【やり方】ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

【やり方】ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


絶えず小刻みに動く関節は関節症にならない

 変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。
 レントゲン写真で診断をつけ、進行の程度がわかる病気ですが、これまで、保存療法(手術に頼らない治療)で関節症が改善したことを、レントゲン写真で示したものは、世界的に見てもありません。

 ところが当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。
 証拠のレントゲン写真を示しながら、この新療法をご紹介します。

 長い間、整形外科医の間では「すり減った軟骨は再生しない」と考えられていたので、「貧乏ゆすり」を初めて学会に発表したときは、結果を疑う否定的な意見も多くありました。

 貧乏ゆすりを始めたきっかけは、術後の成績向上を促すためでした。
 当院は、「キアリ骨盤骨切り術」という、関節温存手術を、かなり進行した変形性股関節症の患者さんに積極的に行っています。しかし術後、関節のすき間(太ももの骨の先端の丸い部分=大腿骨頭と、股関節の骨盤側のくぼみ=臼蓋の間)がうまく開かないケースがあります。

 関節のすき間が開くというのは「軟骨が形成された」ということを意味します。そうした患者さんに、貧乏ゆすりを勧めることを思いつきました。
 ヒントになったのは、カナダの整形外科医・ソルター博士が考案したCPMです。
 博士は、呼吸をするために24時間動いている肋骨と胸椎(背骨の胸の部分)、肋骨と胸骨(胸の前方にある縦長の骨)の間には関節症がないという事実に気付いて、動物実験を行います。
 その結果、関節に負担をかけない「小刻みな摩擦運動」は、軟骨の再生を促すことを証明しました。そして、股関節を持続的に動かす医療機器・CPMを開発したのです。

80代でも軟骨が再生した!

 CPMは高価で大きな器械ですので、家庭に備え付けて使用するものではありませんし、長時間、患者さんが使用するのは現実的ではありません。
 代わりに、同様の効果が得られる摩擦運動はないかと考えて思いついたのが、貧乏ゆすりでした。
 貧乏ゆすりの成果は予想以上でした。

 77歳の女性・Kさんは、ご本人も人工関節を入れる手術を希望されましたが、呼吸器に障害があり、麻酔科でリスクが高いと言われ、手術を受けることを断念されました(写真1)。
 そこで、貧乏ゆすりを勧めたところ、痛みはまもなく消失。7ヵ月後からは、再生した軟骨がレントゲンでも確認できるようになり、3年後の80歳のときには、関節のすき間も十分にできていました(写真2)。
 診察には元気に杖もつかずに歩いて来られ、本人いわく「貧乏ゆすりがクセになりました」とのこと。
 また、60歳の女性・Yさんは進行期の変形性股関節症(写真3)で、人工関節置換術の適応でしたが、ご本人がどうしても手術を避けたいとのことで、杖をつきながら生活し、貧乏ゆすりを開始しました。
 すると、年々改善が見られ、4年後には十分な軟骨が再生したのです(写真4)。

 貧乏ゆすりは、どれくらいの時間やったら軟骨は再生するのか?
 まだまだ研究段階ですが、現在までの結果から考えると、「クセになるまで」が一つの目標になっています。
 当院では、貧乏ゆすりが苦手な人のために、足を乗せるだけで自動的に貧乏ゆすりを行う器械を導入しています。

 まだ症例は多くないのですが、この器械を使い、かつ車イスや松葉杖を使用して、股関節に負担をかけなかった場合、1日2時間行うと、数ヵ月で関節のすき間の開大がレントゲン写真で確認できます。痛みだけなら、それよりも早く、消失しています。
 ただし、貧乏ゆすりで改善が見込めないと思われる患者さんもいます。それは、臼蓋形成不全の程度が高い人です。軟骨を作る土台がないのです。
 その場合は、人工関節置換術を避けようとすれば、まず、手術で臼蓋形成不全を改善させてから、貧乏ゆすりを指導しています。

 貧乏ゆすりは、以前に自骨手術をし、再び悪化してきた人にも有効です。また、臼蓋形成不全の程度が軽い人なら、関節症への進行が食い止められます。ぜひお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【高血圧改善】血圧を下げる「ふくらはぎ」の刺激で心筋梗塞・脳梗塞を予防できる

【高血圧改善】血圧を下げる「ふくらはぎ」の刺激で心筋梗塞・脳梗塞を予防できる

ふくらはぎの刺激法として、最もポピュラーなのは「もむ」ことでしょう。もちろんそれでもいいのですが、患者さんから、もむのは難しい、力がなくてもめない、などの意見をいただき、もっと簡単に刺激する方法はないかと考えました。その結果誕生したのが、「ふくらはぎパンパン法」です。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)