皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


体温を上げて内臓の働きを強化

 私が実践し、クリニックの患者さんにも勧めている健康法の一つが「ショウガ氷」です。
 ショウガ氷とは、洗ったショウガを皮ごとすりおろし、保存袋に薄く延ばして、割りやすいように、はしなどで袋の上から切れ目をつけて冷凍したもの。まとめて作っておけば、使いたい量だけパキッと割って、ショウガ紅茶や料理にすぐ使えるので、とても便利なのです。

 ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。

 まず、ジンゲロールには、免疫力(病気に対する抵抗力)を高める作用があります。殺菌作用、抗ガン作用、胆汁の分泌を促進する作用などもあります。また、血管を拡張させて血流を促す働きもあるので、血行がよくなって体が温まります。

 次に、ショウガオールには、抗酸化作用(酸化を防止する働き)があります。コレステロールを抑えて血液をサラサラにして、消化吸収能力を高める働きもあります。また、体内の脂肪の燃焼を促進し、発熱させることによって体温を上げる作用もあるのです。

 高血圧、糖尿病、高脂血症(血液中にコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態)、肥満、リウマチ、関節炎、イライラ、うつ、不眠、肩こり、頭痛、便秘、むくみ、体のほてり、吹き出物、自律神経失調症(内臓や血管の働きを調整する神経の不調によって起こる病気)、更年期障害、慢性疲労など、あらゆる病気や不調の原因には冷えがあります。

 ショウガを日常的に摂取することによって、二つの薬効成分が働き、体温が上がります。冷えが改善すると、代謝機能が正常化し、内臓の働きが強化されるので、さまざまな病気や不調が改善されるのです。内臓の強化によって、シミ、シワ、肌荒れ、抜け毛、薄毛の改善など、美容効果も得られます。

 ショウガ氷を利用すれば、ショウガ紅茶を手軽に作れます。カップに熱い紅茶を注いで、そこにショウガ氷(10~15g)を入れ、少量の黒砂糖かハチミツで甘味をつけて飲みます。みそ汁や野菜炒めに、ショウガ氷を適量加えるのもお勧め。サラダのトッピングとして、ショウガ氷を使うのもよいでしょう。

ショウガ氷でさまざまな病気や不調を改善!

血行がよくなり飛蚊症激減!

 次に、ショウガ氷を活用して、大きな効果を上げた体験例を紹介しましょう。

 Aさん(65歳・女性)は、60代になってから、飛蚊症に悩まされるようになりました。そこで、ショウガ氷を作り、毎朝ショウガ紅茶にして飲み始めました。2~3ヵ月後、両目の前にたくさん飛んでいた蚊のようなものが激減。これは、ショウガによって血行がよくなり、眼球の硝子体の代謝も改善されたことで、飛蚊症の症状の軽減につながったのでしょう。

 Bさん(51歳・男性)は、来院時に、体重が94㎏あり(身長は170cm)、糖尿病、高血圧、痛風を患っていました。毎日7種類の薬を飲んでいましたが、症状は改善しなかったのです。
 詳しい診察の後で、Aさんと相談の上、すべての薬をやめてもらいました。そして、朝はショウガ入りニンジンジュース、昼はとろろそば、夜は和食。さらに、1日3杯以上、ショウガ紅茶を飲んでもらいました。そこで大いに役立ったのが、ショウガ氷でした。
 その結果、8・2%あったヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、正常値は6・2%未満)は、3ヵ月後には、6・6%まで低下しました。血圧(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)は、160~170㎜Hgと高かった最大血圧が、120~132㎜Hgまで下がったのです。
 尿酸値(正常値は7・0㎎/dl以下)も、以前は10・9㎎/dlでしたが、7・2㎎/dlまで低下しています。その上、半年で10㎏の減量に成功しました。ショウガ氷を活用したおかげで、薬に頼らず健康になったのです。

 Cさん(46歳・女性)は、17年前から関節リウマチで悩み、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を使っていましたが、ほとんどよくならず、手足の関節にかなりの痛みがありました。
 詳しい診察の後で、ショウガ氷の活用など、積極的にショウガを摂取するように指導したところ、3ヵ月で関節の痛みが和らいだのです。

 最近、アメリカで行われた研究で、ショウガには、ガン細胞を自然死に導く作用もあることがわかってきました。ショウガは、今後もさらに注目される食品となっていくでしょう。

 ショウガの持つ多様な健康効果を生かすために、皆さんも、ぜひショウガ氷を上手に活用してみてください。

ショウガ氷の作り方はコチラ

ショウガ氷を勧める石原先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )