医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 つま先立ち体操のやり方

【ふくらはぎがだるい】足のむくみは下肢静脈瘤が原因 つま先立ち体操のやり方

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


下肢静脈瘤になりやすい人の職業と対策

 加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。
 静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。
 なぜ、下肢の血管がこのように膨らんでしまうのでしょうか。それは人間特有の、直立二足歩行が関係しています。

 血液は心臓から送り出され、動脈を通って全身のすみずみに運ばれた後、静脈を通って心臓に戻ってきます。この、心臓に戻る静脈の流れを、「静脈還流」といいます。
 下肢静脈瘤は、下肢の静脈還流が滞り、静脈に血液がたまったものです。
 心臓から最も遠い部位である足は、重力に逆らって血液を心臓まで戻しています。この役割を助けているのが、ふくらはぎの筋肉です(筋ポンプ作用)。

 歩いたり足首を動かしたりすると、ふくらはぎの筋肉は収縮、弛緩をくり返して足の静脈を圧迫し、血液を上に押し上げます。それによって血液が心臓のほうに流れます。しかし、筋ポンプ作用だけでは、血液が逆流する怖れがあります。

 それを防ぐために、静脈には逆流防止の「弁」がついています。弁はハの字形をしており、血液が心臓に向かって流れているときは開き、通過した後はピタッと閉じて、血液が下に戻らない仕組みになっています。
 ところが、この弁が何らかの理由で壊れ、筋のポンプ作用が低下すると、血液が逆流して静脈瘤ができてしまうのです。

つま先立ち体操のやり方

 下肢静脈瘤になりやすいのは、次の人たちです。

・妊娠・出産経験のある女性
 妊娠すると、女性ホルモンの影響で血管が広がりやすくなり、弁が閉じにくくなります。また、妊娠後期になると、大きくなった子宮が下腹部を圧迫し、静脈内の圧力を高めて静脈瘤ができやすくなるのです。
 出産後に一時的に改善しますが、加齢とともに筋ポンプ作用が低下し、弁も壊れて、再び悪化してきます。
 さらに女性は男性よりも筋力が弱いため、男性の2〜3倍多く発症します。

・立ち仕事の多い人
 長時間、立ち仕事をしていると、足を動かさないので筋ポンプ作用が働かず、血液が足にたまりやすくなります。美容師、調理師、警備員などの職業の人は要注意です。

 それ以外にも、家族に下肢静脈瘤の人がいたり、加齢や運動不足や肥満は発症のリスクを高めます。
 下肢静脈瘤になると、見た目が悪いだけでなく、足のむくみ、重だるさ、こむら返り、ピリピリ・チリチリした痛みなどが起こります。
 進行すると、うっ滞性皮膚炎を起こし、重度になると潰瘍(皮膚が欠損した状態)になることもあります。

 ただし、むくみや重だるさ、こむら返りなどは、ほかの原因で起こることもあります。いちがいに静脈瘤が原因とはいえませんので、心配な場合は、専門医の診察を受けてください。

 また、静脈瘤は命にかかわる病気ではないので、必ずしも治療する必要はありません。
 静脈瘤による足の痛みやむくみは、セルフケアで改善できます。壊れた弁は治りませんが、足のポンプ作用を強化して、静脈にたまった血流を心臓のほうに戻せば、コブが小さくなり、症状も軽くなります。

 そこで今回、ご紹介するのが「つま先立ち体操」です。背すじを伸ばして立ち、つま先の上げ下げをくり返す体操です。
 つま先で立つと、ふくらはぎにキュッと力が入って、筋ポンプ作用が促されます。
 これを、一度に10回行います。立ち仕事の人は、1時間に1回行うのがお勧めですが、最低でも1日5~8回行うといいでしょう。必ずイスの背などにつかまって行ってください。

解説者のプロフィール

お茶の水血管外科クリニック院長
広川雅之
静脈の病気を専門とする。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術、日帰りストリッピング手術、血管内レーザー治療など下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行う。著書『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版刊)が好評発売中。

下肢静脈瘤を改善する【弾性ストッキングの効果】

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。【体験談】神田理央(仮名・主婦・37歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)