【ガムの健康効果】ガムを噛むと眼圧が下がり老眼が改善 目のピント調節機能にも効果

【ガムの健康効果】ガムを噛むと眼圧が下がり老眼が改善 目のピント調節機能にも効果

目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学助教)


「かむ」効果に注目した浅川先生

目の血流がピント調節にかかわる

 私は、視能訓練士(眼科で目の検査や視機能訓練を行う国家資格の必要な医療従事者)を目指す学生に、目の検査法や小児の視力発達に関する訓練法を教えています。

 一方で、所属する視覚機能療法学の研究室では、「生活習慣による視機能の向上法」についての研究を続けてきました。
 なかでも、「咀嚼(食べ物をよくかみ砕き味わうこと)による目への影響」を評価する実験は、くり返し続けてきた重要なテーマの一つです。

 実験では、すでに眼科以外の分野の研究で、脳や口腔内の血流量を増やすことが確認されていたガム(市販の一般的なもの)を使いました。
 まず私たちは、ガムをかみ続けた後に、眼圧(眼球内の圧力)が低下することを確認。その後、ガムをかんだ後の白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。
 目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。
 実験は、平均年齢21歳の健康な学生10名(男性3名・女性7名)に協力してもらいました。
 ガムをかむ前と、かんだ後の血流変化を、専用の計測装置で測ります。白目の表層に安全な光を照射し、血液中の酸化ヘモグロビン相対濃度(赤血球のたんぱく質濃度による血流変化)を測定するのです。

1.7倍も血流が上がった!

 実験で使用したガムは、市販のミント味です。それを10分間、毎分80回という平均的なスピードでかんでもらうことにしました。咀嚼ではなく、味覚による影響も考えられるため、ガム以外にも、アメでも血流変化を測定しました。

①何も口に入れていない状態
②アメをなめた後
③ガムをかんだ後

 以上の三つの条件下で、10人の血流変化を測り、1人ずつその差を比較しました。

 結果は、ガムをかむことで9人の酸化ヘモグロビン相対濃度が上がったのです。つまり、血流に有意な変化が見られたというわけです。
 白目の血流の変化をわかりやすくするために、ガムをかむ前の酸化ヘモグロビン濃度を100%としましょう。
 アメをなめた後は、平均で105.7%ですが、ガムをかんだ後は167.6%になります。かむ前の約1.7倍も血流が上がったことになり、グラフにすると、その差は一目瞭然です。

 何も口に入れていない状態の酸化ヘモグロビン相対濃度と、アメをなめた後の酸化ヘモグロビン相対濃度はほとんど差が見られず、これにより、味覚の影響ではなく、咀嚼が白目の血流をよくすることが証明されました。

 この実験結果から、ガムをかむと、白目の血流が上がるということがわかります。ガムをかむことが目の機能を活性化させ、目の疲れを改善させたり、ピント合わせ機能を向上させたりする効果が期待できそうです。

1日1回10分間でよい

 白目のすぐ近くには、目のレンズの役割をする水晶体を調節する、毛様体筋という筋肉があります。ガムをかむことが、この毛様体筋にもよい影響を及ぼすことが考えられます。
 加齢により、毛様体筋が弱り、近くにピントが合わせづらくなっている状態の目(いわゆる老眼)にも、ガムをかむことが一定の効果を発揮しそうです。

 今回はガムを使って実験をしましたが、以前にスルメを使って実験をしても結果は同じでした。あくまでも、咀嚼という「かむ」行為によって、目の血流がよくなるということが判明したのです。
 もちろん、皆さんの普段の生活にも、「ガムをかむ効果」を役立てることができます。
 その場合は、1日に1回、10分間を目安にかむといいでしょう。食後に、仕事をしたり、テレビを見たりしながらガムをかんでください。

 長くかみ過ぎて味がなくなったガムでは、かむことが苦痛になって逆効果です。自分の好みの、おいしく感じるガムを選ぶようにしてください。
 なかには、ガムが苦手だったり、入れ歯でできなかったりする人もいると思います。その場合は、普段の食事をできるだけかんで食べることを心掛け、歯ごたえのある食材を積極的に選ぶようにするとよいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 噛む力 視力 眼圧

関連する投稿


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

ニンニク油の効果は多彩ですが、私の体には二つのいい影響がありました。一つは、もの忘れしにくくなったこと。もう一つは、老眼鏡をかけなくても、はっきりと文字が見えることです。ただし、ニンニク油をたっぷりかけたニンジンサラダを食べないと、視力が下がる日もあります。【体験談】コンラード・トシ(主婦・78歳)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )