【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

【ステーキは長寿食】50歳を過ぎたら肉を食べよ!その理由と食べ方のコツ

「肉はとってはいけない」と思う人が多いようです。肉を食べると、コレステロールがふえて血管にたまり、動脈硬化を起こし、腸内環境が悪化すると考えるからです。しかし、長寿を考えると、これは間違いです。50歳を過ぎて、長生きしたければ、肉を食べなければなりません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


日野原重明先生も週2回はステーキを召し上がっていた!

 心身を健康にするには、腸内細菌をふやし、腸内環境のバランスを整えることが大事です。そのためには、食物繊維の多い野菜や豆類、海藻類や、日本の発酵食品であるみそや納豆、ぬか漬けなどをしっかりとる必要があります。

 そういうと、「肉はとってはいけない」と思う人が多いようです。肉を食べると、コレステロールがふえて血管にたまり、動脈硬化を起こし、腸内環境が悪化すると考えるからです。
 しかし、長寿を考えると、これは間違いです。50歳を過ぎて、長生きしたければ、肉を食べなければなりません。

 人間の体は60兆個もの細胞から作られています。その細胞が正常に働けるのは、それぞれが細胞膜に包まれているためです。細胞膜がなければ、人間は体の機能を保てません。この細胞膜の原料がコレステロールです。
 コレステロールには、体内にコレステロールを供給する役割を持つLDLというコレステロールがあります。これがふえすぎると、血管にたまり、動脈硬化の原因になると、一般的には考えられています。

 しかし、LDLコレステロールが悪玉となるのは、活性酸素と結びつき、過酸化脂質に変性したときです。この過酸化脂質こそが真の悪玉で、血管を傷つけ、ボロボロにするのです。
 ですから、私たちが配慮する必要があるのは、過酸化脂質を作る活性酸素の害を極力へらすことです。決して、肉を食べていけないわけではありません。
 LDLコレステロールがなければ、肝心要の細胞膜を維持できず、体にかえって悪いのです。近年、コレステロール値が高いほど死亡率は低くなるという大規模な研究結果が出されていますし、コレステロールを下げる薬を服用しても、心臓病予防効果は見られない、といった海外報告が相次いでいます。

 確かに、お年寄りでも元気な人は、よく肉を食べます。100歳を超えても現役で医師を続けていた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生も、週に2回はステーキを食べていました。
 私は、ときどき日野原先生と食事をしていましたが、ビックリするほど大きなお肉をペロリと食べてしまわれるのです。百寿者のかたは、そのようにしてじょうぶな細胞を日々作っているのです。

血糖値が正常化し若々しい体になった!

 では、肉を食べると、腸内環境はどうなるのでしょうか。

 確かに、週4回以上肉を食べ、野菜などをとらない食生活をしていたら、体にはよくありません。腸内細菌のバランスがくずれて、免疫力が落ちるなど、いろいろな支障が出てくるからです。
 ですから、肉を食べるときは、必ず野菜もたっぷりとってください。腸内環境を良好な状態に保ち、活性酸素をふやさない工夫をすることです。その条件を守って、週に2〜3回は、しっかり肉を食べましょう。
 私も、糖質をへらして週2回はステーキを食べます。もちろん、みそキャベツも食べています。おかげで、糖尿病で高かった血糖値は正常値になり、体重は10㎏へり、腸の調子も良好です。以前より若々しい体になり、研究と講演、執筆活動にもますます邁進できるようになりました。

 人間の体は、50歳を境に、生殖のための体から、長寿のための体に変わります。50歳前後に、性ホルモンの分泌量は大幅にへり、老化のスピードが上がっていきます。そこで、外から性ホルモンの材料を大量に補う必要があります。その材料になるのが、やはり肉の持つコレステロールなのです。
 ですから、50歳を過ぎたら、肉をぜひ食べてください。

→腸内細菌を増やす「みそキャベツ」についてはコチラ

 最後に、腸内細菌のえさとなり、活性酸素の消去にも役立つ「フィトケミカル」について、ご紹介しましょう。
「フィト」はギリシャ語で植物、「ケミカル」は化学物質。植物が紫外線や外敵から自身を守るために作り出す物質で、強力な抗酸化力を持っています。主に野菜や果物に含まれる色や香り、辛み、苦みの成分のことです。

 具体的には、植物の色素成分であるポリフェノール、緑黄色野菜などに含まれる色素成分のカロテノイド、ネギ類の香りや、ダイコンの辛み成分であるイオウ化合物、ハーブ類や柑橘類の香りや苦み成分のテルペン類、キノコ類に含まれるβ─グルカンなどです。

 フィトケミカルを多く含む食品は、「色が濃く、香り・辛み・苦みの強い野菜と、海藻類とキノコ類」と覚えていただいてもけっこうです。上の一覧は、その一部となります。異なる色の野菜をそろえて食べると、フィトケミカルの種類を豊富に摂取できるでしょう。
 肉とともに、たっぷりとフィトケミカルをとってください。これによって腸内環境が整い、腸が元気になり、しかもしっかりと細胞の強化を図ることができるはずです。ピンピンコロリの長寿も夢ではありません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

肝臓病の予防や進行阻止、改善には、なんといっても食生活が重要です。そのポイントは、「体の酸化・糖化・鉄化を防ぐ」ということです。そこで、酸化対策として、食事でファイトケミカルを上手にとることが大切です。活性酸素を除去する「抗酸化作用」を持っています。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)