MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも効果を発揮【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも効果を発揮【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

体温を上げて内臓の働きを強化

 私が実践し、クリニックの患者さんにも勧めている健康法の一つが「ショウガ氷」です。
 ショウガ氷とは、洗ったショウガを皮ごとすりおろし、保存袋に薄く延ばして、割りやすいように、はしなどで袋の上から切れ目をつけて冷凍したもの。まとめて作っておけば、使いたい量だけパキッと割って、ショウガ紅茶や料理にすぐ使えるので、とても便利なのです。

 ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。

 まず、ジンゲロールには、免疫力(病気に対する抵抗力)を高める作用があります。殺菌作用、抗ガン作用、胆汁の分泌を促進する作用などもあります。また、血管を拡張させて血流を促す働きもあるので、血行がよくなって体が温まります。

 次に、ショウガオールには、抗酸化作用(酸化を防止する働き)があります。コレステロールを抑えて血液をサラサラにして、消化吸収能力を高める働きもあります。また、体内の脂肪の燃焼を促進し、発熱させることによって体温を上げる作用もあるのです。

 高血圧、糖尿病、高脂血症(血液中にコレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態)、肥満、リウマチ、関節炎、イライラ、うつ、不眠、肩こり、頭痛、便秘、むくみ、体のほてり、吹き出物、自律神経失調症(内臓や血管の働きを調整する神経の不調によって起こる病気)、更年期障害、慢性疲労など、あらゆる病気や不調の原因には冷えがあります。

 ショウガを日常的に摂取することによって、二つの薬効成分が働き、体温が上がります。冷えが改善すると、代謝機能が正常化し、内臓の働きが強化されるので、さまざまな病気や不調が改善されるのです。内臓の強化によって、シミ、シワ、肌荒れ、抜け毛、薄毛の改善など、美容効果も得られます。

 ショウガ氷を利用すれば、ショウガ紅茶を手軽に作れます。カップに熱い紅茶を注いで、そこにショウガ氷(10~15g)を入れ、少量の黒砂糖かハチミツで甘味をつけて飲みます。みそ汁や野菜炒めに、ショウガ氷を適量加えるのもお勧め。サラダのトッピングとして、ショウガ氷を使うのもよいでしょう。

ショウガ氷でさまざまな病気や不調を改善!

血行がよくなり飛蚊症激減!

 次に、ショウガ氷を活用して、大きな効果を上げた体験例を紹介しましょう。

 Aさん(65歳・女性)は、60代になってから、飛蚊症に悩まされるようになりました。そこで、ショウガ氷を作り、毎朝ショウガ紅茶にして飲み始めました。2~3ヵ月後、両目の前にたくさん飛んでいた蚊のようなものが激減。これは、ショウガによって血行がよくなり、眼球の硝子体の代謝も改善されたことで、飛蚊症の症状の軽減につながったのでしょう。

 Bさん(51歳・男性)は、来院時に、体重が94㎏あり(身長は170cm)、糖尿病、高血圧、痛風を患っていました。毎日7種類の薬を飲んでいましたが、症状は改善しなかったのです。
 詳しい診察の後で、Aさんと相談の上、すべての薬をやめてもらいました。そして、朝はショウガ入りニンジンジュース、昼はとろろそば、夜は和食。さらに、1日3杯以上、ショウガ紅茶を飲んでもらいました。そこで大いに役立ったのが、ショウガ氷でした。
 その結果、8・2%あったヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値で、正常値は6・2%未満)は、3ヵ月後には、6・6%まで低下しました。血圧(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)は、160~170㎜Hgと高かった最大血圧が、120~132㎜Hgまで下がったのです。
 尿酸値(正常値は7・0㎎/dl以下)も、以前は10・9㎎/dlでしたが、7・2㎎/dlまで低下しています。その上、半年で10㎏の減量に成功しました。ショウガ氷を活用したおかげで、薬に頼らず健康になったのです。

 Cさん(46歳・女性)は、17年前から関節リウマチで悩み、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を使っていましたが、ほとんどよくならず、手足の関節にかなりの痛みがありました。
 詳しい診察の後で、ショウガ氷の活用など、積極的にショウガを摂取するように指導したところ、3ヵ月で関節の痛みが和らいだのです。

 最近、アメリカで行われた研究で、ショウガには、ガン細胞を自然死に導く作用もあることがわかってきました。ショウガは、今後もさらに注目される食品となっていくでしょう。

 ショウガの持つ多様な健康効果を生かすために、皆さんも、ぜひショウガ氷を上手に活用してみてください。

解説者のプロフィール

ショウガ氷を勧める石原先生

石原新菜(いしはら・にいな)
帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで診療を行う。
近著に『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)がベストセラーに。

●石原新菜 オフィシャルサイト​
https://www.ninaishihara.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
健康を保つ秘訣は、血の巡りをよくすることにつきると言って過言ではありません。なぜなら血液は、細胞に必要な酸素と栄養素を届けるとともに、老廃物を運び去る重要な働きをしています。目の周囲の血流を回復させ、目のトラブルを改善するのにお勧めなのが「ショウガ湯」です。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)
更新: 2018-09-08 19:08:08
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)
更新: 2018-09-04 18:35:37
飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように見える症状)は、西洋医学の立場からは、治療の方法がない疾患とされています。ひぶんしょう、と読みます。眼科にかかっても、「この病気は治りません」といわれて、治すことをあきらめている人も少なくないでしょう。【解説】西田皓一(西田順天堂内科院長)
更新: 2018-04-12 11:32:45
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt