MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【下剤が効かない】ひどい便秘 今すぐ解消したい人にお勧め「ゴロ寝体操」

【下剤が効かない】ひどい便秘 今すぐ解消したい人にお勧め「ゴロ寝体操」

筋肉と同じように、腸の筋肉も使わないと痩せていきます。薄くなったペラペラの腸は、便を押し進める力が弱くなり便が出にくくなります。また、薄い腸は伸びて、ねじれや下垂を起こしやすくなります。それも、腸に便が滞る原因で、ペラペラ腸の人は、薬を飲んでもなかなか便秘が改善しにくいのです。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)

悪玉菌がふえると腸がやせて動かなくなる

 私は、大腸内視鏡の専門医で、これまでに4万人以上の大腸を診てきました。そこで、気づいたのが、高齢の女性で、長く便秘を患っている人の多くは、腸がペラペラに薄いということです。
 内視鏡で見ると、大腸の右上の角部分(肝弯曲)が青く透けています。これが健康な腸の人なら、肉厚できれいなピンク色をしているのです(下の写真参照)。

 筋肉は使わないと、衰えて細くなるように、腸の筋肉も使わないと、やせていきます。このような腸を、私は「ペラペラ腸」と呼んでいます。
 腸がやせて薄くなると、便を押し進める力が弱くなります。また、薄い腸は伸びて、ねじれや下垂を起こしやすくなります。それも、腸に便が滞る大きな原因になります。

 高齢の女性は、約8割の人が便秘です。その中でも、ペラペラ腸の人は、薬を飲むだけではなかなか便秘が改善しにくくなっています。

 ところで、便秘と関係が深いといわれているのが大腸ガン。現在、女性のガンによる死亡率のトップです。大腸ガンを防ぐには、まず便秘にならないことです。そのためにも、便秘の原因となるペラペラ腸は早急に改善しなくてはなりません。
 ペラペラ腸になる原因には、腸内環境も関係しています。
 腸の中には、人に有用な働きをする善玉菌と、害を及ぼす悪玉菌がいます。善玉菌が優位だと、善玉菌が出す乳酸や酢酸などの有機酸がふえて、腸内が酸性に傾きます。その影響で、悪玉菌の増殖がおさえられたり、腸の運動が活発になったりして、健康的な腸を維持できます。

「健康な腸」と「ペラペラ腸」の違い(画像)

 ところが、悪玉菌が優位になると、腸内には悪玉菌が作る毒性ガスがふえます。これが腸壁に作用して、腸は動きが鈍くなり、腸壁が薄くなっていきます。腸壁が薄くなると、ますます腸が動かず、便秘がひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 高齢になると、ビフィズス菌などの善玉菌が急激にへり、ウェルシュ菌などの悪玉菌が急増してくるため、ペラペラ腸になりやすいのです。
 それに加えて、運動不足や過度のストレス、偏った食事などがあると、悪玉菌がふえ、ペラペラ腸が悪化します。

10回くらい転がると便が動きやすくなる!

 私は、このようなペラペラ腸の人に、腸を元気にする「腸トレ」を指導しています。筋肉を鍛えて太くするように、やせた腸も腸トレで鍛えると、適切な筋肉量に戻すことができます。
 腸トレには、体の内側から腸を鍛えるものと、外側から鍛えるものがあります。
 内側からの腸トレは、水溶性の食物繊維と、乳酸菌を意識してとることで、腸の動きを促進するものです。

 食物繊維には、水溶性と不溶性がありますが、ペラペラ腸の人がいきなり不溶性をとるのはよくありません。不溶性は便のカサをふやすので、腸の動きの悪い人には、腸への負担が大きくなりすぎるからです。
 一方、水溶性は便の水分を保持し、便に粘着を持たせることで、腸を動かしやすくします。ですから、ペラペラ腸の人は、最初は水溶性の食物繊維を多く含むリンゴやキウイなどの果物、納豆やオクラ、海藻類などを積極的にとるようにしましょう。

 腸が動くようになり、お通じがよくなってきたら、不溶性の食物繊維もとって、便のカサをふやすようにしてください。
 ペラペラ腸の人は、悪玉菌が多いので、善玉菌(乳酸菌)を優位にして腸の動きを活発にしてやることも重要です。乳酸菌の仲間のビフィズス菌は、比較的長く大腸に棲めますから、ビフィズス菌を多く含むヨーグルトや飲料水などを選んでとるとよいでしょう。
 外からの腸トレは、散歩がいちばんです。1万歩歩くと、便秘しないといわれています。歩くことによって腸が動き、便が進みやすくなるのです。

ゴロ寝体操のやり方

 腸の運動は、自律神経の一つであり、休息時に働く副交感神経に支配されています。副交感神経を高めるには、「ゆっくり散歩」がいいでしょう。反対に、激しいスポーツは、腸の動きをとめてしまうので、ペラペラ腸の人には不向きです。
 しかし、ひざや腰が悪くて、歩けないという人には、「腸のゴロ寝運動」をお勧めします。

 床や布団の上にあおむけになり、ゴロンゴロンと左右に転がるだけです。寝る前に、左右に10回くらい転がるといいでしょう。できる範囲で体を左右に傾けるだけでもかまいません。
 ゴロゴロ転がると、滞留した便が動きやすくなり、ペラペラ腸のいい運動になります。

解説者のプロフィール

後藤利夫先生
1988年、東京大学医学部卒業。専門は大腸内視鏡検査で、無痛検査「水浸法」という独自の検査法を考案。全国20以上の病院で大腸内視鏡検査を実践・指導。4万人以上を検査し無事故の実績を持つ。
新宿大腸クリニック
http://www.shinjuku-clinic.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
塩発酵キャベツを常備できるようになり、2日に1回くらいの頻度で塩発酵キャベツを食べていたところ、半年くらいで慢性便秘が解消しました。また、便秘をしていた頃は下腹がポッコリ出ていましたが、今はかなりへこみました。昔のジーンズをはくと、ヒップラインや太もものあたりが明らかにゆるく感じます。【体験談】濵崎希(会社員・45歳)
更新: 2019-02-03 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt