【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 自分で治す「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


下肢静脈瘤になりやすい人は?職業は?対策は?

 加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。
 静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。
 なぜ、下肢の血管がこのように膨らんでしまうのでしょうか。それは人間特有の、直立二足歩行が関係しています。

 血液は心臓から送り出され、動脈を通って全身のすみずみに運ばれた後、静脈を通って心臓に戻ってきます。この、心臓に戻る静脈の流れを、「静脈還流」といいます。
 下肢静脈瘤は、下肢の静脈還流が滞り、静脈に血液がたまったものです。
 心臓から最も遠い部位である足は、重力に逆らって血液を心臓まで戻しています。この役割を助けているのが、ふくらはぎの筋肉です(筋ポンプ作用)。

 歩いたり足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉は収縮、弛緩をくり返して足の静脈を圧迫し、血液を上に押し上げます。それによって血液が心臓のほうに流れます。しかし、筋ポンプ作用だけでは、血液が逆流する怖れがあります。

 それを防ぐために、静脈には逆流防止の「弁」がついています。弁はハの字形をしており、血液が心臓に向かって流れているときは開き、通過した後はピタッと閉じて、血液が下に戻らない仕組みになっています。
 ところが、この弁が何らかの理由で壊れ、筋のポンプ作用が低下すると、血液が逆流して静脈瘤ができてしまうのです。

 下肢静脈瘤になりやすいのは、次の人たちです。

・妊娠・出産経験のある女性
 妊娠すると、女性ホルモンの影響で血管が広がりやすくなり、弁が閉じにくくなります。また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が下腹部を圧迫し、静脈内の圧力を高めて静脈瘤ができやすくなるのです。
 出産後に一時的に改善しますが、加齢とともに筋ポンプ作用が低下し、弁も壊れて、再び悪化してきます。
 さらに女性は男性よりも筋力が弱いため、男性の2〜3倍多く発症します。

・立ち仕事の多い人
 長時間、立ち仕事をしていると、足を動かさないので筋ポンプ作用が働かず、血液が足にたまりやすくなります。美容師、調理師、警備員などの職業の人は要注意です。

 それ以外にも、家族に下肢静脈瘤の人がいたり、加齢や運動不足や肥満は発症のリスクを高めます。
 下肢静脈瘤になると、見た目が悪いだけでなく、足のむくみ、重だるさ、こむら返り、ピリピリ・チリチリした痛みなどが起こります。
 進行すると、うっ滞性皮膚炎を起こし、重度になると潰瘍(皮膚が欠損した状態)になることもあります。
 ただし、むくみや重だるさ、こむら返りなどは、ほかの原因で起こることもあります。いちがいに静脈瘤が原因とはいえませんので、心配な場合は、専門医の診察を受けてください。

 また、静脈瘤は命にかかわる病気ではないので、必ずしも治療する必要はありません。
 静脈瘤による足の痛みやむくみは、セルフケアで改善できます。壊れた弁は治りませんが、足のポンプ作用を強化して、静脈にたまった血流を心臓のほうに戻せば、コブが小さくなり、症状も軽くなります。

 そこで今回、ご紹介するのが「つま先立ち体操」です。背すじを伸ばして立ち、つま先の上げ下げをくり返す体操です。
 つま先で立つと、ふくらはぎにキュッと力が入って、筋ポンプ作用が促されます。
 これを、一度に10回行います。立ち仕事の人は、1時間に1回行うのがお勧めですが、最低でも1日5~8回行うといいでしょう。必ずイスの背などにつかまって行ってください。

お茶の水血管外科クリニック院長
広川雅之
静脈の病気を専門とする。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術、日帰りストリッピング手術、血管内レーザー治療など下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行う。著書『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版刊)が好評発売中。

【関連記事】下肢静脈瘤に効果「弾性ストッキング」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

猫背を固定させないよう、こまめにリセットすること。効果的な方法として考案したのが「背伸ばし体操」です。この体操は、家事や仕事の合間などに手軽にでき、短時間でうつむき姿勢をリセットできます。背伸ばし体操は、ネコ背という姿勢の生活習慣病の「特効薬」と言えるでしょう。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

猫背は姿勢の生活習慣病です。背伸ばしストレッチで猫背を改善し、背すじの伸びた正しい姿勢を手に入れてください。子供だけでなく、中学生も高校生も、大人の身長も伸びます。目が良くなるうえに、腰痛や肩こりの症状が改善され、背まで高くなる、というオトクなです。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)