動をくり返します。その変動に応じて日和見菌が善玉になったり、悪玉になったりします。
 つまり、私たちは善玉菌をふやすよう心がけて、最大勢力の日和見菌を善玉化させることが重要です。そのためには、どんなことを心がければよいでしょうか。

腸の健康を保つには「育菌」に注目せよ!

 乳酸菌が善玉菌であることはご存じでしょう。乳酸菌とは、菌の種類の総称で、その仲間には、ビフィズス菌やカゼイ菌など、多種多様な菌がいます。しかも、これらの乳酸菌のうち、どの菌が自分の腸に合うかは、人によって違うのです。

 腸内細菌叢の組成は、人によって違うとお話ししましたが、乳酸菌についても、自分の腸内細菌叢と相性が合う乳酸菌と、合わないものがあるのです。合わない乳酸菌は腸に棲みつけず、3〜7日で排泄されてしまいます。

 では、毎朝ヨーグルトを食べても、合わない乳酸菌だったら、無駄なのでしょうか。決して無駄にはなりません。たとえ乳酸菌が相性が合わず排除されてしまっても、あるいはまた、胃酸で乳酸菌が死んでしまっても、それらは、腸内で生息している乳酸菌のえさとなり、繁殖に大きく役立つからです。
 ただ、私は今後、腸の健康を保つ方法は、育菌(自分の乳酸菌を育てること)に重点が移っていくと考えています。善玉菌を新たに腸に入れるよりも、赤ちゃんのころから腸に棲んでいるマイ乳酸菌をふやすほうが、腸の健康のためには効率的なのです。

 こうした点から考えると、日本人の腸には、日本の発酵食品が最適といえるでしょう。
 みそやしょうゆ、酢、納豆、ぬか漬けなど、日本人が昔から食べ継いできた発酵食品には、たっぷりと乳酸菌が含まれています。

 私たちの腸にいる乳酸菌は、親から子へ、養育環境の中で受け継がれてきたものです。当然ながら、日本人のマイ乳酸菌との相性を考えれば、日本の発酵食品に含まれる乳酸菌のほうが、欧米の乳酸菌より相性がいいはずです。
 しかも、日本の発酵食品は多くが植物性です。植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも胃酸に強く、生きて腸に届きやすいことが知られています。

 育菌で腸を元気にするためには、納豆やみそ、しょうゆなどの日本古来の発酵食品をぜひ毎日の食卓に乗せるように心がけてください。
 この際、私が特にお勧めしているメニューの一つが、「食前みそキャベツ」です。
 食前みそキャベツは、1日3回、食事の前に、小さなお皿一杯分(約100g)のキャベツに、みそをつけて食べるというものです。生のキャベツを食べやすい大きさに切って、よくかんで食べてください。

 100gのキャベツには約2gの食物繊維が含まれていますから、これによって1日6gの食物繊維をとることができます。日本人の食物繊維の目標値は、19gです。ところが、平均摂取量は14gなので、食前にみそキャベツをとれば、目標値を超えるわけです。

 食物繊維の豊富な食事を続けていると、腸内のバランスが最良の状態に保たれ、腸内細菌は数をふやし、その働きが活性化してきます。

 しかも、みそは日本人の体に合った乳酸菌のほか、麹菌や酵母菌などの善玉菌も含んでいます。ですから、食前みそキャベツは、腸の健康のために一石二鳥どころか、一石三鳥にもなるメニューなのです。

→腸内細菌を増やせば、ガンやうつを予防できる!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

長野県が長寿日本一の理由は?腸内環境を整える「気能値」の高い食物が健康のカギ

腸の働きというと、まず食べ物の消化・吸収を思い浮かべると思いますが、もう一つ極めて重要な働きがあります。それは、血液をつくり出す「造血機能」です。元気で長生きするには、必然的に腸を正常で健康な状態に保つことと、なにをどのように食べるかが重要になってきます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)


【胃腸の調子を整える】乳酸菌たっぷりの「白菜鍋」の作り方

【胃腸の調子を整える】乳酸菌たっぷりの「白菜鍋」の作り方

材料を切って、火にかけるだけという手軽さ。お肉はもちろん、魚介を使うのもお勧め。乳酸菌の力でサッパリといただける、胃腸にやさしい鍋が完成します。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


【胃腸の調子を整える】台湾の漬け物「酸白菜」とは?疲れが取れて胃腸の調子もよくなる

【胃腸の調子を整える】台湾の漬け物「酸白菜」とは?疲れが取れて胃腸の調子もよくなる

私が発酵の世界に目覚めたのは、栗生隆子さんのお子さんと私の子どもの学校がいっしょで、仲良くおつきあいをするうちに、栗生さんが発酵生活研究家だということを知り、私も発酵食に興味を持つようになりました。【解説】小林泉美(囲碁棋士)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)